京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

京料理「萬重」  野菜ソムリエミニセミナー&ランチ

1月15日は、京都西陣にある京料理の老舗「萬重」で行われた、
野菜ソムリエ協会主催のミニセミナー&ランチに行って来ました。
e0252905_10401797.jpg

今月末の結果発表が待ち遠しい中、
私たち受講生は、ご招待という形でのセミナー参加でした。
e0252905_1042530.jpg

暖簾下の両脇には、角松と葉ボタンが飾られ、
玄関入口へ通じる路地には、いくつかの行燈が足元を照らし、
大きな敷き石には、すみずみまで打ち水がほどこされていました。
e0252905_10442659.jpg

仲居さんの案内で通された部屋は、二階の大広間でした。
50畳ほどの椅子席としてしつらえた部屋の一番奥には、
まばゆいばかりの金屏風が、重厚な風格で出迎えてくれました。
e0252905_1046076.jpg

「萬重」の若主人である三代目田村圭吾さんは、
私たちの大先輩にあたる、ジュニア野菜ソムリエでもありました。
e0252905_10484273.jpg

ランチの前に、若主人田村さんのセミナーがありました。
物腰がやわらかく、たいへん気さくで、
耳触りのよい話し方をされる方でした。
しかも、たいへんな博学で、さすが!と感じ入りました。
e0252905_1049393.jpg

老舗の料理人という大きな支柱のもと、
多角的に伸びる枝葉のように、
カナダ留学時の話や、
世界が注目する京料理、
10年間の食育活動や、
今危機的状況にある日本の食などなど・・・・・、
いろんな角度から、有意義な話を聞かせていただきました。
(もっと、じっくり聞きたかったな・・・・と。)
e0252905_1173646.jpg

さて、、いよいよランチコースの始まりです。
ずらりと並べられた京野菜の数々が、
どんな料理に変身するのでしょうか?
e0252905_10531141.jpg

先付  水菜と壬生菜とお揚げさんのたいたん 助子煮

トップバッターの料理。
志野焼の器の使い方に早くも感動の私!! (^^)
e0252905_1056158.jpg

造り  平目 こしび鮪 もんごう烏賊 島人参 紫人参 くるり大根
e0252905_10584893.jpg

椀   蕪 梅人参 ねじり粟麩 つる菜 松葉柚子
e0252905_1112085.jpg

焚合  白みそ仕立て 聖護院大根 やきもち 堀川牛蒡 梅麩
     九条ネギ 糸かつお
e0252905_15205676.jpg

酢の物 葉付き橙釜にて
     蟹 龍飛巻 ほうれん草 長芋
e0252905_15232748.jpg

強肴  譲葉添えて
     鯛蕪 きざみ柚子

たっぷりとした黒楽風の器が、料理をさらに引き立てています!!
e0252905_15244211.jpg

油物  揚げ海老芋 くわい 青唐 かに ほおずきトマト
e0252905_1525998.jpg

生まれて初めて食べる、ほおずきトマト。
とっても、甘かった。
e0252905_15294530.jpg

ご飯  うすい豆のせいろ蒸し
漬物  自家製にて
     千枚漬け 昆布 白菜
e0252905_15315793.jpg

水物  黒豆のブリュレ 日向夏きなこまぶし 金柑蜜煮 苺 ミント

どの料理も、食材が最大限に活かされてあり、
また、お出汁が、さらに料理を引き立てていました。

目で見て楽しみ、
舌で楽しみ、
香りで楽しみ、
器でも楽しませていただきました。
e0252905_15325598.jpg

ランチ後には、若主人田村さんにいろいろ質問したり、
また、ジュニアの受講生たちと気軽に、
写真にも収まっていただきました。
e0252905_15145854.jpg

京料理「萬重」

あらゆる面において、
「超一流」を実感した、貴重な一日となりました。
心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

また、あの暖簾をくぐりたいと思います。

[information]
     京料理 「萬重(まんしげ)」
 〒602-8438
 京都市上京区大宮通り上立売下る芝大宮町9-1
℡ 075-441-2131
HP http://www.kyoryori-manshige.co.jp
[PR]
by akebonofan | 2012-01-17 15:32 | ランチ&カフェしおり