京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「料亭 ふみや」 ~宮津市~

数年ぶりに宮津にある、「料亭 ふみや」に行って来ました!!

e0252905_19502683.jpg

国道178号線沿いの路地を少し入った所にあります。
川べりに位置し、その昔は、旅館だったようです。

e0252905_19504285.jpg

ちょっと、格式がありそうな・・・、
そんなたたずまいを感じさせる玄関です。

e0252905_1951152.jpg

玄関を入ると、昔は、こんなふうに火鉢の前で、
お迎えをされたのでしょうか・・・・?
「招き人形」が、座っていました。(^^)

e0252905_19511317.jpg

この日のランチ友達は、福知山のブティックにお勤めの大江さん。
もう、十年近いおつき合いになります。

久しぶりに来店した「ふみや」は、
座敷の上に、テーブル席・・・というふうに、変わっていました。
足が楽なので、助かりますが・・・・・・・・・・・・・。

e0252905_19512429.jpg

この日、注文したのは、『お弁当』(3725円)だったのですが、
全体像を撮り忘れてしまったようです・・・・。(^^)

e0252905_19513696.jpg
e0252905_19514770.jpg
e0252905_19515866.jpg

それぞれの量は、そんなに多くはないのですが、
品数が結構あって、楽しみながらいただきました。

e0252905_19521321.jpg

この「ふみや」は、部屋のガラス戸の取っ手に、
陶器が使われていたり・・・、

e0252905_19522546.jpg

まわり廊下から眺めるお庭には、つくばいがあったり・・・・、

e0252905_19524510.jpg

また、部屋からは、横を流れる川面が見えたり・・・・・と。

e0252905_19525667.jpg

玄関近くにあった、この衝立に書かれている文字は、
『ゆめ』。

e0252905_17353425.jpg

こちらは、床の間に掛かっていた軸には、
『一期一会』。
私が、大切にしている言葉です。

これらの「書」は、この「ふみや」ゆかりの書作家である
今井 雪城さんが書かれたものと聞きました。

この日は、お食事は言うまでもありませんが、
この『書』たちに出会えたことが、
私にとって、何よりの至福となりました。
[PR]
by akebonofan | 2013-03-27 05:08 | ランチ&カフェしおり