京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

<   2011年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

遅ればせながら、ようやく大掃除が終了しました。
・・・・と言いたいところですが、
正確には、気になる箇所の掃除を、
なんとか一応終わらせたと言うべきでしょうね。(^^)

e0252905_1643112.jpg

この「葉ボタン」 ひょうたんからコマです!!
先日、野菜直売所で見つけたものですが・・・・・・、
バケツの中に、忘れられたように1本だけ残っていたものなのですが・・・・・。
e0252905_1645726.jpg

何とも言えないこの色合いが、この場所によく似合っています!!
しばらくの間、私の目を楽しませてくれそうです。(^^)
[PR]
by akebonofan | 2011-12-31 17:07 | トイレの花たち | Trackback | Comments(2)
「あまおう」 福岡県産のいちご。
近年、人気急上昇のクイーン的存在!!
(これは、やや小粒かも知れませんが・・・・・)

e0252905_1726529.jpg

しかし、命名の由来を最近知って、思わず笑ってしまった私・・・(^^)
「あ」 あまい!
「ま」 まるい!
「お」 おおきい!
「う」 うまい!  ・・・・・・・・らしい。

先日、あまおうを「うちカフェ」用に、コンポートにしました。

すでに、昨年から、舞鶴産の「章姫(あきひめ)いちごのコンポート」は、
商品化していて、結構人気ですが、あまおうで作るのは初めて。
あまおうも大粒で、成形がしっかりしているから、
きっとコンポートにも適しているのではないかな ・・・・。

いちごとグラニュー糖だけで、ひたすらに煮つめていきます。
形を壊さないように仕上げていくのが、一番大事かな。
e0252905_17294089.jpg

想像通り!! ルビー色の赤! 
「あまおうコンポート」の出来上がりです!!
e0252905_111842100.jpg

本日の「うちカフェ」は、
コンビニで買ったロールケーキと合わせてみました!!
(市販のものをうまく活用するのも、アリだと私は思う。)
e0252905_1122968.jpg

さて、午前中の仕事が一段落したので、
さっそく、「いただきま~す!!」  (^^)
[PR]
by akebonofan | 2011-12-30 11:30 | うちカフェ・うちごはん | Trackback | Comments(2)
12月27日は、「ジュニア野菜ソムリエ」の終了試験でした!!
2時間500問の試験に、悪戦苦闘しながら・・・・・・(^^;)
なんとか・・・・なんとか、終了しました!!

♪♪ ~あとは野となれ~山となれぇ~ ♪♪ 

・・・・・・というわけで、
その日は、試験終了後の21時過ぎから、
京都23期生のお疲れさん会&忘年会でした。(^^)
e0252905_0523261.jpg

「野菜ソムリエ」のキーワードのもとに縁あって集った8名の仲間です!!
HP製作やWebデザインの会社代表のSUGITAさん。
北海道出身の大学3回生のyurikaさん。
長野出身の大学4回生のSAKAIくん。
木屋町の料理人NISHIYAMAくん。
中3の受験生を持つママとは思えないreinaさん。
私 ryoko。
京都中央卸売市場のKOSAKAさん。
京都23期生 元締めのKOBAYASHIさん。

場所にもこだわって、木屋町御池にある
「野菜ソムリエの創作料理 旬菜ダイニング 十祇家(とぎや)」さん。
(元締めのKOBAYASHIさんが、チョイスしてくれました)
e0252905_15582588.jpg

e0252905_14362656.jpg

この方が、オーナーの松崎さん。
もちろん、「野菜ソムリエ」です。
私たちが、ジュニア野菜ソムリエ試験の直後だと知ってられて、
いろいろお話をしてくださいました。
さすがぁー! 野菜ソムリエらしく、立ち姿も笑顔も素敵な方でした。
e0252905_1565484.jpg

十祇家のサラダ
(うわぁ~、ごめんなさい、もう誰か取り分けてるよ・・・・^^;)
鮮魚のお刺身
(あっ、これもだ!方角からすると、NISHIYAMAくんかな・・・)
e0252905_14431741.jpg

カワハギの湯引き
ポン酢味で、より、さっぱりとした仕上りがgood!!
e0252905_1439627.jpg

京地野菜とグルテンの甘辛炒め
e0252905_1610480.jpg

京地野菜のチャプチェ
e0252905_15105467.jpg

海鮮のオコゲ
さくさくオコゲに上品な海鮮の味がしみこんでいました。
e0252905_15123833.jpg

デザート 
レンゲの中にあるのは、トマトのコンポート。

あと、撮り忘れも何品か・・・・・ありました。(^^)

過酷な2ヶ月間の受講エピソードや、
それぞれの、今後の「夢」を語り合ううちに、
楽しい時間は、またたく間に過ぎていき・・・・・、
お開きの頃には、日付が変わろうとしていました・・・・・。(^^)

なにはともあれ・・・、みなさん、お疲れさまでした。
吉報を期待しましょう!!


[Information]
「旬菜ダイニング 十祇家」
 京都市中京区木屋町御池上ル  TEL 075-241-2788
営業時間  昼12:00~14:30L.O(お昼の営業は金・土・日のみ)
       夜17:00~23:30L.O
        http:/www.togiya-dining.com
[PR]
by akebonofan | 2011-12-29 01:05 | 「野菜ソムリエ」通信 | Trackback | Comments(0)

 ~雪国の始まり~

クリスマス寒波によって、ここ舞鶴の地も「雪国」が始まりました。
e0252905_10302479.jpg

これから、春先まで毎日のように、こんな風景を見上げるのでしょうか・・・・?
歌の文句にあるように、♪♪~猫はこたつで丸くなるぅ~♪♪ような生活を、
送るのならいいのでしょうが・・・・・・・。

窓から、見るには申し分のない「水墨画」の世界です。
e0252905_11115178.jpg

e0252905_10323749.jpg

しかし、そこで、暮らす・生活するとなると、
現実の世界に引き戻されてしまうわけです・・・・・・・(^^)

これは、我が家の玄関先に、今朝までに積もった雪と、
屋根から落ちてきた雪。
(なんのことはない・・・、まだまだ、たいした量ではありません)

少し大袈裟ですが、それでも積雪が30cmくらいになると、
結構、大変でして・・・・・・、
まず、自宅敷地内から市道に出るまでが、ひと苦労。
次に、わずか3~4km先の国道に出るまでの道が、また、ひと苦労。
国道に出ると、同じ地域なのに、雪の少なさに驚きます!!
カーブを曲がるたびに、雪の量がぐっと増えるのです・・・・(^^)
(でも、最近は午前4時くらいになると、雪かき車の通る音が聞こえます)


でも、これくらいの雪で、こんなこと言ってたら・・・、
北陸以北の方々から、お叱りの声が聞こえてくるかも知れませんね。
e0252905_10343120.jpg

これは、自宅のすぐ裏にある実家の屋根に積もった雪。
子どもの頃には、1m近い雪は毎年だったけれど・・・・・・、
今は、ほんとに少なくなりました。
e0252905_10395027.jpg
 
さてさて、明日はいよいよ、12月27日。
暮れも押し迫った、この気ぜわしい時に、
「ジュニア野菜ソムリエの終了試験」です。
2ヶ月間の勉強の成果が問われる日が来てしまいましたぁ・・・・・・(^^;)

18時開始の試験に向けて、京都に行きます。
車にしようか・・・・・??
電車にしようか・・・・・・??
降りしきる雪を見ながら、なかなか勉強も進まない私です。(^^;)
[PR]
by akebonofan | 2011-12-26 11:32 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(5)
12月23日(金)祝日の朝。
我が家周辺は、すっかり雪景色となりました!!
e0252905_1114178.jpg

40~50代6人で構成する熟女グループ(^^)の
日帰りカニツアーの日です。
早いもので、今年で5回目の「冬の風物詩」になります。

9時52分福知山駅発「こうのとり1号」の特急指定席に揺られ、
約1時間で城崎温泉駅に到着。
そこから、普通電車に乗り換えて・・・2駅目がお目当ての場所。
佐津駅では、民宿『源助』のお迎えマイクロのおじいさんが、
大きく手を振って迎えてくれました。

今年も、お部屋は2階でした。
さあー!! カニ食べ合戦の始まりはじまり・・・・・!!
e0252905_9385894.jpg

e0252905_9514572.jpg

まずは、一番手前の「お刺身3品 カニ・甘えび・いか」です。
e0252905_9415876.jpg

殻を取って、少しだけ、たまり醤油につけたら、
「いただきま~す!!」(^^)
「うっ、おいしー!!」 
「サイコー!!」

早くも、みんな若干の寡黙状態になりつつも・・・、
久しぶりの再会に、近況報告も飛び交って・・・。
e0252905_954480.jpg

お次は、「焼きガニ」です。
これで、3人前!! 結構、食べがいがありました。

そうそう、もちろん「カニみそ」もいただきました!!
e0252905_9555517.jpg

さてさて、テーブルの真ん中には、「水炊き用のカニ」です。
e0252905_9582297.jpg

まずは、やはり「カニしゃぶ」でしょう!!

もう、このあたりになると、お腹も十分に満たされて・・・、
ほっこり気分と、ほろ酔い気分の二重奏になり・・・・・・・・。
「源助 特製のあつあつ手づくりパン」も、
シメの「カニ雑炊」も写真を取り忘れてしまいました・・・・(^^;)。
e0252905_959572.jpg

帰り道、送りのマイクロのおじいさんが教えてくれた、
佐津駅前の「中川菓子店」の『手づくり とち餅』
              [5個入り 660円]
とち餅がとってもやわらかく仕上げてあり、
また、中のつぶあんの甘さが絶妙でした!!
ナント・・・、熟女6人全員がお土産に買っていました。(^^)

城崎温泉駅まで戻り、17時過ぎの特急まで、
約2時間ほどの待ち時間は、
主婦魂のお土産買いとおしゃべりコーヒータイムに!!
e0252905_1032029.jpg

さて、本日の自分へのご褒美・・・・、
(あれだけカニ食べても、まだご褒美は欲しいものでして・・・)
絵柄の素敵なリバーシブル「布コースター」を5枚。
  [城崎駅通り 井藤物産店 1枚 320円]

18時20分過ぎに福知山駅解散。
さて、次回の熟女ツアーは、来年の夏頃でしょうか・・・・??
再会を楽しみに! グッド・ラック!!
[PR]
by akebonofan | 2011-12-24 12:06 | 旅しおり | Trackback | Comments(0)
11月に3回ほど、金沢まで所用で行く機会がありました。
朝7時過ぎに舞鶴を出て、
小浜から敦賀までの地道がただただ時間を食い・・・、
ようやく北陸道にのって、快適に走行。
「尼御前サービスエリア」で、小休憩を兼ねて、
少し早いお昼ご飯をいただきます。(^^)
e0252905_18382237.jpg

おそばと焼き鯖寿司の「岬セット」が私のお気に入りで、
3回寄って、3回とも「岬セット」でした・・・・・(^^)

永平寺そばか? 越前そばでしょうか?
あったかい、ニ八のそばにわかめとネギがたっぷりと。
お出汁も、もちろん言うまでもなく!!

そして、何と言っても大ヒットなのが、
この3個の焼き鯖寿司たちです!!

一番手前が、シンプルな焼き鯖寿司。
真ん中が、焼き鯖寿司に、おぼろ昆布バージョン。
一番奥が、焼き鯖寿司の、のり巻きバージョン。
香の物は、生姜の甘酢漬け。
しめて、お値段は、850円なり。

鯖寿司に目がない私にとって、
このメニューはまさに究極でした!!(^^)

ちなみに、岬セットを食べた場所も3回とも同じ席。
日本海が目の前に見える、カウンター席でした。 
[PR]
by akebonofan | 2011-12-23 06:00 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(0)

雪の日の「三土市」

e0252905_2025677.jpg

12月17日、土曜日。
前夜からの雪で、綾部志賀郷にも雪が舞い降り・・・・、
「雪の日の三土市」になりました!!
e0252905_2084515.jpg

ところが、どっこい三土市!
スタッフの日頃の精進の良さか?
出店ブース仲間の熱きパワーか?
お客さんの温かい後押しか?

「太鼓」のパフォーマンスが始まる頃には、
こんなにも太陽がサンサンと照りつけるほどに、
いい天気になりました。
やっぱり、三土市は晴れるのだぁーと思いました!!(^^)

今年最後の三土市に、雪にも負けず、
出店ブースも先月よりはるかに多く、
また、お客さんも亀岡・篠山・大阪などからも来られていました。

さて、今回もブース仲間の紹介をいたします。
e0252905_2010942.jpg

福知山の「お米ぱん hana」さん。
小学生のお子さんがおられる素敵なママさん。
私が初出店した時の、お隣さんで、いろいろ教えてもらいました。
この日も、いろんな種類のパンがずらーり!!
e0252905_2011465.jpg

私は、スノーパンとミニクロワッサンを買いました。
スノーパンはあまりの可愛らしさに、
なかなか食べることができず・・・・、
月曜日の朝、ようやくいただきました。(^^)
e0252905_2012328.jpg

今回の右隣は、亀岡から来られた初出店の「絣庵(かすりあん)」さん。
最初は、ご夫婦だと思っていたら・・・・・、
なんとなんと親子でした。(そういえば、似ていますよね)
やさしいお父さんは、お抱え運転手のようでした。

naoさんが、インドを旅した時に出会った「絣(かすり)」に惹かれて、
今でも定期的にインドに行き、生地を仕入れて、
かばんや小物を作っておられるそうです。
e0252905_11542043.jpg

私も、ちょうどほしいと思っていた大きさの袋があったので買いました。
ハガキや写真、ミニ書類などを入れたいと思います。
お値段は、お手頃の1000円でした。

この赤の風合いがなんとも素敵ですよね!!
絣(かすり)は日本古来のものだと思っていましたが、
インドが発祥の地だったんですね。
e0252905_20135514.jpg

大山崎から来られている、切り紙作品の「FUM」さん。
カッターではなく、めずらしくハサミを使っての切り紙です。
e0252905_12343587.jpg

これは、今年の7月に、お隣さんになった時に買ったものです。
朝顔の花や葉が、とっても細かな手細工で仕上がっています。
1枚 250円でした。今でも、大事に飾っています。
e0252905_20243339.jpg

染めと織りをしておられる、綾部の黒土さん。
「あやべまゆクラフト工房」で、ご一緒させていただいている方です。
自然な風合いの色のマフラーやスカーフ。
クリスマスに合わせて、リースも華やかでした!!
e0252905_20403622.jpg

地元志賀郷の「ぼっかって」さん。
素朴なお菓子や蒸し菓子が並んでいました。
このお二人は、中井さんと加納さん。
なんと、近々ご結婚なさるそうで~す!!
お似合いの素敵なカップルですね。(^^)
e0252905_2051388.jpg

向日市の「トラスト シン」さん。
小粋なハットがトレードマーク!!
三和荘の手づくり市や府庁マルシェでも、
ご一緒のブース仲間です。
今回初出店。
早朝、志賀郷が分からずに福知山まで行かれたそうです。
e0252905_2165137.jpg

e0252905_2053465.jpg

長岡京市の「ステンドグラス めい☆せい」の宮崎さん。
あちらこちらの手づくり市で、ご一緒です。
自らも、長岡京で手づくり市を主催されている方です。

一番手前の、「箸置き」(正方形)ひと並び4つを、
10月の府庁マルシェで買いました。
e0252905_20564162.jpg

志賀郷三土市本部の女性スタッフの方々です。
スタッフカードをぶら下げた元気いっぱいのおばちゃま達に、
いつもいっぱい刺激を受けています!!
真ん中の榊原さんは、
「あやべまゆクラフト工房」の代表でもあります。

来年の3月三土市で、いったん区切りをつけて終了だとか・・・・・。
「あと、3回だけとなりました・・・。」
温かい三土市が大好きなファンはたくさんいます。
続けてほしいなぁ・・・・・と思うのは、
きっと、私だけではないはずです。
[PR]
by akebonofan | 2011-12-21 14:08 | 手づくり市&イベント | Trackback | Comments(6)
先週の金曜日、亀岡のセミナー帰りに、
思い立って行って来ました。
京都縦貫道の丹波インターの入り口と隣接するくらいの所に
「冬ほたる」(琴滝公園)の入り口はありました。
今年は、電飾の数も増やされて、
府内最大のイルミネーションだとか!!
e0252905_94195.jpg

午後4時55分。
駐車場に着くと、もう数十台の車が停まっていました。
e0252905_952432.jpg

駐車場から、坂を上ると最初にお目見えするのが、
こんな可愛らしいイルミネーションたちがズラリと・・・。
e0252905_965833.jpg

受付で、入場料500円を払って入ると、広場がありました。
まだ、午後5時過ぎなので、空も少しだけ明るかった。
e0252905_985318.jpg

このドームをくぐる頃から、
幻想的なBGMもかすかに聞こえ始めて・・・。
e0252905_9112692.jpg

e0252905_9133127.jpg

ただただ、白と青の光のアートに見惚れてしまいました。
e0252905_9145336.jpg

なんといっても、圧巻は、この琴滝でしょう!!
高さ43mの滝にしつらえられたイルミネーション。
しばし、時間を忘れてたたずんでしまいました。
e0252905_918310.jpg

下り坂の光景もみごとでした!!

カメラ片手にゆっくり歩いて、45分くらいでしょうか。
「ぶらり散歩」には、ちょうどいいのでは!!
数年前から、来てみたいなぁ・・・・と思うばかりでしたが、
来て見て「大正解」でした!!

ちなみに、偶然にも綾部の知人が同じ日に
「冬ほたる」に出かけたそうですが・・・、
綾部を午後6時に出発したら、入り口で1時間待ちだったとか。
できれば、狙い目は、「平日午後5時に入場開始」ですね。(^^)
[PR]
by akebonofan | 2011-12-19 10:09 | ぶらり散歩 | Trackback | Comments(1)
e0252905_16212173.jpg

綾部の由良川沿いにある「丹波茶屋 ゆらり」に行ってきました。

人権推進メンバー(グループは3名だけど・・・)の都合がなかなかつかず、
8月から延ばし延ばしになっていた
「まちかどミーティング」の最終打ち合わせを兼ねたランチです。
e0252905_1625141.jpg

私は「ゆらり」がオープンした10数年前からたびたび来ていますが・・・、
あとの二人は今日が初来店で、料理が運ばれて来るまえから、テンション高く(^^)
予約した時は、1階は満席で、2階テーブル席だったのですが、
たまたま1階のこの囲炉裏コーナーが空いたので、急きょラッキーな変更に。
e0252905_16264851.jpg

1時過ぎという時間帯もあってか・・・、
店内も結構静かで、ゆっくりと時間が流れていました。
e0252905_16281648.jpg

囲炉裏には、炭火が入っていて、
思わず、手をかざしてしまいました。
その上、掘りごたつの足元も暖かくて・・・・(^^)
なんだか・・・とっても、ほっこり。
e0252905_16304871.jpg

「からコロ定食」
・からあげ2コとコロッケ2コ
・野菜たっぷりのサラダ
・ほうれんそうとしめじのおひたし
・お味噌汁
・香の物
・ご飯(おかわり自由)
1050円でした。
e0252905_16351226.jpg

この1週間風邪をひいていたASAKOさんも、
大満足の食べっぷりでした!!(^^)
e0252905_163228.jpg

抹茶シフォンケーキとコーヒーのケーキセットが、
このボリュームで、500円でした!!
甘さひかえめのケーキの味は言うまでもなく、
盛り付けがとても素敵で、十分に目も楽しませていただきました。

さて、肝心の「まちかどミーティング」の日程が、
ようやく決まりました。

日時   2012年、2月25日(土)午後1時~
場所   南舞鶴公民館
事業名  「老化しない体と心(案)」
[PR]
by akebonofan | 2011-12-16 05:00 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(2)

「人生の正体」

e0252905_9442257.jpg

「人生の正体」
なんともすごいタイトル名でありましょうか・・・??
そして、大海原の向こうに輝く太陽は・・・、
やはり、朝陽、あけぼのなのでしょうね・・・・。

私が、この本を読むのは2回目になります。

11月下旬、福知山の「サンプラザ万助」で、
スーパーマーケット NISHIYAMA 代表取締役社長 西山進氏の
講演を拝聴してきました。
京都北部の福知山市に本部のある、スーパーマーケットNISHIYAMAが、
「日本一のスーパー、日本一の寿司コーナー」と言われるほどに、
商業界で注目を浴びている、大本山の西山社長の講演でした。

会場には、『個性派スーパー奮闘記 勝ち残るための人間力の強化!』という
演題が大きく張り出されていましたが・・・・・、
講演の中身は、ノウハウではなく、いわゆる「人生をどう生きるのか?」
「混沌とした今の時代を、あなたはどう生きようとしているのですか?」と、
言った内容であったと思います。

今の世の中をどう見るのか?
今、日本で何が起きているのか?
今、日本で起きている全てのことは、
決して偶然はあり得ない。
ものの見方によって、全ては大きく違ってくる。
何が真実なのか?
そのためには、ものを見極める目を持つことが必須。
そして、今後、何が起こるのか?

(以下、「人生の正体」本文からの抜粋)
 
人生とは「時間」だ。
 私は、物事がうまくいかないのは、
 人生を知らずに人生を生きていることにあると思っている。
 「人生とは生まれてから死ぬまでの時間と、
 それが持つ可能性だ」。
 シンプルな考え方だが、
 この簡単なことを自覚しているのといないのとでは
 生き方に大きな違いが出てくるはずだ。


       『人生の正体』 西山 進 著 
                   商業界  定価1,429円

超多忙の日々を送っておられる西山社長は今でも、
月に20冊以上の本を読んでおられるということに驚きました。
「遅読」の私には、なかなか真似はできそうにはありませんが・・・・(^^)。
遅読でもいいから、いろんな書籍を読んでいきたいと思いました。

この世の中、不公平なことや不平等なことがあまりにも多いけれど・・・、
世界中の万人に唯一平等なことは、
①「どんな人にも、一日は24時間である」こと。
②「人は遅かれ早かれ、いつか必ず死ぬ」ということ。

西山社長の講演を聞いた翌日に、
自宅にあった「人生の正体」をもう一度読み返しました。

人生は時間の使い方によって大きく変わる。
睡眠や仕事等・・・・を差し引いて残る
「あと6時間」の時間の使い方をどう改善し、どう工夫するか?
自分の人生の時間管理を、真剣に考えようと心に決めた講演でした。

e0252905_9481883.jpg
 
ちなみに、この写真は、
「標高5000mの妖精 メコノプシス・ホリデュラ」と
呼ばれる青い花です。
カメラが趣味の西山社長が、十数年前にチョモランマ(エベレスト)登山された時に
撮影されたものです。
知り合いである夫がいただいたもので、自宅に飾ってあります。
e0252905_20343936.jpg

[PR]
by akebonofan | 2011-12-15 16:14 | 私の本棚 | Trackback | Comments(2)