京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

カテゴリ:うちカフェ・うちごはん( 15 )

ふきのとう天ぷら

元旦早々のまれにみる大雪にはびっくりさせられたけれど、
それ以降は、降りそうで降らない・・・・積もりそうで積もらないままに、
1月もあと1日を残すのみとなりました。

e0252905_949241.jpg


昨日もうっすらと・・・・わずか1~2cmの積雪にとどまり、
自宅横の梅林の枝に積もった雪で、梅の蕾がいかにも寒そうでした。

気温があまり上がらない日が多く、
ふきのとうもなかなか大きくなってくれません。

e0252905_946635.jpg


「ふきのとう味噌」にするには、あまりにも量が少なすぎるので、
思い切って夕食用の「天ぷら」にしようと・・・・。

e0252905_9465470.jpg


「四季の詩」のお店メニューの一品として揚げることはあっても・・・、
自宅夕食用としては、なかなか揚げることがありません。
最近は、私が住んでいる田舎地域でも、
「ふきのとう」は、貴重な山菜になってきています。

e0252905_9462945.jpg


お店を始めて3年・・・天ぷらも上手に揚げられるようになってきたように思います。
お客様から天ぷらの揚げ具合の良さを褒めていただいた時などは、
とっても嬉しい気分になるものです。016.gif016.gif

衣がサクッカリッと揚がった「ふきのとう天ぷら」を、天然塩でいただきました。
「ふきのとう」のほろ苦さが口の中いっぱいに広がり、
春の予感を感じつつ・・・ビールがすすんだ夕食でした。003.gif068.gif
[PR]
by akebonofan | 2015-01-30 10:36 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(0)
昨日昼過ぎ、今年も我が家に「カニ」が届きました!!
さあっー。 今年も数日間の「カニざんまい」の始まりで~す!!

e0252905_15312554.jpg

家人の亡き両親の出身が、兵庫県香住ということで・・・・、
結婚以来27年、毎年年末の恒例行事になっています。

e0252905_15321266.jpg

まず、初物をいただいたのは、
父と母と私です。

昨夜の夕食のメニューは、
一人一杯の「カニ」と、
二日目の「キムチ鍋」と、
母お手製の「煮しめ」。

一日早い「カニ」の到着に、
なんか・・・・とっても、アンバランスなメニューとなってしまいました。003.gif

e0252905_1533105.jpg

さあて・・・、『いただきま~す!!』

e0252905_15332031.jpg

足は、一杯分。
カニみそは、二杯分いただきました!!041.gif

『余は、大満足じゃあ!!』
たいへん幸せな夕食でした!!016.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-12-13 16:36 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(0)
先日の「2.22結婚記念日」は、
ささやかに「ロゼワイン」で乾杯しました!!

e0252905_17636100.jpg

あり合わせのもので、「カナッペ」を作りました。

e0252905_1772138.jpg

市販のクラッカーの上に、
クリームチーズと水菜とミニトマトに、
ごまドレッシングを少したらしました。

e0252905_1774123.jpg

こちらは、クリームチーズと先日作ったばかりの、
紅ほっぺいちごジャムをのせました。

e0252905_1775461.jpg

こちらは、定番の組み合わせ!!
水菜とクリームチーズと万願寺とうがらし醤油漬。

e0252905_178931.jpg

どのカナッペも、とても美味でした。
クリームチーズとのコラボは抜群、
何を合わせても良し、
ホントに優れモノです!!

もちろん「ワイン」だけでなく、他のアルコールにも、
コーヒーにもよく合います。
不意の来客の時などに、いいかも知れません。

ちなみに、「2.22ワイン乾杯」時に、
家人いはく・・・・・・、
『そうかぁー。26年かぁー。今日は、僕の「敗戦記念日」で、
 おまえの「勝利記念日」なんやな。』・・・と。

アハハ、あははの、大笑いの乾杯でした!!
『うまいこと、たとえるよねぇー。感心するわ。』(^^)
[PR]
by akebonofan | 2013-02-24 05:07 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(2)
昨日、夕方に帰宅すると、
宅急便が届いていました!!

見ると・・・、亀岡の手作り市出店仲間の友人からでした。
『栗納豆 金の実』です。

e0252905_14321031.jpg

このお菓子・・・・・、
自然の栗の味がそのままに、仕上げてあります。
「まさに、逸品です!!」

数年前に、一度いただいたことがあり、
とても、印象に残っていたお菓子でした!!

e0252905_14322984.jpg

「元祖 栗納豆本家 くりや」は、
南丹市園部町宮町にある、
安政2年(1855年)に創業した老舗の和菓子屋さん。
「京都府のれん百年表彰」を受けられた名店です。

丹波栗の産地ならではの、栗を丸ごと1つ使った甘納豆。
渋皮を取った栗を、蜜漬けにしたもので、
表面は少しかたそうに見えますが、
中は、適度にやわらかくしっとり・・・。(^^)

e0252905_14324499.jpg

この「金の実」は、
お抹茶=お薄とともに、
お干菓子としていただくのが最適ではないかと・・・・。

「まどころ」さん、ありがとうございました!!
1粒ずつ、秋を味わいながら、美味しくいただいております。
[PR]
by akebonofan | 2012-09-12 15:28 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(0)
8月22日から、3日間、
京都伏見に住む友人が、我が家に来ていました。
もう、かれこれ40年近くにもなる、
長~いおつき合いの「茶の湯の友」です。

彼女が、おみやげにと持ってきてくれたのが、
「仙太郎の水菓子」2種でした。

e0252905_1531316.jpg

まず、「竹の水」という銘がついた、水羊羹。
竹筒が入っている箱も、夏らしく涼しげな装いです。

e0252905_1535432.jpg

青竹の中に、水羊羹が流し込まれて、
青笹で封がしてあります。

e0252905_1541071.jpg

竹筒の底に穴を開けて、竹筒を軽くたたくと・・・、
こんなふうに、水羊羹が出てきます。

こしあんで、甘さひかえめのとても上品な味。
清涼感のある夏の代表的な水菓子です。

e0252905_1542367.jpg

こちらは、「河内熟子(かわちじゅくし)」という銘がついたもの。
最近、できたのでしょうか・・・? 
私にとっては、初物です。

これも、竹カゴが涼しい演出となっていました。
竹カゴが、やわらかい紙風呂敷に包んでありました。

e0252905_1543916.jpg

とても、大きなオレンジ系の「河内晩柑」を、
糸寒天、吉野葛と砂糖などで、作り上げられたものだとか・・・。

e0252905_1545072.jpg

中がきれいにくりぬかれて、流し込み固めてありました。
このままいただいてもいいのですが、
半分か、四半分に切り分けていただきました。

夏のエネルギーがいっぱい詰まった、夏の固形飲料です!!
まるで、ジュースを食べているような食感でした。 (^^)

今年のような猛暑の夏には、
たいへん、オシャレで気のきいたおみやげでした。
[PR]
by akebonofan | 2012-08-25 16:02 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(0)

「8.15の夕食」 

8月15日、「終戦記念の日」。

夕方、妹家族が帰省してきました。
最近は、それぞれの子供たちも成人したので、
全員集合の機会が、めっきり減りました・・・・。
今回も、妹の長男一家は仕事で帰省できず・・・。

e0252905_1452287.jpg

それでも、年に数回は、
こうして、一つのテーブルに集います。

午後6時40分。
まだ、外は明るく・・・、
こんな時間に夕食を食べることは、まず、ありません。
テーブルの上の料理は、準備万端ととのっているのに・・・、
なかなか全員の顔がそろわず・・・、
料理を見つめながら・・・待っているところです。(^^)

いつもは、身内でも気合いを入れて作るのですが・・・・、
今回は、あまりの暑さに、手抜き料理になってしまいました。(^^)

e0252905_1431363.jpg

これは、我が家に客人があった時、
孫が帰って来た時、
身内がそろった時などに・・・、
母が行きつけの魚屋さんで、必ず頼む「特注 お造り」です。
昔から、「分厚く切って!!」の注文をつけてます。(^^)

e0252905_14522222.jpg

知人からのいただきものの「さざえ」です。
最近は、ゆがくことが多くなりました。
これも、手抜きかもしれませんねー。(^^)

e0252905_14313157.jpg

この夏の新メニュー「夏野菜の煮びたし」です。
夏野菜は、ナス、万願寺とうがらし、オクラ、みょうが、パプリカ。
大根おろしとカボス汁をのせていただきます。
大好評の一品です!!

e0252905_14314568.jpg

定番の「鶏肉のから揚げ」です。

e0252905_1432578.jpg

「きゅうりとタコの酢の物」
青じそを最後にあえます。
きゅうりは、父の畑で採れたものです。

e0252905_1432215.jpg

「揚げナスの田楽」
このナスも、父の畑で採れたものです。
「あけぼの」の減塩みそで作った合わせみそを、
上にのせていただきます。
これも、大好評の一品です!!

e0252905_1432359.jpg

「万願寺とうがらし炒め」です。
「揚げナスの田楽」とともに、夏の定番メニューです。
万願寺とうがらしを塩ふき昆布と炒めるだけの簡単メニュー。
毎日、食卓に出しても、飽きのこない料理です。

e0252905_14324945.jpg

これは、この夏の新メニュー「豚肉の青じそ炒め」です。
最後に散らした青じそがすっかり炒まり、やや黒くなってしまいました。
粗塩で下味し、小麦粉をまぶし、炒めます。
しょうゆとみりんで味付けして、青じそを散らします。
青じそのアクセントがきいた、おススメの一品です。

e0252905_1433955.jpg

「オニオン&トマト」
中央に置くはずの青物がなく・・・、
ミニトマトを置いたら・・・、色がかぶってしまい、
見栄えの悪いこと・・・、
とほほ・・・・・、反省の一品です。

e0252905_14333087.jpg

「枝豆」

e0252905_14335295.jpg

「ゆでオクラ」
上にのせるはずの・・・かつお節が・・・、
品切れでした・・・。最悪です!!

e0252905_14343241.jpg

「にぎり寿司」
食べやすさを理由に・・・、最近、買うようになりました。

e0252905_1449352.jpg

あと・・・・、私的には通常ならば、
この他に、海老を使った料理やサラダ類が加わるのですが・・・・、
今回は、まさに・・・手を抜いてしまいましたぁー。(^^)

e0252905_10555994.jpg

そう言えば・・・、父の「手打ちそば」もありません・・・。
e0252905_10565450.jpg

この2枚は、今年の5月末に、
妹の長男一家が、初孫(私の両親からみて)を、
連れて来た時の夕食です。

まあ・・・今回は身内ということで、お許しをいただきました。
この夜は、10名の小規模宴会でしたが、
テーブルの上の料理は、ほとんど残らずに完食!!
よく食べ、よく飲んだ夕食でした。(^^)
[PR]
by akebonofan | 2012-08-16 20:20 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(2)
京都に住んでいる息子が、
1ヶ月半ぶりに帰省しました。

京都みやげに買ってきてくれたのが・・・、
祇園富永町にある「甘泉堂」の水羊羹でした。

e0252905_1625523.jpg

数十年前にいただいたことがありますが、
この水羊羹は、一度食べたら忘れられない味です。

e0252905_16252395.jpg

小豆と砂糖と寒天のみで作られている、
こしあんの水羊羹です。

たいへん上品な甘さに加え、
黒もじで刺しても落ちないくらいの、かたさ加減が絶妙です。

お抹茶(お薄)とともにいただきました。
[PR]
by akebonofan | 2012-07-14 05:06 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(2)
今日から、7月「文月(ふみつき)」です。

昨日は、1年の半分を折り返したという意味で、
昔から、6月30日に食べたと言われている・・・、
「水無月(みなつき)」をいただきました。

e0252905_0271963.jpg

若い頃は、毎年、6月の茶の湯の稽古時に、
主菓子として、いただいた記憶が残っています。

最近の「水無月」は、白だけでなく、
抹茶もあるようですが・・・・・・、
やはり、私は、何と言っても・・・、
「白ういろう」です!!

e0252905_0274836.jpg

せっかくなので、「薄茶(うすちゃ)」を点てていただきました。

茶碗も、季節に合わせて・・・、
「高麗青磁」の夏茶碗にしてみました。

青磁は、いつ見ても、涼しげな感じがします。

e0252905_0281214.jpg

久しぶりに、茶筅を持ったので・・・・・、
うまく点てられませんでした・・・・。(^^)
(やや、きめの荒さが見てとれますぅ・・・)

やはり、日ごろの鍛練が必要だということでしょう・・・ね。

しかし、お薄もお菓子もたいへん美味しゅうございました。
さあ、今年も、いよいよ後半戦に突入いたします!!
[PR]
by akebonofan | 2012-07-01 05:06 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(4)
先日、ランチに行った時に、「ひより」(大津市今堅田)で買ってきました。
e0252905_1338947.jpg

「ひより」は、
京都府・滋賀県のパスタ&ケーキ
『凛スタイル(8店舗)』の傘下にあり、
この「チーズケーキ」は、
京都市山科区椥辻にある、
「ゆる音家 ケーキワークス ゆるる」の品。

e0252905_13382386.jpg

甘さをぐっとおさえた、シンプルなチーズケーキです。
種類は、プレーンと抹茶の2種類がありました。

私は、プレーンを買いました。(1400円)
このままいただいても、美味なのですが・・・・、

e0252905_13585992.jpg

私、ジャムおばさんの「ブルーベリーじゃむそーす」をかけていただくと・・・、
極上の召し上がり方になります!!

e0252905_173398.jpg

また、今が旬の「まるごと苺じゃむそーす」で、
いただくのも最高です!!


[information]

「ゆる音家 CAKE WORKS ゆるる」
〒607-8163
京都市山科区椥辻東潰1 山本グランドハイツ102
℡ 075-585-7913

☆もちろん、大津市今堅田2丁目にある、
 「ひより」でも買えます。
[PR]
by akebonofan | 2012-04-26 05:06 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(0)

「チョコレート」

またもや、真冬に逆戻りしたような寒い日になりました。
朝起きて外を見ると、雪が、3cmほど積もっています。

こんな日の「うちカフェ」は・・・・、
ホットコーヒーとチョコレートでしょうか?
e0252905_15501184.jpg

ホットコーヒーは、市販で買った中挽のコーヒー豆を、
ドリップで入れた、いつものブラック!!
チョコレートは、福知山にある「KATASHIMA(カタシマ)」製のもの。

「ナッツトリュフ」「ホワイトトリュフ」「スイートトリュフ」の、
組み合わせで、「ル・トリアングル」という品名です。
一粒300円は、庶民にはなかなかのお値段だと言えますよね。
しっかり、味わっていただこうと思います。

熱いコーヒーを飲み、
チョコレートを口に入れると、スゥーと溶けていきました。
「う~ん。さすが!!」

ちなみに、このチョコレートは、
先月のバレンタインデーに、家人へあげたものでした。(^^)
[PR]
by akebonofan | 2012-03-12 15:40 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(0)