京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

<   2012年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今年も、「梅干し作り」の季節がやってきました。
e0252905_0352149.jpg

自宅の横にある、わずかな梅林になっている梅です。
今年は、例年になく、梅が少ないようです・・・。

毎年、800~1000kg程漬けこむのですが、
今年は、500~600kgくらいしか確保できないかも・・・と、
母が、頭を悩ませています。

e0252905_0355210.jpg

それでも、昨日早朝に、
契約農家から、180kgの梅が運ばれてきました。
1コンテナに、20kgずつ入っています。

e0252905_037499.jpg

まずは、「えぼ取り作業」です。
手前2個が、まだ「えぼ」が付いている梅。
後ろ2個は、「えぼ」を取り除いた梅です。

「えぼ取り」作業には、
料理に使う、「竹串し」を利用します。

e0252905_0441100.jpg

気の遠くなるような作業ですが・・・・、
すべて、1つ1つ手作業で行っています。

e0252905_0441719.jpg

これは、母の手慣れた「えぼ取り」をする手。
左手には、3~4個の梅が握られています。
年季の入った、77歳の手です。

e0252905_0444482.jpg

これで、まずは、第1工程の終了です。

夏の陽ざしの中に、梅の香りがただよっていました。

[7月の出店予定]

7月2日 (土)「三和荘手づくり市」     福知山 三和町
7月6日 (金)「産直マート」店頭販売    舞鶴 八島商店街
7月8日 (日)「ふるさと海づくり大会」   舞鶴 漁連
        「赤れんがパークバザール」  舞鶴 赤れんがパーク
7月13日(金)「産直マート」店頭販売    舞鶴 八島商店街
7月15日(日)「JA彩菜館東舞鶴店イベント」舞鶴
7月20日(金)「産直マート」店頭販売    舞鶴 八島商店街
7月27日(金)「産直マート」店頭販売    舞鶴 八島商店街
7月28日(土)「農大マルシェ」       綾部 農業大学校


  *夏のイチオシ商品「しそジュース」を
   店頭飲み物として、コップにて販売します!!
   お楽しみに!!
   
[PR]
by akebonofan | 2012-06-30 07:30 | あけぼのフェニックス | Trackback | Comments(0)
「思い立ったが吉日」という、ことわざがあります。

  ~5月末からの毎週水曜日。
   京都テルサでのセミナー講座に通う朝、
   九条通りから見える「東寺」を見上げながら・・、
   「東寺に行くなら、今の時期しかないー!!」と決め込み・・~

そして、6月第3日曜日。
家人と所用で、伏見へ向かう道すがら・・・・、
思い立って、「東寺」に行って来ました。 (^^)

e0252905_13272328.jpg

この日は、梅雨の晴れ間のたいへん暑い日でした。
広い境内には、多くの観光客の姿があり、
また、京都にふさわしく海外の方や、
修学旅行生、白いお遍路さん姿の人達も目立ちました。

e0252905_13565215.jpg

有料拝観庭園の入り口を入るとすぐに、
「不二桜」という名がついた、しだれ桜がありました。
春の桜シーズンに訪れてみるのも、きっと素敵なことでしょう。

e0252905_13313919.jpg

砂利道をゆっくりと歩いて行くと、
「講堂(重要文化財)」と「光堂(国宝)」がありました。

これは、「講堂」の方です。
弘法大師によって、着工されたものです。
建物の中は、二十一軀の仏像が安置されていました。
(もちろん、撮影禁止でした。)

e0252905_13442422.jpg

ようやく、目の前に見えてきました!!
「五重塔(国宝)」です。

東寺の象徴として、親しまれている「五重塔」は、
総高55mもあり、現存する日本の古塔の中でも最高の塔だとか・・・。

e0252905_1341789.jpg

秋の紅葉の中に建つ「五重塔」も、
さぞかし素敵でしょうが・・・・・、
新緑もまた、たいへんよく似合っています。

この組みものの手法の素晴らしさは、
まさに、圧巻ですよね!!
「純和様を守った秀作である」と、書いてありました。

寺院を訪れるたびに、いつも思うことは、
コンピューターも何もない時代にあって、
このように精巧な建築物が作り出されたこと。
ほかでもない・・・人間の手によって。
どれほどの知恵と労力と歳月とが費やされたのだろう・・・と。

しばし、悠久の昔に想いをはせます・・・・。
e0252905_13483947.jpg

手入れの行き届いた、もみじの木があちらにもこちらにも・・・。

e0252905_13524062.jpg

有料拝観外にも、行ってみました。
この中には、弘法大師の住房であった「大師堂(国宝)」もありました。

e0252905_1354534.jpg

これは、「修行大師」です。

e0252905_13543816.jpg

九条通りに面した「南大門」です。

思い立って、拝観した「東寺」でしたが・・・、
ゆっくりと見て歩いたら・・・・、
予定外の2時間超になってしまった散策となりました。

しかし、心落ち着く有意義な時間でもありました。
[PR]
by akebonofan | 2012-06-29 18:20 | ぶらり散歩 | Trackback | Comments(0)
綾部大橋から、京都方面に向かって、
国道27号線を5分ほど走ると・・・・、
「ます あまご つり・料理」と書かれたのぼりが見えてきます。

e0252905_13175530.jpg

その下には、『乙味渓流荘』と書かれた看板もあります。
そこを左折して、山奥に向かって走ること、5分あまり・・・。

e0252905_13364067.jpg

車がすれ違えないくらいの道の、すぐ先に・・・、

e0252905_1432884.jpg

再び、のぼりが見え、池と建物が見え始めました。

e0252905_13382144.jpg

ようやく、辿り着きました。 (^^)
ここが、「乙味渓流荘」です。

父が、2年前に行った時に、
「釣り堀で釣った魚が、焼き魚や天ぷらになって膳に並ぶんや!」と、
嬉しそうに話してくれて、一度行ってみたいなと思っていたのですが・・・・。

実は・・・・、ここの経営者である朝倉さんが、
以前勤めていた食品会社の元同僚でもあったことがわかり、
遊びがてら、顔を見に行こうということになったのです。

e0252905_13393247.jpg

早速、釣り竿(300円)を借りて、
魚釣りに挑戦です!!

池の中には、「あまご」「ます」がいるようです。

e0252905_1340797.jpg

しばらくすると・・・・、
『釣れたぁー!!』と、黄色い声!!
50代のおばさん2人が、子供のようにはしゃいでいます。(^^)

これは、「ます」。

私は、この日早朝に発生した「ぎっくり腰」のために、
動きは鈍く・・・・超スローモーション・・・でした。(^^)

e0252905_14422454.jpg

お腹が空いているのか、
針をしっかりと呑みこんでいるため・・・・、
なかなか、うまく外せません。(^^)
彼女が、一生懸命外しにかかっています・・・。

e0252905_1341389.jpg

私達が着いたのが、午前11時頃、
結構、次から次からお客さんが増えました。
この子たちは、南丹市園部から来ていました。

ゆっくりと楽しんだ、釣りの成果は・・・・、
2人合わせて、12匹でした!!
しかし、「あまご」は1匹も釣れず・・・、全部「ます」でした。

12匹は、買い上げてお持ち帰り用に焼いてもらいました。
彼女が7匹、私が5匹。

e0252905_13411947.jpg

お天気が良く、外にいると蒸し暑いくらいでしたが・・・、
建物の中は、網戸だけでも、十分涼しかったです。

e0252905_15181430.jpg

e0252905_1518338.jpg


室内のあちらこちらには・・・、
奥さまが趣味で作られた「パッチワーク」の作品が置いてありました。

e0252905_15185483.jpg

また、何人かの色紙があり、見てみると・・・・、
梅沢登美男や千原ジュニアの名前が・・・・。

千原ジュニア兄弟は、中高生の時に、
よく遊びに来たり、一時期はアルバイトをしていたそうです。
(千原兄弟は、福知山の出身です。)

e0252905_13413047.jpg

おしゃべりをしながら・・・・、
こんな感じで、料理が運ばれてくるのを待っていました。

e0252905_13414599.jpg

さて、いよいよ「あまご料理」(2650円)の登場です!!

e0252905_13415660.jpg

「あまごのお造り」
とっても、きれいな色の魚なんですね。
あっさりとした味で、
コリコリとしていました。

e0252905_13421319.jpg

「あまごの甘露煮」
頭からしっぽまで、すべていただきました。(^^)

e0252905_13424386.jpg

「野ぶきの佃煮」

e0252905_13425517.jpg

「あまごと野菜の天ぷら」
あまごは、1匹分です。

e0252905_13431063.jpg

「あまごのフライ」
天ぷら同様に、フライも1匹分です。
とっても淡白で、いくらでも食べれました。

e0252905_13441264.jpg

「あまごの塩焼き」

あと、「ご飯」「みそ汁」「香の物」。

食べ終わったのが、午後2時を過ぎていましたが・・・・、
「あまごづくしの料理」をすべて・・完食でした!!
おまけに、つやのいいご飯が、これまた美味しかったです。

言うまでもなく、大満足の2人でした。(^^)

e0252905_14143365.jpg

昭和54年4月、にオープンした「乙味渓流荘」。
ゴールデンウイークや、夏休みを利用して、
森林浴や涼を求めて訪れる家族連れも多いとか。

また、最近は、若いカップルのデートスポットに、
なっているらしいです。

e0252905_13434515.jpg

ちなみに、「乙味(おとみ)」は、
真横を流れる清流が、「乙味川」なのだそうです。

久しぶりに・・・・、
ゆったりとした時間が、静かに流れていった日曜日でした。
[PR]
by akebonofan | 2012-06-28 16:35 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(2)
6月26日、火曜日。

昨日は、「沙羅双樹」が、21個も咲きました!!
玄関の戸を開けて、見上げたとたん・・・・、
もう、感激です!!
e0252905_9234246.jpg

高い枝の所ばかりなので、正確な数はわかりませんが・・・・・、
「21」までは、なんとか・・確認しました。
e0252905_10215146.jpg

ぎっくり腰3日目ですが・・・、
朝から、テンションの高いこと、高いこと・・・・。(^^) 

e0252905_1051325.jpg

「一日花」なので・・・・、
こんなふうにして、落花します。

e0252905_1055229.jpg

次は、いくつ咲くかな・・・・?   
[PR]
by akebonofan | 2012-06-27 07:07 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(2)
先週の6月19日。
台風4号が接近している最中・・・・。
(2ヶ月前から、決まっていた会でした。)
野菜ソムリエ同期の懇親会があり、
京都木屋町二条にある
「がんこ 高瀬川 二条苑」に行って来ました。
e0252905_13114915.jpg

嵐の中、タクシーを降りて初めて・・・・、
門構えの素晴らしさに気づきました。
風で飛ばされないように、傘を握りしめながら、
しばし・・・・見上げていました。(^^)

e0252905_1312211.jpg

かの豪商「角倉了以(すみのくらりょうい)別邸跡」でした。

e0252905_13122715.jpg

午後6時30分、夕闇せまる玄関です。
雨と灯籠の光が照らし出されて、情緒にあふれています。

e0252905_13124479.jpg

廊下には、絨毯が敷いてあり、年代物の置物や、
舞妓さんのうちわなどが飾ってありました。

e0252905_13133380.jpg

窓越しに、広い庭が見えました。
ここの庭園内には、「高瀬川」が流れていて、
正式名を「がんこ高瀬川源流庭苑」と呼ばれています。

e0252905_1314839.jpg

小雨降る中でしたが・・・、
庭園を見学されている方があり、
私も、カメラ片手に庭へ下りて行きました。

雨に打たれる、新緑のもみじもきれいでしたが・・・、
秋の紅葉もさぞかし美しいだろうと・・・・。

e0252905_13143646.jpg

台風の影響で、高瀬川はずいぶん増水していましたが、
ここが、別荘内にある庭園だとは、
にわかには、信じがたいものがありました。

e0252905_13145392.jpg

さらに、奥へ進むと石橋の向こうには、新たな建物が見えました。
夏場には、この建物の鴨川沿いに、
納涼川床がしつらえられ、
「京の夏の風物詩」の舞台となっているのです。

しかし、さすがにこの日は、室内の予約だけだったようです。

e0252905_13151410.jpg

さて、私が通された部屋は、
坪庭が見える「花背(はなせ)」という小部屋でした。

e0252905_13152554.jpg

「乾杯!!」
昨年の12月以来の再会です。

受講が終わると、なかなか全員がそろうのは難しく・・・、
お互いの近況報告で、宴はスタートしました。 (^^)

e0252905_13154387.jpg

さあ、最初のお料理です。
二段のお重の中に、器に盛られた料理の数々・・・。

e0252905_1316019.jpg

「お豆腐」と「水菜の煮びたし」
このお豆腐は、たいへん濃度の濃いものでした。

e0252905_13165832.jpg

「旬お造り盛り合わせ」

e0252905_13171115.jpg

「天ぷら」

e0252905_13172911.jpg

「寿司」と「赤だし」

e0252905_1318021.jpg

久しぶりの再会に話も、お酒もすすみ・・・・、
気がつけば・・・、
台風は、早くに通り過ぎてしまったようでした。

美味しい生ビールをたくさんおかわりして・・・・(^^)
御膳とお酒で、一人前 6000円くらい??・・・でした。

ここは、お天気のいい時に、
ぜひとも、訪れてみたいお店だと思いました。
[PR]
by akebonofan | 2012-06-26 04:32 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
玄関先の「ミニガーデニング」です。

e0252905_11241290.jpg

これは、5月最終週に写したものです。

春先の3月に植えた、「ビオラ」は、モリモリと咲き続けて・・・、
黄・紫・オレンジ・白・薄紫・・・と、
4ヶ月あまりも・・・、毎日楽しませてくれました。

昨日、早朝に、その「ビオラ」の植え替えをしました。

e0252905_11112460.jpg


ずいぶん、スッキリした印象に変わりました。

今回、長方形のプランター5つの住人になったのは・・・・、
「日日草」
「ベコニア」
「イソトマ」たちです。

これらの花たちも・・・・、
夏に向けて、にぎやかに咲いてくれることでしょう!!

e0252905_11114069.jpg

玄関の左側です。

手前の3鉢は・・・・・、
一度、花が終わった「ミニバラ」ですが・・・、
また、新芽が伸びてきて、今、2回目の花が咲いています。

e0252905_1112680.jpg

さてさて、『事件発生』は、
使っていなかった、この味噌かめ(中央のもの)に、
「日日草」を植えて、配置換えをしようと・・・・・、
両手で持ち上げた時でした!!

「うっ!!」 腰に違和感を覚え・・・・、
軽めの『ぎっくり腰』をしてしまったようです・・・。

寝込むほどではありませんが・・・・・、
通常の動きは、ままならず・・・・、
スローモーションの生活を、ただ今、体感中・・・・。(^^)

仕方ないので・・・・、
「身体を休めよ!」ということかも知れないなぁーと、
2日間程は、自宅待機の仕事限定に徹すべく、
パソコンとにらめっこです。 (^^)

e0252905_11122755.jpg

ちなみに、本日、6月25日朝、
「沙羅双樹」咲いた花の数は・・・・、
8個でした・・・・!!
[PR]
by akebonofan | 2012-06-25 12:49 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(2)

「紫陽花(あじさい)」

今回は「紫陽花(あじさい)」です。
e0252905_13243785.jpg

朝日に反射してか・・・・、
少し、写りが悪いようです・・・・。

この紫陽花は、先日の府庁マルシェの時に、
出店仲間の野菜作りの方から、いただいたものです。

「新しい品種で、桂高校の生徒が開発したんよ!」・・・と、
言っておられましたが・・・・詳しいことはわかりません。

e0252905_13395470.jpg

こんな感じで、花が咲きます。
よく見ると、確かに今までの紫陽花とは、異なります。
図鑑やネットでも、少し調べてみましたが・・・・・、
やはり、不明のままです。

e0252905_13251787.jpg

色が、淡いので・・・・、
バックを黒地に替えてみました。

可愛らしい「紫陽花」が浮かび上がってきました。

もう少し、品種名を調べてみようと思いますが・・・、
どなたか、知っておられる方がおられましたら、
教えていただけますでしょうか??
[PR]
by akebonofan | 2012-06-24 05:06 | トイレの花たち | Trackback | Comments(2)
我が家の庭にも・・・・・、
「沙羅双樹を愛でる」季節がやって来ました!!
e0252905_1034918.jpg


京都市右京区にある「東林院」では、
(普段は、非公開寺院です)
すでに、今年も6月15日~7月1日までの期間は、特別拝観となり、
「沙羅の花を愛でる会」が始まっています。
ちなみに、お抹茶付き拝観券は、1580円だとか・・・・。

「沙羅双樹」の花は、
「平家物語」の冒頭文として、たいへん有名なフレーズに登場します。
『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす』

世の無常の象徴「はかなさ」として、語り伝えられ・・・・、
また、お釈迦様が亡くなった時、その死を悲しんで、
一斉に花を開いたとも言い伝えられている花です。
e0252905_1116589.jpg

我が家の「沙羅双樹」は、
15年ほど前に、植樹したもので・・・、
今は、3m近くにも・・・・生長しました。

朝に咲き、夕方には散る「一日花」で、
梅雨時に、白い椿のような花を咲かせることから・・・、
「夏椿(ナツツバキ)」の別称があります。

e0252905_11182769.jpg

これが、今年の一番花です。
6月18日朝、2階ベランダから撮影しました。

あまりに、上方の枝だったので・・・・、
最初は気がつかず・・・、よくよく木々を見まわしての発見。
「感激!!」でした。  (^^)

毎年、この時期には、まず朝起きると、
「沙羅」の花が、何輪咲いているか数えて、
カレンダーに書き込むのが日課となります。(^^)
e0252905_1272286.jpg


今年も昨年同様に、たくさん花が咲いてくれるらしく・・・・、
枝々には、びっしりと蕾がついています。
「嬉しい!!」
e0252905_128491.jpg


「沙羅双樹」と言う花は、
なぜか、何故か・・・・、妙に、魅力的な花なのです。
「心ざわめく花」とでも、言いましょうか・・・?

昨年は、104個の花が咲きました。
(正確には、もう少し多いと思いますが・・・)
さて・・・今年は・・・・?

きっと、7月の初旬頃までは、
毎朝、玄関の戸を開けるのが楽しみな私となり・・・、
ワクワク、ドキドキの日々が続くと思います。 (^^)
[PR]
by akebonofan | 2012-06-23 05:06 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(0)
福知山城の横(市民プール跡地)に、
今年の4月下旬にオープンした
「ゆらのガーデン」に行ってきました!!

e0252905_2024843.jpg

ナチュラルガーデン+7色のショップが織りなす・・・、
ちょっと、オシャレな空間です。

「ゆらのガーデン」の手前には、
乗用車がゆったり50台くらい入る駐車場、
さらに、大型バス専用駐車場も完備していました。

e0252905_20252042.jpg

芝生広場を囲むように、7店舗が点在しています。

正面左側に見えるのが・・・・、
パティスリー&カフェ「丹波スイーツ kiーka」

e0252905_20254735.jpg

右手前が・・・、
フラワーショップ&花と色の教室「hana iro ha ーハナイロハー」

その奥、左側に見えるのは・・・、
「Crouka クローカ」(洋服と雑貨)

奥正面は、「手打ち お食事処 そば久」など・・・、
あと、「鉄板ダイニング めかしえび」もあります。

e0252905_20364836.jpg

花壇には、四季折々の花々が植えられていました。

e0252905_2011471.jpg

この日、カフェタイムとして利用したのは・・・、
「CAFE   マサグラン」でした。

e0252905_20113222.jpg

入り口を入ると、アンティーク調の家具が並び・・・、
突きあたりには、スタンドピアノが置かれていました。

e0252905_20115043.jpg

店内は、天井が高く、ゆったりとした空間が広がっていました。
窓から入る陽が、店内をより一層明るくしています。

e0252905_2012183.jpg

私が注文したのは、
「紅茶(アッサム)」 600円
「レモンタルト」 420円

それぞれ、なかなかのお値段でしたが・・・・、
しっかりと味わいながら、たいへん美味しくいただきました。 (^^)

このカフェでいただくケーキは、
「マウンテン」のものが出されています。

e0252905_20131662.jpg

その、「洋菓子・ショコラ 洋菓子マウンテン」は、
「マサグラン」の左隣にあります。

e0252905_20133963.jpg

昔から、福知山にある「洋菓子 マウンテン」が、
日本のみならず、世界的にも一躍有名になったのが・・・・、
息子さんである水野直己氏が、
「ワールドチョコレートマスターズ2007フランスパリ世界大会総合優勝」の、
称号に輝いた時から・・・です。

私も、ここ数年程は、「マウンテン」のチョコレートを、
買わせていただいています。

e0252905_2014136.jpg

この日、私の目に留まったのが・・・、
「ゆらの和のジュレ」でした。

「ゆらのガーデン」オープン時から、発売され始めたものだそうです。

e0252905_20142330.jpg

これは、「さとうきび畑のジュレ」です。
ネーミングも、さすがですね!!

e0252905_20144257.jpg

中には、黒糖をベースに、
栗・小豆などがごろごろと入っていました。
甘さ控えめの、やさしいジュレでした。

小雨降る午後のひとときを・・・・・・・、
ゆったりとした気分にさせてくれた・・・・、
「ゆらのガーデン」でした。
[PR]
by akebonofan | 2012-06-22 05:06 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(1)

「夏至(げし)と蛍」

7月21日、木曜日。
今日は「二十四節気」の一つ、「夏至(げし)」です。

北半球では、昼が最も長く、
夜が最も短い日です。

この日を境に、次第に日脚が短くなって行きます。

e0252905_20485694.jpg

なかなか、うまく撮ることができませんが・・・・、
自宅近くの川辺に飛び交う「蛍」です!!

護岸工事の影響で、ここ10年程は、
若干少なかったのですが・・・、
昨年あたりから、再び・・・・、
たくさんの蛍が飛び交うようになりました。

昨夜は、久しぶりに「蛍」を見に、川辺に行ってきました。
周りの田んぼからは・・・、
カエルの大合唱が聞こえてきます。

さて、午後8時過ぎからが、一番の見頃です。
大きな「源氏蛍」が、優雅に飛び交っていました。

e0252905_23521681.jpg


そして、午後9時を過ぎると、
不思議と・・・・、飛び交うのをやめて・・・、
笹の葉や草に、とまり始めます。

10数年前は・・・、
2人の子供たちに引っ張られて・・・・、
虫とり網と虫かごを持って、毎晩のように出かけました。

更に、遡ること・・・40数年前は・・・、
妹と2人で、なたねぼうきとネギぼうずを持って・・・・、
追いかけたことを覚えています。   (^^)

自宅周辺の様子は・・・、
あの当時と変わらないままの風景です・・・。(^^)

しばらくは・・・・、
毎晩、「蛍」の観賞会が楽しめそうです。
[PR]
by akebonofan | 2012-06-21 05:06 | 二十四節気 | Trackback | Comments(2)