京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

カテゴリ:ジャム工房( 30 )

素敵にお化粧されて!

今年の3月~5月に、NPO京都女性起業家協議会 京都ものがたり事業部から、
ふきのとう味噌やジャムの注文をいただき納品しました。

e0252905_1711388.jpg

そのジャムたちが、素敵な商品に仕上がりました。

e0252905_177147.jpg

キャップの表面と瓶の一番下にさりげなくシールが貼ってあります。
とっても、シンプルな仕上がりです\(^-^)/
以前、食品加工セミナーを受講した時に、広告デザインの専門家の方が、
「瓶の中身をしっかり見せること』の必要性を言われていたのを思い出しました。

e0252905_17720100.jpg

また、海外で販売されることを想定されたこの商品たちは、
日本語表記・・とりわけ、ひらがな表記が有効だとお聞きしました。

e0252905_177342.jpg

さてさて・・・・どんなお客様の目に留まり、
どんなお客様にお買い上げいただくのでしょうか??

販売報告を聞かせていただくのを楽しみにしていま~す!!040.gif040.gif
[PR]
by akebonofan | 2015-06-22 05:31 | ジャム工房

柿ジャム作り

今秋初めての「柿ジャム」作りをしました。
まず、第一弾は・・・・、舞鶴産の富有柿を使いました。

e0252905_17141943.jpg

少し小ぶりですが、生で食べてもとっても美味しい柿です。

柿の下準備で一番やっかいなのが・・・・・種取り作業です。
一つ一つ手作業で、種を取っていきます。

e0252905_171442100.jpg

柿ジャムはペーストでも、賽の目切りでもよいのですが、
ペースト状にすると、少し柿の風味が失われるように感じるので、
試行錯誤の末、私は賽の目切りのジャムにしています。

e0252905_1715118.jpg


柿と砂糖で煮詰めあげて、仕上げは「柚子汁」を使います。
他のジャムの場合は、最後の仕上げにレモン汁ですが、
柿ジャムには、相性の良い「柚子汁」を絞って仕上げています。

柚子汁を加えたことで、とろみがしっかりとついて、
やさしい感じの「柿ジャムソース」に仕上がりました!!

e0252905_1530583.jpg

[PR]
by akebonofan | 2014-11-22 15:58 | ジャム工房

ジャムの詰め合わせ

ジャムの詰め合わせギフトの注文をいただきました。
亀岡の近しい友人からの依頼です。
『ジャムの内容は、おまかせ!!』 と言っていただいたので、
「ブルーベリー」 「無花果(いちじく)」 「すもも」 のジャムにしました。

e0252905_17443327.jpg

3つのジャムのいろどりもちょうどよく、素敵な組み合わせになりました!!
3本セットと2本セットの2種類です。

一般的なジャムから比べると、ずいぶんゆるめのジャムなので、
「じゃむそーす」というネーミングを理解していただくために、
簡単なしおりを作って、箱の中に入れさせていただきました。

e0252905_4472760.jpg

e0252905_4474397.jpg

淡いピンク色の包装紙で包み、上のしをつけさせていただきました。
明日、納品させていただきます!!
[PR]
by akebonofan | 2014-09-27 14:21 | ジャム工房

いちじくジャム

9月に入り、野菜直売所でも、
「いちじく」が目立つようになってきました。

e0252905_4313947.jpg

昨日は、2ヶ所の直売所をハシゴして、
約5kgの「いちじく」を仕入れてきました。

大きさも色もほどよい感じです。
皮をむいて下準備をする時に、つまみ食いをしましたが・・・・、
味もちょうど良い甘さでした。

数年前までは、大鍋で一度に10~12kg程のジャム作りを、
一日がかりでやっていましたが・・・・・・・・、
最近は、最大でも一度に作るのは、5kgまでにしています。
その方が、下準備~ジャム煮詰め~ビン詰め~煮沸・殺菌・脱気までが、
半日くらいで仕上がるので、時間効率がいいと感じています。

私のジャムのこだわりは、「甘さひかえめでゆるめのジャムソース」です。
ヨーグルト・アイスクリーム・ケーキなどに合わせるジャム作りを基本としています。
もちろん、パンやトーストに合わせていただくものOKです。

e0252905_1657423.jpg

いちじくは、皮をむいてサイコロ状のざく切りにしているので、
とろり感たっぷりですが、いちじくの食感も感じていただける仕上がりになっています。

e0252905_16571956.jpg

今日は、大小ジャムビン52本が出来上がりました。
ジャムの色も、やさしくきれいな色に仕上がりました!!
何もつけずに、このまま食べていただいても・・・・美味です。

この後・・・・秋の果実ジャム作りは、
「ブドウ」 「柿」 ・・・・「キウイ」と続きます。


先日、神戸へ行った時に、大丸神戸店の地下の食料品売り場で、
ジャムを買ってきました。

e0252905_43156100.jpg

老舗デパートで売られているジャムとなると、
お値段も高くて、なかなか手が出せませんが・・・・・・、
私の目を引いた・・・・・・気になるジャムを4種類買いました。

手前右から、「桃とすだち」 「プリティウーマン」 「桃」
後ろのスリムなビンは、「ブルーベリー」です。

e0252905_4315932.jpg

上右側 「桃とすだち」 110g 1008円
桃とすだちの爽やかな組み合わせのジャムです。
今後の商品開発の参考にしようかな・・・・と思います。

左側 「プリティウーマン」 110g 1100円
「プリティウーマン」というネーミングにひかれて・・・購入。

りんご、オレンジ、レモン、赤スグリ、カシス、ブラックベリー、クランベリー
ワイルドストロベリー、クランマニエなどが入っています。
なんとも、オシャレなジャムです。

この2つのジャムは、
神戸市の「Aquaralle(アクアレール)」さんのジャムです。

e0252905_4325431.jpg

こちらは、山形県東置陽郡高島町の
「SAISON FACTORY(セゾン ファクトリー)」さんのジャムです。

「桃」   65g 486円  
桃ジャムは、今後の商品開発の参考にしようと。

「ブルーベリージャム」  200g 648円

ブルーベリージャムは、もう何年も作っていますが、
やはり・・・・品種? 味? 仕上がり状態?などなど・・・気になります。

より良いジャム作りをめざして、
大いに参考にさせていただこうと思っています。
[PR]
by akebonofan | 2014-09-10 21:36 | ジャム工房

すももジャム

今年も「李(すもも)」の季節がやってきました!!

4年前に、綾部の上柿さんとお知り合いになってから、
「北斗農園」さんの「李(すもも)」でジャムを作っています。

「李(すもも)」の種類もたくさんありますが・・・・・、
何種類か試作した結果、現在、私が分けていただいているのは、
一番仕上がりの色がきれいな「大石早生(おおいしわせ)」です。

e0252905_937725.jpg

先日、上柿さんから「大石早生 出荷始まる。」のお電話をいただいたので、
早速、分けていただきに行ってきました。
まず、第1弾は・・・13kg。

e0252905_93851.jpg

多くの「すももジャム」の場合は、煮込んだすももの皮も、
そのままビン詰めされることが多いようですが、
私のジャムの場合は、ずいぶん手間はかかるのですが・・・、
火を止める直前まで、ていねいにていねいに皮を取り除く作業を繰り返します。

e0252905_9374555.jpg

「すももジャムソース」が出来上がりました!!
透明感のある淡くきれいな瑠璃色です。

e0252905_938381.jpg

「パン・トースト」 「ヨーグルト」 「バニラアイス」 「シフォンケーキ」などはもちろんですが、
紅茶に入れて「ロシアンティー」に!
お水や炭酸と割って「すももジュース・すももサワー」に!
焼いたお肉に少し添えていただくと・・・・これまた、絶品です!!

今年も、夏限定の素敵な商品が完成しました!!
[PR]
by akebonofan | 2014-07-07 07:28 | ジャム工房
『美味しいものを少しずつ、いろんなものを食べたい!!』
そのような流れが、昨今は主流になりつつあるのでしょうか・・・・?

私のジャム作りにも、その流れは来ているようです。
e0252905_17581862.jpg

こちらは、一昨日出来上がったばかりの「章姫いちごジャム」。
100g入りのミニジャムです。

昨年のイベントでは、ご飯ものに続いて売れ行き好調の商品です。
150g入りのジャムよりも買っていただきやすいようです。
1個380円ですが・・・・・、
3個セットだと、1000円というお買い得さが魅力的なようです。

そして、昨年末からは、さらに小さいビンへの注目が集まっています。
プチビン=30g入り。
ティースプーンで山盛りでも、わずか7~8杯くらいですが・・・・・、
この小ささが魅力のようです!!016.gif
e0252905_1759566.jpg

こちらのプチビンサイズは、NPO京都女性起業家協議会「京都ものがたり」から
注文をいただいている商品です。

1個 200円で販売されているようですが、
セット買いをされるお客様も多いと聞いています。

『小さいから、ビン詰めでも重くない。』
『まずは、お試しに買ってみようかな?』
『軽いし、ちょっとしたおみやげにちょうどいい。』などの声が多いとか・・・。

ちなみに、このプチビンサイズの商品は、
「京都ものがたり」さんが出店されるイベントでの販売です。
また、京都御苑東側 梨神社前にある青山ビル地下1階にある
アンテナカフェ「談笑庵」でも販売していただいてます。

種類は、
ジャム系 「いちご」・「ぶどう」・「甘夏柑」・「キウイ」・「柿」・「にんじん」・「万願寺」。
あと・・・・・「万願寺とうがらし醤油漬」・「ふきのとう味噌」。

なお、季節によって、中身は変わりますので、悪しからず・・・・・。
[PR]
by akebonofan | 2014-05-28 11:58 | ジャム工房

夏みかんマーマレード

昨日、「夏みかんマーマレード」作りをしました。

先日、近所の方からいただきました。
『こんなんが、いっぱいなっているんやけど・・・、
良子ちゃん、なんか加工に使うか??
使うんやったら、もらってあげるで。』・・・・・と。

   ~柑橘系は、「甘夏」「ぶんたん」「晩白柚」「はっさく」「日向夏」
     「伊予かん」「ネーブル」「温州みかん」「三宝かん」「デコポン」
     「ぽんかん」「清見オレンジ」等々・・・、とても種類が多くて、
     近年、「夏みかん」などは、ほとんど見向きもされずに、
     たわわに実っても、食べてもらえることもなく、
     木から落ちて・・・朽ちて・・・土にかえるものがほとんどだとか・・・・~

思い起こせば・・・・私のジャム作りの原点は、
「夏みかんマーマレード」作りから始まりました。
もったいない精神から生まれたジャム加工でした。006.gif

もう、かれこれ10年前くらいになるでしょうか・・・?
母の突然の病気&緊急入院を機に、
「あけぼのフェニックスの灯を消してはならない!」という思いから、
一番最初に手掛けたのが・・・・「夏みかんマーマレード」でした。
その時も、たまたま親戚からいただいた「夏みかん」が、
コンテナに積んであったのを見たのがキッカケでした。

e0252905_13414960.jpg


柑橘系は、皮も実も使います。
実は、一袋ずつ丁寧にむいて、種を取り出します。
皮をも加工する「マーマレード」作りは、
薄く切った皮の下処理が、美味しさの分かれ目になります。
いろんな方法がありますが、
私は、煮こぼしをして、苦味とアクを取り去っています。

e0252905_13421065.jpg

コトコトと・・・鍋の中で、しっかりと煮詰める間中、
こまめにこまめに、ホントにこまめにアク取りをします。
我ながら・・・きれいなオレンジ色に仕上がりました!!
ビン詰め作業が終わりました。

甘さひかえめで、
ヨーグルトにとってもよく合う「夏みかんマーマレード」です。

e0252905_13423247.jpg

商品ラベルを貼り終えたら、
「夏みかんマーマレード」の完成で~す!!
[PR]
by akebonofan | 2014-03-25 15:21 | ジャム工房

「かぼちゃを使って」

父が作った「えびすカボチャ」です。
昨年は、たいへん作柄が良く、
実家の軒下のコンテナには、まだたくさんの「カボチャ」があります。

e0252905_6124145.jpg

e0252905_6125716.jpg

丸ごと1個のカボチャというのは、消費者にとってはなかなか購入しにくいようです。
また、これくらい日焼けしてしまうと、そのまま売るのは、少々無理というもの・・。008.gif

そこで、考えたのが・・・・・「半調理済み」の加工カボチャです。

e0252905_613829.jpg

カボチャの皮をむき、種を取り出し、2~3cm四方に加工します。
これなら、買った人は、さっと洗ってそのまま調理できます。
煮あがりが早く、甘くてホクホクのカボチャは、
煮ものやパンプキンスープに最適です!!

1袋300g(9~10切れほど)入りで、ラベルシールを貼って、
直売所で販売しています。
野菜も皮をむき、切る作業をすると、
加工野菜ということになって、品質ラベルを貼らなくてはなりません。

お手ごろ感や使いやすさもあってか・・・・、
なかなか好評で、よく売れています。

e0252905_6132439.jpg

この「えびすカボチャ」を使って、
昨年の秋から、「かぼちゃジャム」を作っています。

ジャム作りの本などには、シナモンが入ったものが多いのですが・・・・、
私はやはりシンプルなジャム作りをしているので砂糖のみの使用です。

e0252905_613102.jpg

しかし、「かぼちゃジャム」をはじめ、
「にんじんジャム」「万願寺甘とうジャム」の野菜ジャムには、
砂糖を控えめにして、水飴を入れているのが特徴です。

e0252905_6132714.jpg

昨年から人気になっているミニジャムビンの場合は、袋詰めをしないので、
安全性を保持するために、透明なキャップシールを使っています。

取り付け方はいたって簡単で、
ヘアドライヤーの熱風で、シールを変形させます。

e0252905_6135138.jpg

e0252905_61499.jpg

「かぼちゃジャム」。
かぼちゃの素材がしっかりと感じられるジャムに仕上がりました!!
トーストやカナッペだけでなく、
もう、そのまま食べていただくのもいいかも知れません。

100g入りと150g入りの2種類があります。
我がジャム工房の人気ジャムの仲間入りをしました!!
よろしくお願いいたします。040.gif040.gif
[PR]
by akebonofan | 2014-02-08 09:37 | ジャム工房
ここ数年来、いろいろな面でお世話になっている
京都女性起業家協議会(京都ものがたり)から、
ジャム加工の注文を受けました。

e0252905_1451967.jpg

右から、「柿」 「梅」 「ぶどう」 「キウイ」の4種類です。
内容量は、わずか30g入りのジャムです。
たぶん・・・・ティースプーンで10杯もいかないくらいです。

まさに、ミニミニジャムです。
それぞれ、30本ずつ、120本を作り、先日、納品をしました。

e0252905_145466.jpg

私が、10年ほど前にジャム加工に着手した時は、
ジャムビンの容量は、250g と 500gでした。
250g入りが通常で、500g入りはお徳用でした。

しかし、4年程前からは、
150gが主流になり、250gはやや少なめに加工するようになってきました。
(ブドウじゃむそーす=後ろ左側 のビンが、150g入りです。)

そして、昨年からは、100g入りのミニジャムが人気ナンバーワンとなりました。
いろんな味を少しずつ食べてみたいという消費者の声を、
反映する形となった容量です。
(梅ジャム=後ろ右側 のビンが、100g入りです。)
先日の大丸京都店でも、100g3個セットは大好評でした!!016.gif

今回の30g入りの注文を受け思ったことは・・・・、
消費者のニーズは、日々変化し、多様化しているんだということです。

「手土産としても、かさばらないもの。重くないもの。」
「まずは、食べてみて、気に入ったらお取り寄せをする。」
「少しずつ、いろんな種類のものを自分で選べる。」等々・・・・。

京都女性起業家協議会の所には、
関西国際空港の土産店からも引き合いが来ているとか・・・・・・。

どこで、どんな形で販売していくのかで、ずいぶん違うと思いますが、
常に、いろんなところにアンテナを張り巡らせて、
情報収集をしつつ、日々対応していかなければならないということでしょう。
[PR]
by akebonofan | 2014-01-30 15:08 | ジャム工房
12月23日から1週間続いた、ジャム奮戦記がようやく峠を越しました!!
我ながら・・・・・驚異的な集中力と根気だと・・・・自画自賛かな?003.gif041.gif

後半戦のジャム奮戦記は・・・・・、
e0252905_994665.jpg

e0252905_994747.jpg

12月28日、リンゴを入れて熟成してあった「キウイ」の皮をむき、賽の目切りにします。

e0252905_9102598.jpg

12月29日、午前中に「キウイジャム」が出来上がりました!!
なぜか「キウイ」は、トロピカルな=夏というイメージが強い果物ですが、
旬は、冬の果物です。
ビン詰めすると、緑色の中に種の黒がとっても鮮やかなジャムになります。

e0252905_9102764.jpg

12月29日、午後は、「にんじんジャム」づくりでした。
素朴なにんじんのオレンジ色が、
やさしさと華やかさをかもしだしてくれるジャムになります!!

e0252905_9105697.jpg

さて、今回のジャム奮戦記の大トリは・・・・・、
やはり、「ブルーベリージャム」です!!

昨日、29日午後のクール便で、
南山城村植田農園から8kgのブルーベリーが届きました。

e0252905_911352.jpg

品種は「ハイブッシュ」。
皮が薄く、ジャム作りには最適のブルーベリーです。016.gif

e0252905_9114423.jpg

e0252905_912823.jpg

砂糖を投入したら・・・・・、
ひたすらひたすら・・・・・アク取り作業です。

e0252905_9133711.jpg

e0252905_914359.jpg

さあ~て、出来上がりました。
完成で~す!!060.gif070.gif060.gif

「柚子」 「柿」 「いちご」 「梅」 
「キウイ」 「万願寺甘とう」 「にんじん」 「ブルーベリー」の8種類のジャムです。
予定数量より若干少なくなりましたが、それでも、合計700本近く出来ました。

まずは・・・・・一息つきたいところですが・・・・、
このあと、仕上げ作業のラベル貼りが残っています。008.gif
1月3日発送の商品なので、
やはり、予定通り年末年始はないかな・・・・・。033.gif

『やるしかない!!』っていうところですね。004.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-12-30 10:32 | ジャム工房