京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

<   2013年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今回の花は、
生花用に買った「シンビジューム」と、
ずいぶん前に買った「ポトス・エンジョイ」です。

e0252905_17433526.jpg

「シンビジューム」は、生花として活けるのに少し長すぎたので、
2つ取り去ったものです。

「シンビジューム」の名前は、
ギリシャ語で「船」を意味する言葉から転じたらしく、
つぼみを船に見立てているとか・・・。

分類 =ラン科
原産地=インド・東南アジア・オセアニアなど
花言葉=「飾らない心」「華やかな恋」「誠実な愛情」「深窓の麗人」など

e0252905_17434989.jpg

「ポトス・エンジョイ」
観葉植物の中でも、たいへん育てやすいもの。

分類 =サトイモ科、エビブレナム属
原産地=南太平洋ソロモン諸島

どうやら、この取り合わせは、長期観賞型ですね。
さてさて、どれくらいもつでしょうか・・・??
ポトスは、そのうち、根が出てくるかもです。 (^^)
[PR]
by akebonofan | 2013-01-31 05:07 | トイレの花たち

「あなたへ」

1月27日、日曜日。
事前に電話予約しておいた、
映画『あなたへ』を観に、
綾部にある中丹文化会館へ行ってきました。

e0252905_1331414.jpg

その日の朝は、20cm近い積雪だったので、
綾部まで行けるだろうか・・・・?
キャンセルしようか・・・・・・?と、
午前中悩んでいたのに、
綾部に着くと、空は快晴。
雪はどこにあるの・・・?状態だったので、
逆に私がびっくりしました。(^^)

e0252905_1331193.jpg

 
 ~80歳を超えた高倉健が、「寡黙さ」の魅力を
  最大限に発散させながら、富山から長崎までの
  1200kmの旅に出発。
  故郷の海への散骨を願う、亡き妻からの「一枚
  のハガキ」から始まる旅の中でのさまざまな出
  会いから見えてくるものとは・・・?
  そして、散骨を終える中で明らかにされる妻の
  想いとは・・・・? ~

主演 高倉 健の魅力なのか?
老人問題を扱った作品ゆえか?
この日の観客は、いつになく多かったように思います。

また、年齢層も結構高かったように思いました。

e0252905_14383678.jpg

「中丹文化会館友の会」に入会して、3年。
1年間1000円の会費を納めるだけで、
見逃してしまった映画や落語、コンサート等々が、
少しだけど、会員割引で観賞できるというもの。

今回の映画は、私1人で観賞したけれど、
1人3枚までのチケット予約というのも、嬉しいかな。(^^)

今年も、せいぜい活用させていただこうと思っています。
[PR]
by akebonofan | 2013-01-30 05:07 | シネマめぐり
セミナー13期生の新年会ランチのあと、
なごり惜しく居残った数名で、「二次会」へと。
・・・といっても、「カフェ二次会」です。(^^)

e0252905_7535842.jpg

同じ「COCON KARASUMA」の2階にある
『スーホルム・カフェ+ダイニング」です。

e0252905_7563966.jpg

正確には、中2階といった方がいいのかも知れません。
吹き抜けになっている下方には、
「COCON マルシェ」のブーステントが見えています。

e0252905_1143734.jpg

『スーホルム・カフェ』には、
「COCON KARASUMA」ができた時から、
一度は行ってみたいなぁーと思っていた店です。

e0252905_11432474.jpg

この「唐草模様のすりガラス」が、
烏丸通りから見上げると、大変よく目立っています。

e0252905_11444360.jpg

私が注文したのが、これ!
「マロンカフェラテ(ホット)」 700円
e0252905_1145657.jpg

こんなかわいいクマの絵を描いてあるのを、
注文している仲間も。
e0252905_11455056.jpg

これは、ランチについているデザートです。
プラス300円で、注文できるそうです。

ここは、中2階でとっても温かいのと、
居心地がいいのとで・・・・、
まわりのお客さんの顔ぶれはほとんど変わらず・・・。

私たちも、お互いの近況報告や起業に向けての
進捗状況など、情報交換していたら・・・・・、
もう午後4時近くになっていました。 (^^)

e0252905_11461665.jpg

久しぶりの再会で、
それぞれに、しっかりと「熱い思い」と、
「明日へのエネルギー源」を充填して、
次の再会を誓いました!!
[PR]
by akebonofan | 2013-01-29 05:07 | ランチ&カフェしおり
1月26日、土曜日。
昨年5月から7月に受講した、
「京都府女性のための起業セミナー第13期生」の新年会ランチが、
四条烏丸「COCON KARASUMA」でありました。
e0252905_2043976.jpg

午前11時前に「COCON KARASUMA」に着くと、
1階入り口を入ったスペースで、
ちょうど「COCON マルシェ」が始まるところでした。
e0252905_20435049.jpg

「COCON マルシェ」は、毎月第2・第4土曜日に、
「COCON KARASUMA」で開かれています。

2011年から始まった、都心型マルシェで、
店舗ブースも統一感があり、とってもオシャレなマルシェです。
「旬の野菜とこだわり食材の市」というテーマで、
月に2回(月1回もある)開催されています。
e0252905_11183553.jpg

この日は、運よく開催日だったので、
少し早目に来て、マルシェをリサーチしました。

8~10軒の店舗ですが、知り合いが来ていました。(^^)
(左から2軒目、ただ今、開店準備中。)
滋賀県高島市の「中村水産」。
三代目の若き好青年 中村 清作さん。
『いやぁー。お久しぶり、元気!! ここにも、来てるんやねぇー!!』
(2012年3月26日「青空個展市」のブログに登場しています。)
e0252905_20261773.jpg

さて、新年会ランチは3階の、
「ザ・ブッフェスタイル・サラ」です。
第13期生16名中、12名の参加は優秀ですよねぇー。(^^)

土曜日のランチタイムとはいえ・・・・、
広い店内も満席。
そして、店の外でも順番待ちの椅子に座って待っている人・・・人。
e0252905_20263622.jpg

店内は、薄暗がりの設定になっていて、
各コーナーごとに、番傘がレイアウトしてありました。
ここは、紫番傘の食事コーナー。
e0252905_20452544.jpg

これは、私がチョイスしてきたプレートです。
e0252905_20295178.jpg

こちらは、赤い番傘のデザートコーナー。
e0252905_20273884.jpg

これが、私の分。
ただし、右上のソフトクリームは、
写真を撮る寸前に、隣人がツッーと移動してきました。(^^)
e0252905_2028764.jpg

13期生の仲間たちです!!
受講中から、とても結束力のいい仲間だと自画自賛しています。

この日は、2歳のお子さま連れもあり、
また、3人目をただいま妊娠中(4カ月)という仲間もいて、
総勢プラスアルファ14名の参加でした。
e0252905_1117155.jpg

時間制限もあって、少し慌ただしい新年会ランチでしたが、
同じ「志」を持つ仲間との、久しぶりの楽しい再会でした。
e0252905_1117308.jpg

この日、たくさんいただいた中での、イチオシメニューがこれ!
「白菜とリンゴのマリネ タラゴン風味」
これは、研究するに値するお味でしたね!! (^^) 
[PR]
by akebonofan | 2013-01-28 05:07 | ランチ&カフェしおり

「冬はつとめて。」

1月27日、日曜日午前7時。
玄関を開けて外を見ると・・・・雪。

e0252905_7343386.jpg

しかし、予想していたよりは、ずうっーと少なくて、一安心。(^^)

e0252905_1062112.jpg

目測で、20cmくらいでしょうか??
数日前の予報では、「近畿北部50cm」
昨日の予報では、「30cm」
今冬は、今のところ・・・この地に限り予報より、積雪は少なめ。

e0252905_7345338.jpg

なにやら・・・・空が少しだけ明るい?
明るいというより・・・やや薄紫のよう・・・。

朝陽のかげんで、こんなふうな状態になるのでしょうか?

「き ・ れ ・ い」

e0252905_735825.jpg

しばらくすると、今度は向かい側の山の一部分が明るい。
(決して・・・写真焼けしているのではありませんよ。(^^))
これも、朝陽のなせる技なのでしょうね・・・。

e0252905_8192869.jpg

こんな朝は、
かの清少納言の「枕草子」冒頭文が浮かんできました。

 ~春はあけぼの。
  ・・・・・・・・・・・・・。
  夏は夜。
  ・・・・・・・・・・・・・。
  秋は夕暮れ。
  ・・・・・・・・・・・・・。
  冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず、
  ・・・・・・・・・・・・・。~ 
  
    『冬はつとめて。』=冬は早朝がいい。趣(おもむき)がある。


また・・・雪が降り出しました。
しばらくは・・・、雪の日々が続くのでしょうか?
[PR]
by akebonofan | 2013-01-27 08:38 | つれづれなるままに
「山里れすとらん 四季の詩」の、
御膳コースメニューが替わりました。
e0252905_16392446.jpg

「手打ちそば御膳」、「四季替わり御膳」共通の、
スタートメニューのみ紹介いたします。

e0252905_16213051.jpg

黒塗りの利休盆にのせた
白い長方形皿の「前菜」と、
片口小鉢の「向付」です。

e0252905_16215319.jpg

まずは、「前菜」。

右の竹カゴは、「帆立の黒胡椒炒め」
笹葉の上にのせたのは、
「もめん豆腐のふきのとう味噌添え」
  ~昔からこの時期に、苦みのある食べ物を食すと、
   1年間、風邪知らず夏バテ知らずで、
   元気に過ごせると言われているそうです。~

e0252905_1622960.jpg

ブロッコリーの新芽を巻いた「サーモンのマリネ風」
「白ネギの合わせ味噌添え」
「炙りウルメ」

e0252905_16222418.jpg

次に、「向付」。
「菜の花の辛子酢みそ和え」

新メニューのイチオシは・・・・、
「菜の花」と「ふきのとう」です!!

苦みを食していただいて、
今年1年、元気に過ごしていただけますように!!
[PR]
by akebonofan | 2013-01-26 07:05 | 「四季の詩」通信
先日、柿の木の下で見つけた「ふきのとう」が、
もう、こんなにも大きくなっていました。
e0252905_1514964.jpg

これは、「水蕗のふきのとう」です!!
さっそく、玄関に飾ってみました。
e0252905_1775385.jpg

まだ、春にはほど遠い寒中ですが・・・・、
「ふきのとう」を見ていると、
春の足音が、少しずつ少しずつ・・・感じられます。

でも、また、今日からお天気は下り坂です。
昨年のような「2月寒波」と「大雪」は、
できれば遠慮したいのですがねぇー。

本日は、「四季の詩」に、
亀岡から予約のお客様が、3名来店されます。
しかも、その中の1名は、昨年の11月に続いて、
2回目の来店です。
有り難いことです。

寒い時期ですが、少しでも春を感じていただけたらと
思います。
[PR]
by akebonofan | 2013-01-25 05:07 | つれづれなるままに
先日の日曜日。
城下町出石を散策している時に、見つけた看板です。
e0252905_15543540.jpg

「喫茶蔵 風空路欧 Fu・Ku・Ro・U」とあり、
漢字だけでは・・・読めませんでした。
e0252905_16251786.jpg

店の前にたどり着くと、
白壁の二階建ての建物が現れました。
e0252905_16135979.jpg

この日のランチは、ヘルシーな「出石そば」だったので、
急遽・・・・、カフェタイムにしようということで。
e0252905_15552599.jpg

店内に入ると、カウンターに座っておられた、
常連客らしい数人の視線が、一斉にこちらに向けられたので、
ちょっと、びっくりでした。(^^)

高い吹き抜けや木の素材と白壁が、
ゆったりと落ち着いた雰囲気をつくり出していました。
e0252905_15553669.jpg

カウンター以外は、4~6人がけのボックス席が、
5席、設えてありました。
e0252905_15555413.jpg

コーヒー専門店のようで、
何種類かあるケーキは、どうやら外注のようでした。

私は、「りんごのムースケーキ」を、
家人は、「抹茶ロールケーキ」をコーヒーとセットで。
e0252905_1556675.jpg

「りんごのムースケーキ」は、
甘さを極力おさえたケーキに仕上がっていました。

私も今は、「シフォンケーキ」だけですが・・・・、
3年後くらいしたら、こんなケーキも作ってみたいものですね。
e0252905_15562057.jpg

コーヒーカップには、
「風空路欧」のロゴマークが入っていました。
『ス ・ テ ・ キ !! 』

飲みやすくとても美味しいコーヒーでした!!

自宅からはちょっと遠いですが、
また来てみたいなぁーと思えるお店でしたよ。
[PR]
by akebonofan | 2013-01-24 05:07 | ランチ&カフェしおり
1月21日、月曜日。
舞鶴市主催の「『農』と『食』に関わる女性起業ステップアップ講座」に、
参加してきました。
午前9時20分から、午後5時過ぎまでの強行スケジュールでしたが、
とても、中身の濃い内容がびっしりと詰まっていて、
『得る』ところがたくさんあった講座でした。
e0252905_13393037.jpg

場所は、舞鶴市政記念館の特別会議室で、
1日中、座学でしたが・・・・、
ひじ掛けのあるなかなか座り心地の良い椅子でした。

慢性睡眠不足の私ですが・・・・、
珍しく睡魔が襲ってくることもなく、1日を過ごせました。

これは、帰りがけの午後5時過ぎに撮影したもので、
赤れんががライトアップに映えて、とても綺麗でした!!
e0252905_13395475.jpg

「夢を持って事業を起こし、ともに歩む人を見つける」
という講座テーマでした。

2時間目「フェイスブック演習」です。
NPO法人京都女性起業家協議会 閔(ミン)ナレ さん。

韓国生まれの20代の方で、2010年から京都市在住。
日本語も上手に話されるし、
なんと言っても、パソコンに精通しておられる方です。

今回は、「フェイスブック」作成の手順を、
ていねいに演習していただきました。

ちなみ今、私のフェイスブック
「山里れすとらん 四季の詩」は、
この、閔さんに個人レッスンしていただいて作成したものです。(^^)
e0252905_13221169.jpg

3時間目「女性起業が1億円を売り上げるとき」と題して、
講演いただいたのは、
滋賀県東近江市 (有)池田牧場 池田喜久子 さん。

農業者(酪農家)が、加工品に着手して、
牛乳から「イタリアンジェラード」を滋賀県内初で売り出し、
その後、鹿肉料理「農家レストラン 香想庵」もオープンされ、
・・・・現在に至るスーパーウーマンです。

実は、この方とはスゴイ「ご縁」があって、
昨年10月に自宅でオープンした
「山里れすとらん 四季の詩」プランを作るにあたり、
一番最初にきっかけを作っていただいた方なのです。

4年前の2月に、NPOのツアーコースの1つで訪れた
「池田牧場」でお会いしたのが、この池田 喜久子さんでした。

『香想庵』という「農家レストラン」を見せていただいて、
あれこれ考えながら、帰宅した夜に、
ツアーの感想を、家人に話す中で、生まれたのが・・・・、
「自宅を使って、『山里れすとらん』を始めよう!!」でした。

今回は、酪農家の嫁が時代の流れの中で模索し、
「農業(酪農)を大事にしつつ、いろんな事へチャレンジする姿」を、
じっくりと聞かせていただきました。 

池田さんの話の中には、私が日頃想っていることと、
相通ずる「ピンポイントの言葉」がいくつもありました。

「山里れすとらん」がオープンして、ちょうど3ヶ月!!
池田さんの後姿を仰ぎ見つつ、
大きな大きな目標にして、日々進みたいと思います。
e0252905_1322242.jpg

4時間目「振り返りの時間」
今回のコーディネーターでもある、
京都府立大学生命環境科学研究科 中村 貴子 さん。

人間の記憶というものは、ホントに危ういものであり、
忘れることが多いのが、人間でもある・・・ということで、
本日の講座に1日参加した者として、
まず、「自分の現状分析」をし、
「心に残ったキーワード」を書き留め、
「1年後の私」
「5年後の私」・・・を、
A3の紙に書いてみましょう。
そして、自宅の良く見える場所に、
この紙を貼って、常に見続けることが、
「夢を叶える」ことにつながる・・・と提案されました。

そして、最後に参加者全員が、
「宣言~これからの私~」を発表し合いました。

後回しになりましたが、1時間目は・・・・、
「がんばろうと思っている人に。小さな融資のお話あれこれ」
日本政策金融公庫舞鶴支店 支店長 田上 和彦 さん。

起業を始める時に、必ず必要なものとして、
開業資金・運転資金・・・・。
現在の日本の経済の動向から、金融のお話まで、
大変詳しく、かつ、ていねいに説明していただきました。

写真の撮り忘れに気がついたのは、
2時間目になってからだったのです。
申し訳ありませんでした・・・・・・・。

定員15名のうち、綾部市や京丹波市からの参加もあり、
年齢も20代から70代と幅広くて、
『熱い思い』を持った方々と、ご一緒できて、
充実した1日を送らせていただきました。

企画していただいたスタッフの方々、
素敵な講座をありがとうございました。

感謝いたします!!
[PR]
by akebonofan | 2013-01-23 05:07 | 女性起業セミナー
「出石と言えば、やはり、『皿そば』でしょう!!

先日のぶらり散歩でのランチは、『皿そば』にしました。
e0252905_19531735.jpg

しかし、出石へのドライブが決まったのが・・・・、
自宅を出てからだったので、
いつものような事前リサーチをしないまま、
出石の町を歩きながら、お店を決めかねていました。

そんな、こちらの心情を見透かしたように、
四辻に立っていた客引きの若い女性の、
見事なまでの誘導に、内心感心しながら・・・・(^^)
「鶴屋」というお店に入りました。
e0252905_8334259.jpg

硝子戸を開けて店内に入ると、
大きなストーブをとり囲むように、
腰掛け用の椅子が並べてあり、
その後ろには、書画が書かれた屏風がありました。

昔からの大きなお店らしく、屏風の後ろの棚には、
白い出石焼が所狭しと並べてありました。
e0252905_1956346.jpg

出石のシンボル「辰鼓楼」が、
池の向こうの石垣の上に見えるという立地がいいのか・・・?
四辻に立つ若い素朴な女性客引きの「誘導」の効果か・・・?
広い床張りの店内には、お客さんがほぼ満席状態でした。
e0252905_1956594.jpg

私たちが案内されたテーブルの後ろには、
こんな大きな「木彫りのトラ」があり、
通りかかる小さな子どもは、必ず立ち止まって見ていました。
e0252905_19545028.jpg

さてさて、「出石の皿そば 1人前5枚?」の登場です。

 ~先出の客引き女性の「見事な技」を紹介しましょう。
  まず、店の玄関先ではなく、数m離れた四辻に立っていて、
  最初の声かけは、
  「もう、皿そばは食べられましたか?」
  (客)「・・・・・・・。」
  この時すでに、エプロンのポケットから小さな紙を出しながら、
  「この券を店内でみせていただくと、皿1枚サービスになります。」
  客に、サービス券を見せつつ、
  立ち止まらせずに数歩歩いていると、
  もう店の玄関先に着いていて、
  その玄関先には、別の店員がいて、
  「さあさー、どうぞ。」と硝子戸を開けるといった流れ。~

しばらくの待ち時間の間、
家人と、「誘導分析」をしてみました。
「皿そば」の激戦区ならではの、
巧みなまでの「誘導」に、ほんと感服することしきり・・・。(^^)

こうして、「1人前6枚!!」がテーブルに並びました。
この日は、大変寒い日だったので・・・、
皿そばは、とりあえず・・・1人前ということにしました。
e0252905_1955248.jpg

「1人前6枚」を分けるのでは、
「皿そばを食べた!!」という実感は、
微々たるものでしたが・・・、それでも、美味しかったです。

仲良く半分と思いましたが、
それぞれの体格に合わせて・・・・・・、
家人は、4皿、私は2皿にしました。 (^^)
e0252905_1954167.jpg

大型夫婦の私たちが、
もちろん、皿そばだけで終わるはずもなく・・・、(^^)
温かいそばもいただきました。

私は、いつものように「にしんそば」を、
家人は、「天ぷらそば」をペロリといただきました。

それでも、この日は、とてもヘルシーなランチでした。

ヘルシーなランチを終えて、店を出る時、
入れ違いに入店された若い家族連れの会話が聞こえてきました。
「あの店員さんの誘導ってスゴイ。完璧ちゃう!?」

思わず「クスっ!」って、笑ってしまった私でした。(^^)
e0252905_1958212.jpg

お腹が満足し、目的地に歩き出してすぐに、
この「傘」が目に留まりました!!

わざわざ、「出石」で買うものではないかもしれず・・・・、
家人も「傘好きやなー。何本あるんや?」と苦笑いの様子。

しかし、雨に濡れると、桜模様が浮き出てくるという
『不思議な傘』です。
ちょっと、魅力的だし、遊び心があると思うのですが・・・?

「山里れすとらん」用に、玄関先の傘入れに置こうと。
もちろん、傘の色は・・・・『紫』です!!
1本、1500円でした。

良い買い物をしたと思っているのは、
きっと、私だけ・・・かな? (^^)
[PR]
by akebonofan | 2013-01-22 10:13 | ランチ&カフェしおり