京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

<   2012年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2012年が名残惜しいのでしょうか・・・・?

午前中のブログアップで、締めくくったつもりでしたが・・・、
先ほど見た夕暮れの景色が、
あまりにも素敵だったので、「続編」を書いています。(^^)

e0252905_1894566.jpg

午後5時40分過ぎの写真です。
自宅近くの由良川橋から、福知山方面を眺めたものです。

すでに、夕陽は山の向こうにかくれてしまっていますが、
山の端に、夕陽の残光が残っています。

京都縦貫道の由良川大橋のシルエットが、
由良川の川面に映し出されて、幻想的な風景になりました。

早朝の「満月」といい、
夕方の「夕陽の残光」といい、
自然が創り出す美しさに、
寒さも忘れて見とれてしまいました。(^^)

2012年の最後の日に、
素敵なプレゼントをいただいたように思います。

『来年もいい年でありますように!!』
[PR]
by akebonofan | 2012-12-31 18:35 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(0)

「2012年 大晦日」

2012年、12月31日、大晦日です。
e0252905_8261672.jpg

午前6時25分、早朝出勤する家人を見送ったあと、
西に傾く「満月」が、あまりにも美しく・・・、
急いで撮りました。
(来年は、もう少し精度のいいカメラを買いたいと思います。)

いにしえの歌人柿本人麻呂が、
奈良大宇陀の地で見た「月」は、
こんな感じだったのかもしれないなぁーと、
早朝から、しばし、感慨にふけりました・・・。(^^)

それにしても、2012年を締めくくるにふさわしい、
早朝のシーンでした。

e0252905_8262827.jpg

午前8時過ぎ、同じ場所で西の空を撮ってみました。
東の空から、照らす朝陽が山の半分を照らしています。

昨日は、一日中冷たい雨が降り続いていたのに・・・・、
今日は、朝から快晴です。

e0252905_8264571.jpg

例年は、いつも慌ただしくドタバタと過ごしている年末ですが、
今年は、年賀状も早々に仕上げ投函完了、
年末の大掃除も、お店を始めたプラス効果もあって、
いつものように大がかりに、掃除することも省かれ・・・、
少し余裕の「大晦日」になりました。

玄関の花は、一昨日、味噌がめに水をはり、
松、南天、葉ボタンを投げ入れてみました。
(松も南天も、庭からとってきました)
あとは・・・、水引きをつけたら完成です!!

今年も、残すところあと14時間あまりとなりました。
2012年の年賀状に書いた
『夢 辰歳の一年 夢が叶うことを願って!!』が、
叶った一年でもありました。

今にして思えば・・・、
常に、人の前で公言してきたことが、
良い意味で自分にプレッシャーをかけ、
自分を追い込んでいったことが、
『夢』を叶える原動力になったのではないかと思っています。

自分から発信することで、
いろんな人が、仲間が、友人が、家族が、
絡んでくれたこと、
協力をしてくれたこと、
助言をしてくれたこと、
理解をしてくれたこと・・・・・。

それが、私の中で『前へ進む大きな力』となり、
10月18日、念願であった
「山里れすとらん 四季の詩」を
オープンすることができました。

今年一年、新しく何人の人と知り合ったことでしょう。
いただいた名刺の枚数を数えてみると、
ゆうに、100名を超えていました。

「手づくり市やイベント」の出店者仲間の方々やお客さま、
「女性起業セミナー第13期生」の仲間や講師の先生方、
「京都ものがたりブランド塾」の仲間や講師の先生方、
「山里れすとらん」に来店いただいたお客さま・・・etc・・・。
e0252905_9573485.jpg

あらためて、『一期一会 ~出会いを大切に~』の
一年であったと振り返っています。

今年一年、本当にありがとうございました。
『感謝、感謝!!』です。
皆さま、良いお年をお迎えくださいませ!!
[PR]
by akebonofan | 2012-12-31 09:54 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(0)

「新春のよそおい」

11月後半から、
「クリスマスだ!!」
「ダンシングサンタだ!!」
「プレゼントだー!!」
(残念ながら、今年もプレゼントはなかったですがぁー(^^))と、
大変にぎやかに過ぎていった1ヶ月間でした。

今年、秋から作り始めた「シフォンケーキ」ですが・・・・、
私、どうやら・・・・、
ケーキ作りが合っているようで、
毎日、毎回、楽しみながら焼いています。
e0252905_1624923.jpg

さて、クリスマスが終われば、
今度は、もうカウントダウンの始まりです。
「シフォンケーキ」のラッピングも
『新春のよそおい』に衣替えです。(^^)

「赤地に折りヅル」と「黒地に扇面」の2種類です。
e0252905_16243774.jpg

e0252905_1624569.jpg

先日、京都の包材屋さんで購入した
千代紙を使ってみました。
e0252905_16251167.jpg
e0252905_16252556.jpg

年末年始のおみやげに、贈答品にいかがでしょう!!
[PR]
by akebonofan | 2012-12-30 08:12 | あけぼのフェニックス | Trackback | Comments(0)

「今年最後のお客様」 

12月28日、金曜日。
「山里れすとらん 四季の詩」
今年最後のご予約のお客様は・・・・、
わざわざ京都からお越しいただいた4名様でした。
e0252905_0593280.jpg

前日ほどではなかったけれど、
昨日も、なかなか気温が上がらない一日で、
お昼の頃には、雪が降り出しました。
e0252905_10217.jpg

先日までの、「クリスマス」の飾り付けを片づけて、
少し早いけれど・・・・、
「お正月」飾りで、お迎えしました。
e0252905_104669.jpg

午後12時ちょうどにお見えになり、
いつもより、少し早いペースの進み具合でしたが・・・、
最後の「シフォンケーキとおはぎ」「「挽きたて焙煎コーヒー」を
お出しする頃には、午後2時前でした。
e0252905_105936.jpg

『ゆっくり、ほっこりしながら、お料理を楽しんでいただきたい。』と、
10月18日にオープンした「山里れすとらん 四季の詩」。

おかげさまで、舞鶴市内のみならず、
亀岡、京都、宇治から・・・と、
たくさんのお客さま方に、足を運んでいただきました。

貴重な時間を使って、わざわざお越しいただくお客様のために、
これからも、「1日一組限定」をしっかりと守り、
一人でも多くの方に、『ゆっくり、ほっこり』していただこうと、
思っております。
e0252905_162082.jpg

本日、29日(土)から正月休みをいただき、
来年は、1月10日(木)から営業をいたします。

来年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
[PR]
by akebonofan | 2012-12-29 16:21 | 「四季の詩」通信 | Trackback | Comments(0)
e0252905_14521330.jpg

見てください!!
素敵なバックでしょう。

ゴブラン織りの帯地で作られた、手づくりバックです。
シックな色合いが気に入り・・・、
一目ぼれでした!! (^^)

早速、注文をして作っていただきました。

外側には、ちょうど携帯が入るポケットが作ってあり、
とっても便利です。

e0252905_1452265.jpg

バックの内側にも、いくつかのポケットがあり、
ペンや名刺や小物たちが整理できるようになっています。

e0252905_14524023.jpg

さてさて、この方が、バックの作り手です。

「京小物 登古呂(ところ)」の、
八木 篤子さんです。
今年10月~11月までご一緒させていただいた、
「京都ものがたりブランド塾」の同期塾生です。

素敵に年を重ねておられる大先輩ですが、
とっても、前向きで意欲的で、吸収力のある方なのです。

いろんな作品をみせていただきましたが、
まさに、「職人技」です。

大切に使わせていただきます。
ありがとうございました!!
[PR]
by akebonofan | 2012-12-26 15:35 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(0)
ブログを、丸二日間もお休みをしてしまいました・・・。

世の中は、「今年最後の三連休」でしたが、
22日は、「山里れすとらん」お昼に5名様の予約があり、
その後は、年納めの髪カットに美容院へ行き、
夕方からは、シフォンケーキを焼きました。

夕食もそこそこに・・・、
ラッピングをして、出店準備をして(真夜中にゴソゴソと)、
そのまま、寝る時間もなく・・・日付が変わって、
12月23日に突入。
午前4時からは、通常のおはぎ・山菜おこわ・ばら寿司作りでした。
午前6時過ぎには、荷物の最終チェックをしました。

・・・・というのも、今年最後の出店となった
12月23日の「駅ナカふるさと出会い市」は、
地下鉄京都駅改札口前での出店であったため・・・、
e0252905_9481173.jpg

息子から、海外旅行用のスーツケースを借りて、
電車で京都駅へ行くことを選択したので、
荷物は、最小限度が必須でした・・・・。(^^)

しかし、スーツケースの片面に「ブースグッズ」を入れて、
もう片面に「シフォンケーキ」と「ジャム」を入れたら・・・、
男の力でも、ようやく持てる程の重さとなってしまい・・・・・・。
出かける前から・・・、試練の予想が・・・・。(^^)
e0252905_17332951.jpg

午前7時に自宅を出て、
JR長岡京駅から電車に乗り、京都駅に着いたのが、
午前9時20分でした。

これは、地下鉄京都駅改札口側から見た販売ブースです。
この日の出店者は、3ブースで、
右隣は、初出店の「布地のトートバック」の坂口さん
左隣は、常連さんの「絞りのスカーフ」の西村さんでした。

とにかく、京都の中心ターミナルであり、
人の流れは、半端なくスゴイ!!
この日、見た人の数は・・・・・きっと数万人は超えるでしょう!!
e0252905_10234778.jpg

私のブース後ろには、写真画像が流れるようになっていて、
ラッキーにも、「シフォンケーキ」が、
スライドショーで紹介していただいてはいましたが・・・、
改札口から、左右に分かれていく人の目を、
どのようにして、ひきつけるかが・・・・・、
この売場での最大のポイントでした。
e0252905_17345189.jpg

・・・・・・で、
午前10時から午後5時半までの収穫は、
う~ん、売上としては通常出店の「三分の一」でした。
でも、夕方の一時の「駆け込み買い」があり・・・、
その時間帯に、バタバタと結構売れました。(^^)

帰りは、JR線で人身事故があったということで、
地下鉄から阪急に乗り換えての帰還となりました。

どの駅も、エレベーターやエスカレーターが完備の中、
地下鉄四条駅だけは、階段のみ・・、
「悲惨だぁー」と思っていたら、
後ろから来られた家族連れの男性の、
「重いでしょう。階段の上まで持ってあげますよ。」と、
いう温かい言葉に助けられました。
わずか1~2分のことでしたが、
大変助かりました。
『ありがとうございました。』

とにもかくにも、この日、今年最後の出店が終了しました。

「名残り惜しくも終了した綾部志賀郷三土市」
「雪と突風に見舞われた夜久野高原手づくり市」
「早くも1周年を迎えた三和荘手づくり市」
「定番&イチオシの府庁マルシェ」
「アート&クラフト」「ふくち@ドっコイチ」
「赤れんがバザール」「赤れんがフェスタ」
「ほっこりマーケット」などなど・・・・・。

まだまだ、試行錯誤しながらの出店ですが、
まずは、『お客さまに喜んでいただける商品作り&提供』と、
『出店する私自身が楽しめること』が、
何より大切だと思っています。

今年一年お出会いした、数え切れないほどのみなさん、
そして、お世話になった方々、
本当にありがとうございました。

できますれば・・・、来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by akebonofan | 2012-12-25 11:39 | 手づくり市&イベント | Trackback | Comments(4)
12月16日、日曜日。
丹後ドライブの最終目的地 久美浜にある、
「丹後ジャージー牧場 ミルク工房そら」に行ってきました。
e0252905_20253822.jpg

前々から、ここの「ミルクジャム」が気になっていたので、
一度行ってみたいなぁーと思っていたのと、
今年、10月23日に行われた「商品づくり交流会」で講演された
「ミルク工房 そら」のオーナーである平林文子さんに、
お会いしようと・・・・・。
e0252905_202689.jpg

工房の前にある木のベンチでは、
大きな猫が二匹、とても気持ち良さそうに、
お昼寝の真っ最中でした。

ベンチのすぐ横には、牛舎があり、
たくさんの乳牛が、牧草を食べたり、水を飲んだり、
お昼寝をしたりしていました。

e0252905_20263189.jpg

工房の中は、販売スペースがあり、
こちらは、セルフのカフェスペースになっていました。
e0252905_20264535.jpg

明るい店内は、木のぬくもりがいっぱい感じられる、
たいへん居心地のいい空間になっています。
e0252905_20265781.jpg

暖炉にも火が入っていました。
丸太のままの腰かけが、さりげなく並べてあり・・・。
e0252905_20271235.jpg

私たちは、窓際の席に座り、
「カフェセット」をいただきました。

「ミルク工房 そら」のソフトクリームと、
挽きたてコーヒーのアメリカーノです。
e0252905_2059415.jpg

窓から見えるのどかな田園風景は、
ついつい長居をしたくなる・・・、
そんな気持ちにさせる場所だと感じました。(^^)
e0252905_20354473.jpg

お店の方に話をして、
オーナーの平林さんを呼んでいただきました。

2ヶ月ぶりの再会です!!
小柄な方ですが、いつもキラキラと輝く目をしておられる方で、
乳牛に対する熱い想いとバイタリティーを感じる女性です。
(写真を撮り忘れたので、
「京都ものがたり」のを使わせていただきました。)
e0252905_20355645.jpg

これは、「牧場のダックワ―ズ」というお菓子です。
新商品だそうで、つい先日「お菓子コンクール 努力賞」に、
輝いたお菓子だとか・・・。

来店記念に、8個入りの「ダックワ―ズ」を買わせていただきました。
フワフワのメレンゲ生地にはさんだクリームとミルクジャムが、
品良く合っているお菓子です。

帰り際、「ミルク工房 そら」の『そら』の意味を、
平林文子さんにおたずねしてみました。

もともと、平林さんの生家がこの地域の中の、
「ちょっとだけ高い場所」にあったそうです。
この地方では、「ちょっとだけ高い場所のことを
『そら』」と言うそうです。
小さい頃から、「『そら』の文子ちゃん」と呼ばれていたそうです。

そんな経緯もあって、
この地を居住とした祖先に感謝する意味をこめて、
「ミルク工房 そら」と命名されたそうです。

この地でしか、味わえない「ジャージー牛乳」や「バター」
「チーズ」や「アイスクリーム」「焼きたてピザ」等々・・・を、
お召し上がりに、ぜひ一度お出かけしてみてください。

きっと、素敵な時間が過ごせること、請け合いです!!

[information]
「ミルク工房 そら」
京都府京丹後市久美浜町神埼411
℡ 0772-83-1617
http://tango-jersey.co.jp
[PR]
by akebonofan | 2012-12-22 09:28 | ぶらり散歩 | Trackback | Comments(0)
12月21日、金曜日。
今日は、二十四節気の一つ「冬至(とうじ)」です。

e0252905_1335917.jpg

 ~北半球では、正午の太陽の高度が一年中で最も低く、
  昼が最も短く、夜が最も長い日です。
  この日を境に、次第に日脚が長くなっていきますが、
  寒さはますます厳しくなっていきます。

  地方によっては、小豆粥や小豆で煮たカボチャを食べ、
  冷酒を飲み、柚子湯に入って身体を温める風習があります。~

e0252905_1343484.jpg

これは、昨日の「冬の空」です。
あまりにも、澄んだ青さだったので撮ってみました。

案の定、今日は朝から霧雨が降っています。
天気予報によれば、強烈な「クリスマス寒波」が来るとか・・・。

本日は、夜に6名様の予約(山里れすとらん)が入っているので・・・、
カボチャも柚子風呂もおずけになってしまうかな・・・?
いやいや、無病息災が何より大切ですね。(^^)
早めに準備して、ほこほこの柚子風呂に入るとしましょう!!

それにしても、寒~いです!!
[PR]
by akebonofan | 2012-12-21 05:07 | 二十四節気 | Trackback | Comments(0)
12月18日、火曜日。
火曜日は、「あけぼのフェニックス」の定休日です。

午後1時から午後9時30分まで・・・、
一度の休憩をとることもなく、焼き続けた「シフォンケーキ」です!!
(焼き出すと・・・手が離せなくなります・・・。)

午前から焼き始める予定が、遅くなってしまい、
袋入れまでしたら、こんな時間になってしまいました。(^^)
e0252905_17193099.jpg

「プレーン」「抹茶&丹波大納言小豆」「にんじん」「トマト」の、
4種類=48個が焼きあがりました。
e0252905_4242189.jpg

1つ1つ、ていねいにラッピングをして仕上げていきます。
なかなか、根気のいる作業ですが・・・・、
私にとっては、ポップをつけたりラベルを貼ったり・・・と、
とっても楽しい時間なのです。(^^)
e0252905_1721030.jpg

e0252905_17211987.jpg

ミニサイズを多めに焼きましたが・・・、
ホントは、大きいサイズの方が、めっちゃお得なのです。
特に、このクリスマスサイズの紙型は、
通常サイズより、容量が大きいんですよ。(^^)
e0252905_17213274.jpg

昨日、水曜午後便で、
京都市内で委託販売をお願いしているお店へ発送しました。
e0252905_17215424.jpg

12月21日(金)、22日(土)、23日(日)の
3日間は、地下鉄京都駅中央改札口の、
「駅ナカ ふるさと出会い市」へ出店します。
今年、最後の出店です。
21日(金)、22日(土)は、委託販売で、
23日(日)は、私自身が京都駅へ出向いて販売いたします!!

さらに・・・・、
12月21日(金)、22日(土)、23日(日)、24日(月)は、
京都の台所「錦市場」にある、
「野菜スープの店 しづくや」でも、
このシフォンケーキを販売していただきます。

だだし、数に限りがありますので、
『売り切れ 御免』になっています。
その点、ご容赦願います!!
[PR]
by akebonofan | 2012-12-20 04:58 | あけぼのフェニックス | Trackback | Comments(0)
12月16日、日曜日。
網野町での「丹後ばら寿司ランチ」の後・・・、
久しぶりに「琴引ヶ浜」に行ってきました!!
e0252905_1785713.jpg

私にとっては、10数年ぶりの3回目、
家人にとっては、初めてだったようです。

冬の日本海を眺める人など、そういないだろうに・・・、
広い駐車場に着くと、管理人のおじさんが寄って来られて、
「500円いただきます!!」と言われました。(^^)
e0252905_2019356.jpg

ホントに、冬の日本海を眺める人はそうそうおらず、
先客は、わずか1組だけでした。

私は、昔から「海を眺めるのが好きな人」で、
若い頃も、そして、今でも、「思い立って、海へ行く!!」は、
結構、よくあります。(^^)
e0252905_17103421.jpg

この日は、冬晴れの日だったので、
浜辺に寄せる波も、わりと穏やかでした。

しかし、この寄せ来る波・・・、
引き返す波・・・、
いつ見ても、何度見ても、「心に響くもの」がありますよねぇ・・・・。
e0252905_17105355.jpg

「駐車代金500円のオマケ?」なのでしょうか?
管理人のおじさんが、浜辺へ案内してくれて、
『鳴き砂=琴引ヶ浜 砂の鳴かせ方講習」をしてくださいました。(^^)

管理人のおじさんいはく・・・・、
 ~「今日は、12月に入って2回目のラッキーな日=天気がいい
  (砂が鳴く日)です。」
  「鳴き砂は、まず、お天気であることが必須条件です。
   砂が乾いていないと、砂は鳴きません。」
  「靴底を引きずるように歩くと、『キュッキュッ』と鳴きます。」等と。
   大変ていねいに説明をしていただきました。~
e0252905_17112263.jpg

これは、その説明をもとに、
家人が引きずり歩きをしているところです。
『キュッ、キュッ、キュ』 
~見事に、砂が鳴きました!!
e0252905_17114632.jpg

ところで、先客1組のカップルは・・・・、
e0252905_17115770.jpg

晴れていると言えども、この冬空の浜辺に、
レジャーシートを敷いて、
いつまでも、いつまでも、ひたすらに・・・、
海を眺めておりました・・・・。(^^)
e0252905_17121260.jpg

「若いって・・・、こうゆうことなんですよねぇー・・・?」と、
感心をしつつ・・・、
我われの世代は、30分足らずで、琴引ヶ浜をあとにしました。

「琴引ヶ浜」は、全長2000m近くある海岸線で、
日本最大の鳴き砂の浜として全国的に知られています。

鳴き砂は、主成分が「石英(セキエイ)」からなり、
美しい水ときれいな砂浜だけに許される「鳴き砂」なのです。

e0252905_17135087.jpg

余談ですが・・・・、
私が焼いている「シフォンケーキ」の材料の塩は、
ここで採れた「琴引の塩」を使っています。
[PR]
by akebonofan | 2012-12-19 05:07 | ぶらり散歩 | Trackback | Comments(0)