京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

金沢散策

ゴールデンウイークの金沢も連日の好天でした。
いつもなら、車で1~2分程で走り下りてしまう広坂(ひろさか)を、
この日は、歩いてみることにしました。

目に鮮やかな新緑の中に、藤の花の紫色が飛び込んできました!!

e0252905_173230100.jpg

まず最初に向かったのは、県立美術館で開催されていた「前田家の秘宝展」です。
館内は、カメラ撮影が禁止だったので写真はありませんが、
さすが・・「加賀百万石」と言われるだけあって、見事な秘宝ばかりでした。

広坂を下りきった所にある中央公園では、
この日限りの「アイスクリームマルシェ」が開かれていました。
金沢周辺のアイスクリームやジェラードの5店舗のお店が出店されてのマルシェです。

e0252905_17335355.jpg

待ち時間がどれくらいだろうと思えるほどの、二重・三重の蛇行行列でした。
大変興味はありましたが・・・あの行列に並ぶ勇気と根性がなく・・・・
横目で通り過ぎてしまいました。002.gif

e0252905_704818.jpg

中央公園のすぐ先にある「石川近代文学館(石川四高記念館)」です。
金沢も舞鶴同様に、レンガ造りの建物があちらこちらに見かけられます。

e0252905_1734469.jpg

こちらも、いつもなら・・・車で走り抜けていた場所ですが、
やはり、歩いて見るのはいいものです。

e0252905_713635.jpg

香林坊(こうりんぼう)の交差点から、さらに下って行くと、
長町(ながまち)武家屋敷がありました。

e0252905_17342738.jpg

こちらの「野村家」は、加賀藩の中でも直臣として従った武家で、
その禄高は、千石から千二百石と累進し、この地に千有坪の屋敷を拝領し、
家督は十一代にわたったとされる大変由緒ある家柄だそうです。

e0252905_715595.jpg

e0252905_721484.jpg

この「野村家」には、珍しく二階に茶室がありました。
「不覚庵(ぶかくあん)」と呼ばれる茶室で、二階から眺める庭もまた格別でした。

e0252905_723034.jpg
e0252905_724434.jpg

この日最後に行ったのは、
犀川(さいかわ)のほど近くにある寺町寺院群の中にある
「妙立寺(みょうりゅうじ)」でした。
人呼んで・・・「忍者寺」と言われるお寺ですが、
忍者が住んでいたからではなく、徳川幕府の公儀隠密や外敵からの目を欺く仕掛け寺です。

このお寺は、現在入院中のお義兄さんのおススメの観光スポットでもあります。

e0252905_732861.jpg

     (こちらは、裏門入り口、寺内は撮影禁止でした。)

このお寺は、加賀藩三代藩主前田利常が建立したもので、
加賀藩の秘策と呼ばれるほどに複雑な建築構造を持つ寺となっており、
四階七層23の部屋数があり、階段にいたっては29もあるものです。

「金沢城までつながっているといわれる伝説の井戸」に始まり、
「仕掛け賽銭箱」「明り取り階段」「落とし穴階段」
「本堂裏隠し階段」「物見台・望楼」等など・・・。

自由に拝観するだけでは、到底わからないまま通り過ぎてしまうことから、
拝観は予約制になっており、30分刻みで、1グループ17名ほどが、
お寺のスタッフガイドの説明を受けての拝観となります。

ガイドが始まるまでは、やや興ざめ感がありましたが・・・・、
終わってみれば、ガイド説明の必要性をしっかりと感じた私でした。

それにしても、昔の人の知恵というか・・・・、
戦乱の世を生き抜く知恵や、主人・藩を守る知恵と工夫に感服した忍者寺でした。
[PR]
by akebonofan | 2015-05-12 09:16 | ぶらり散歩