京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

<   2013年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

8月27日(火)、13時~15時。
舞鶴ふるるファームで開催された、
「第1回 地場産の魅力、再発見!!」に参加してきました。
(主催=舞鶴ふるさと地域づくり協議会・舞鶴市)

e0252905_19201825.jpg

参加者は、生産者、加工者、飲食経営者、調理師の方たちです。
講師には、奈良県五条市にある町家レストラン「五條 源兵衛」の
料理長 中谷 暁人氏が来舞されていました。

e0252905_19204973.jpg

セミナー会場は、ふるるファーム内にある、
「農村レストラン ふるる」です。(この日は、定休日でした。)

e0252905_19221276.jpg

大きな籠の中には、地元舞鶴でこだわりを持って
生産されている食材が、ずらりと並んでいました。
セミナーの後半では、中谷料理長が、
これらの食材を生かした料理を作っていただいて、
試食ができるというものです。

「万願寺甘とう」「赤じゃがいも」「なす」「夏みかん」「トマト」
「アルギットぶどう」「まんがんたまご」「純米吟醸酒 いのり」
「大浦の米」「神埼の塩」「舞わかめ」「日本ミツバチ 五老ヶ岳ハ二―」
・・・・などにまじって、

e0252905_19224547.jpg

「あけぼのフェニックス」の商品も、4点並んでいました。(^^)
「減塩みそ」「万願寺とうがらししょうゆ漬け」
「にんじんジャム」「万願寺甘とうジャム」です!!

e0252905_19282483.jpg

まずは、奈良から来られた中谷料理長のお話です。
築240年の町家を改装して、「町家レストラン 五條 源兵衛」を、
開業されるまでの経緯を説明され、
何にこだわったレストランを展開しているか・・・ということも!!

若干32歳の若さで、地域挙げてのプロジェクトを任せられただけの、
確固とした信念が感じられる方だと思いました。

私は、当然のことながら、初対面でしたが・・・・、
挨拶をして、名刺交換をした時から、
『いつか、近いうちに、「五條 源兵衛」に行こう!」と即決!!003.gif

e0252905_1930160.jpg

さて、いよいよ、料理の開始です!!
ふるるのスタッフの方々だけでなく、
参加者にも飛び入りで、手伝ってもらうというスタイルでした。

こちらは、2人の料理長の共演シーンです。
右側は、「ふるる」料理長 谷口 隆氏。
左側が、「五條 源兵衛」料理長 中谷 暁人氏。

e0252905_19331345.jpg

先付は「万願寺甘とう」でした。
今回は、「万願寺」を生のままいただきました。
しかも、我が商品「にんじんジャム」と「万願寺甘とうジャム」が、
ここで登場で~す!!
ディップとして、万願寺につけて食べるというものです。
中谷料理長の発想に、驚きの005.gif私でした!!

『万願寺を生で食べるのも初めてでしたが・・・・。
このジャムが、とっても美味しかったです。』
・・・・・うれしい感想をたくさんいただきました!!
あらためて、胸を張って提供できる商品であることを実感しました。043.gif

e0252905_19334930.jpg

中谷料理長から、「お母さん、おかあさん」と呼んでいただき、
飛び入りで「たまみそ」つくりのお手伝いをしている母です。

食材は、あけぼのの「減塩みそ」と、「まんがんたまご」の卵黄、
「純米醸造酒 いのり」、ハチミツ「五老ヶ岳ハ二―」です。
なんとも、たいへんぜいたくな「たまみそ」ができあがりました。

e0252905_19342762.jpg

「たまみそ」は、素揚げした「なす」につけていただきました。

e0252905_193733.jpg

こちらが、「海と山のほんまもん in ふるるファーム」と題した、
本日のおしながきです!!

どのお料理も、素材を見事に活かされていて、
たいへん美味しゅうございました!!

今回、このセミナーに参加させていただいて良かったのは、
地元舞鶴の生産者の方、加工の方、飲食の方たちと、
顔見知りになれたことです。
地元でありながら、お会いする機会も、お話する機会もなかったのですが、
これを機に、いろんな広がり、いろんなつながりが、
生まれそうな予感がしています。(^^)

私のとって、たいへん収穫の多い、有意義なセミナーでした。
ありがとうございました。040.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-08-29 05:17 | あけぼのフェニックス | Trackback | Comments(2)
ここ十年程、自然界から受ける大小さまざまな被害?は、
数知れないものがあります。

今年の「千年猛暑」といい、「局地的な集中豪雨&洪水」といい、
東日本の「地震」「津波」も、自然界から受ける『天災』でしょう。

しかし、「原発」は言うに及ばず、完全なる『人災』なのに・・・、
あの大企業 東京電力の態度や対応は許しがたいものがあります。
また、国の遅すぎる対応は、呆れるばかりです。
「3.11」からどれほどの時間が過ぎたと思っているのでしょうか・・・??

・・・・・と言って、私に何ができるのでしょうか・・・?
微々たることですが・・・、折りにつけ、
怒りを声に出すことくらいかも知れません・・・・・・・。008.gif

さてさて、本日は、前置きが長くなってしまいましたが、
我が家周辺でも、小さな自然界の異変が起きています。

e0252905_10511121.jpg

先日の朝、自宅敷地横の畑が掘り返されていました。

e0252905_10531298.jpg

真夜中に掘り返したとみられる跡が、三ヶ所もありました。
これだけ、掘り返すということは・・・・「イノシシ」のしわざであろうと・・・。

e0252905_916393.jpg

今朝も、また、新たに掘り返された跡を発見しました!!

e0252905_9191610.jpg

こちらは、近くにある柿の木の枝を折っています。
「イノシシ」が、真夜中にジャンプしながら、柿の枝を折るのでしょうか・・・?
真っ暗な中、相当の持続時間を要しておるのでしょうか・・・?
「イノシシ」があの体形で、ジャンプする姿を思い浮かべると、
思わず苦笑してしまいました。041.gif

e0252905_921275.jpg

こちらは、玄関前の庭です。
苔を掘り起こした跡があります。

どうやら・・・、こちらは「イノシシ」ではなく、
家族会議の結果・・・(^^)、「アライグマ」であろうと・・・。
数日前、父が、自宅横にある梅林で見かけたと!!

e0252905_9234079.jpg

しかし、幸いなことに、すぐ近くに置いている花のプランターは、
荒らされていません・・・。

とっても、不思議なことですが・・・、有り難いことです。
私の毎日の花の世話を気遣ってくれているのでしょうか・・・??
「まさかぁー!!」とは、思いますがね・・・。005.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-08-28 10:07 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(0)

「秋の気配・・・」

先日、久しぶりに降った雨のおかげでしょうか・・・・・?057.gif
いえ、「処暑」も過ぎたことだし、、
やはり・・・確実に季節は巡っているということでしょうか・・・・?

見上げる空の様子にも、「秋の気配」です。

e0252905_6133570.jpg

昨日午後、スマホが言うことを聞かなくて・・・・007.gif
福知山のdocomoショップへ向かう途中に見上げた空です。

e0252905_615621.jpg

稲穂も、こんな感じで、まだ青々としているかと思いきや・・・・・、

e0252905_616322.jpg

その隣の田んぼの稲穂は、ずいぶん黄金色になっていました。

私は、素人なので全くわかりませんが・・・・、
品種が違うのか? 田植え時期が違ったのか?
隣合わせの田んぼの風景ですが、おもしろいものだと感じました。

e0252905_6165982.jpg

こちらの稲穂は、ずいぶん頭を垂れているようです。
これくらいになると、稲刈りをされるのでしょうか・・・・?

・・・・そんなことを思いつつの帰り道、
国道175号線沿いの大江町では、早くも、稲刈りが始まっていました。

e0252905_619161.jpg

慌ただしかった8月も、早くも最終週に突入してしまいました。

あちらこちらで、稲刈りが始まると、
いよいよ「秋」ですかね・・・・・??

いやいや・・・、
今日あたりから、また、しばらくは暑さが戻るようですがぁ・・・・058.gif

でも、確実に少しずつ少しずつ・・・・、季節は「秋」へと!!
[PR]
by akebonofan | 2013-08-27 06:56 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(2)
8月22日、木曜日。
3年前に乗った「京都府女性の船30回生 3班(食生活)」の
仲間たちが、「山里れすとらん 四季の詩」に来てくれました!!

e0252905_1113452.jpg

中央の石橋さんが音頭をとってくださったようで、
6名の仲間が、舞鶴まで来てくれたのです。(^^)

久しぶりの再会で、近況を話したり、食べることに夢中で・・・・、
写真をとってなかったことに気がついたのが、帰り間際でした。

そのため、一足先に帰った、京都市の杉山さんは写っていません。
早退理由は・・・・、明日の野菜の出荷準備のためとか。
京都市内の上鳥羽で農家をしている方で、
大阪の「大丸心斎橋店」に搬入しています。
この時期、農家さんはお休みがないんですよねぇー。
・・・・でも、その合間をぬって、
わざわざ、舞鶴まで来てくれたことがありがたいで~す。

さて、左端から紹介いたましょう。
家田 洋子さん(久御山町)
本田 栄さん(木津川市)
石橋 セツ子さん(京田辺市)
長束 民子さん(亀岡市)
関  真千子さん(亀岡市)

e0252905_1163721.jpg

こちらは、「2010KYOあけぼのフェスティバル」(京都テルサ)の、
ワークショップに参加した時の写真です。
おそろいのピンクのTシャツまで作っての参加でした。070.gif060.gif

3班15名の仲間は、『食生活』をキーワードに集まった仲間で、
ふんわりとした雰囲気を保ちつつも、結束力が強く、
この他にも、「2011 地域力文化祭」(みやこメッセ)には、
オリジナル商品「焼きドーナツ」をひっさげて参加しました!!

昨年秋にオープンした「山里れすとらん四季の詩」を
スタートさせるキッカケの場となった
「女性の船」(3泊4日北海道研修)で、寝食を共にした仲間です。

今までも、そして、これからも・・・、
私にとって、とても心強い「3班の仲間」です。040.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-08-26 12:05 | 「四季の詩」通信 | Trackback | Comments(0)
先日、堺へお墓参りに行った日のお昼・・・・、
「何にしようか? 和食・・・?」と会話しながら、車を走らせ、
通りすがりにたまたま見つけた「秀寿司」さんに入りました。

e0252905_2225350.jpg

日曜日のお昼時・・・・、
座敷は詰まっていたので、カウンター席に座りました。

e0252905_224976.jpg

スターチスとかすみ草?のドライフラワーです。
これくらいの迫力があると・・・・・、なかなかのものです!!
見栄えがしますねぇー。001.gif

e0252905_2253575.jpg

「麦茶」が出てきました!!
ちょっとした小鉢のような湯のみ茶碗?に、
氷がめいっぱい入っていました。
この趣向もなかなかのものだと・・・・・。

カウンターの向こうに見える、
「もみじ」と「青じそ」の緑がとってもキレイでした!!
「お寿司やさん」って、感じですよね。(^^)

e0252905_227611.jpg

家人が注文したのは、「だし巻き定食」。

「出し巻き」「高野豆腐の煮もの」「マグロの甘露煮」
「みそ汁」「ごはん」「香の物」
お昼のサービスランチで、これに、「コーヒー」がついて、
1050円でした。

e0252905_22115238.jpg

この「出し巻き」の大きさには目を見張りました!!005.gif

食いしん坊の私は、「味見しよっ!!」と称して・・・、
ちゃっかりと、一切れの半分をいただいちゃいました!!

e0252905_22131895.jpg

私が注文したのは、「おまかせ寿司」。
港町舞鶴の住人が・・・・、堺まで来て「寿司」を所望いたしました。003.gif
笑っちゃいますよね!!041.gif

「にぎり寿司7貫」「沖縄のもずく」「みそ汁」に「コーヒー」がついて、
2100円です。
(私の方が・・・・倍も高い・・・。(^^;))

e0252905_22143512.jpg

やはり、「寿司」と看板を揚げておられるだけあって・・・・、
ネタは大きく、美味でした!!
しかも、私の好きなネタばかりでした。(^^)

ふらりと入ったお店でしたが、「大正解!!」でした。
[PR]
by akebonofan | 2013-08-24 05:15 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(0)

「南宗寺」~堺市~

8月18日、堺での墓参りの後・・・・・・、
「南宗寺」に行ってきました!!
「利休屋敷址」にほど近い所にありました。

最近は便利なもので、「スマホ」で検索して、
「ナビ」に目的地をセットしての・・・道案内です。

たぶん、道路地図だけだったら・・・・辿り着けていないでしょう。(^^)

e0252905_1539596.jpg

「臨済宗大徳寺派 龍興山 南宗寺」です。 
「南宗寺」は、堺で生まれ育った千利休が、
茶の師匠 武野紹鷗とともに茶の湯を大成させた場所ですが・・・・、
他にも、「徳川家康」「三好長慶」「沢庵和尚」など・・・、
多くの偉人ゆかりの寺であることを知りました。
      
e0252905_15404795.jpg

「南宗寺」と言えば・・・敷地内にある
この大きな蘇鉄(そてつ)の木が有名です。

初めて見る実物は、やはり、迫力がありました!!

e0252905_18204269.jpg

たいへん広い敷地内を歩き出すと・・・、
まず、目に入ったのが「甘露門(山門)」。

e0252905_11145737.jpg

「甘露門」の近くにあった、「東西南北」と「干支」をあらわしたもの。

e0252905_11171617.jpg

いよいよ、境内に入っていきます。
禅寺にふさわしく、「夏休み座禅会」が行なわれているようです。

e0252905_11191837.jpg

「千家一門の墓」です。
中央に、千利休。
右側に、不審庵(表千家)、官休庵(武者小路千家)、
左側に、今日庵(裏千家)が並んでいました。

毎年、2月27日の利休忌には、全国各地から一門の方々の参拝で
たいそう賑わうとか・・・・。
一度、訪れてみるのもいいかもしれませんね。

e0252905_1121657.jpg

e0252905_1124635.jpg
e0252905_11263387.jpg

こちらは、利休好みの茶室「実相庵」

e0252905_17253985.jpg

茶室の前にある庭に敷かれた那智黒石の一角に、
「水琴窟(すいきんくつ)」がありました。
竹筒を耳にあてると・・・・・・・、
「キーン」と澄んだ水滴の音がはっきりと聞こえてきました。
午後2時過ぎの最も気温の上がる時間帯でしたが、
しばし、「涼」を楽しませていただきました。060.gif

e0252905_172654100.jpg

こちらは、「仏殿」の天井にある「八方睨みの龍」です。
この天井の龍図は、どの場所に立ち止まって見上げても・・・・・・、
自分を見つめてくれている龍だそうです。

龍は、水の守り神とされ、日本では古来より、
木造建築の防火を目的に井戸を掘り、
龍を祀る風習があるとされてきたようです。

e0252905_1729557.jpg

e0252905_18263730.jpg

境内には、こんな素朴な土塀が見られました。
この日、「水琴窟」の音色とともに、
私の心に残った「土塀」でした!!

e0252905_17304741.jpg

そして、帰り際見つけた「一会塚」。
利休が極めた茶の湯の奥義を、
門弟であった山上宗二が「山上宗二記」としてまとめたもの。
私が大切にしている言葉「一期一会」も、
後世に伝えるべく書き留められていたのです。

今年の「堺詣で」は、
念願の「利休詣で」もできて、とても有意義な一日となりました。
[PR]
by akebonofan | 2013-08-23 18:41 | ぶらり散歩 | Trackback | Comments(0)
8月18日、日曜日は、
一年に一度の「堺詣で」に行ってきました!!
家人の両親のお墓参りです。

e0252905_17391613.jpg

その帰り道、長年の念願がかない・・・・・、
千利休を訪ねてみようと・・・・・・・!!016.gif

茶の湯を大成させた千利休は、堺で生まれ育ちました。
こちらは、その屋敷址です。

e0252905_17405994.jpg

・・・・・暑い中・・・先客がいました。
自転車に乗った姉弟連れのようでした。
何かを書き留めている様子だったので、話しかけてみました。(^^)

『こんにちは!! 夏休みの自由研究ですか・・・??』
『はい、史跡をいくつか回って調べています。』

ファイルにはさんであるプリントを見ると・・・・、
「千利休屋敷址」 「与謝野晶子生家」・・・・などの文字が並んでいました。
高校の夏休みレポートだそうです。

e0252905_17421652.jpg

屋敷址には、右奥に「椿の井戸」と、
その井戸の上に建てられた、「井戸屋形」があるだけでした。

「井戸屋形」に使われている木材は、
利休ゆかりの大徳寺山門の部材で作られています。

『商人でありながら、切腹』という最期をとげることになった・・・、
その発端?とも言われている大徳寺山門の部材が使われているというのも、
「あえて」なのかな・・・・?と、感慨にふけりながら・・・・、
見させていただきました。

『利休さん、会いにきましたよ!!』とつぶやいてみました・・・。001.gif

この日も、とにかく暑い日でしたが・・・・・、
茶の湯の大原点の場所に立てたことが、
とってもうれしい「ぶらり散歩」となりました。(^^)
[PR]
by akebonofan | 2013-08-21 18:13 | ぶらり散歩 | Trackback | Comments(0)
8月19日(月)付、「両丹日日新聞」の
「ふるさと味紀行」というコーナーに、
『万願寺とうがらし醤油漬け』を掲載していただきました。

e0252905_10161298.jpg

「両丹日日新聞」は、両丹地域で毎日発行されている地方紙です。
私が住んでいる舞鶴では、発行されていませんが・・・・、
家人が福知山で仕事をしている関係で、毎日読ませていただいています。

先日、取材に見えたディレクターの方が、
母を見て・・・・・、
2年前に同じ「ふるさと味紀行」で、掲載したのと同一人物であることがわかり、
たいへん驚かれていました・・・。(^^)

その時は、万願寺とうがらしとジャコの炒めもの」というタイトルでの取材でした。
当時の母は、「大庄屋 上野家」という農家レストランで、
もてなし料理を任されていた時期だったので、
そこでの取材だったようです。

今回は、私つながりからの取材だったために、
母娘であったとわかり、驚かれていました。

今回の掲載が、「万願寺とうがらし醤油漬け」のPRに、
さらには・・・「山里れすとらん 四季の詩」を、
知っていただくキッカケになれば、幸い・・・と感じています!!040.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-08-20 10:58 | 「四季の詩」通信 | Trackback | Comments(0)

「暑くても・・・・・」

「暑いですねぇー。」が、
毎日の挨拶がわりになっている今年の夏。

ここ一週間ほど、連日「40度」を超えたいうニュースが続き、
「37度」や「38度」の体温以上の気温でも驚かなくなってきています・・・・・・。
「慣れ」とは・・・おそろしいものです。025.gif
このままいくと・・・近い将来「天変地異」が起きるのではないでしょうか・・・??

e0252905_10133175.jpg

今日も、まばゆいばかりの青空を眺めながら・・・・、
この暑さで、うれしいことは・・・・ただ一つ。
毎日の洗濯物が、幸せすぎるほどカラッと乾くことで~す!!003.gif
洗濯好きの私は、ついつい・・・2回3回と・・・・洗濯機を回してしまいま~す!!041.gif

e0252905_11195840.jpg

さて、猛暑、酷暑の8月の最中だというのに・・・・・・、
「山里れすとらん 四季の詩」にお越しくださる方が増えています。

8月はきっと暑過ぎて・・・予約は少ないだろうと思いきや・・・・・、
なんのなんの・・・有り難いことに、8月は詰まってしまいました。
・・・とはいえ、なにせ、「木・金・土の1日1組限定」ですからねぇー。

でも・・・、最近、「木・金・土のみ営業」「1日1組限定」にして大正解だと・・・、
つくづく感じています。

もう、3日続きでお客様がお越しくださる時は・・・、
3日目あたりから、太ももがパンパンになります。(^^)
最初の頃は、何でミイリするんだろうと・・・・思っていましたが、
料理を運ぶ量が増えると、太ももがスクワット状態になるようです。041.gif
これぞ!! うれしい悲鳴で~す!!

e0252905_10144029.jpg

これは、「山里れすとらん」にお越しくださるお客様にお出ししている「おしながき」です。
イベントで知り合った、手づくりハンコの「Green room」さんに、
お願いして作っていただいた落款が、赤のアクセントになっています。

予約いただくときに、お名前がわかれば、
お越しくださる方全員のお名前を入れさせていただいています。

ほぼ9割以上のお客様が、この「おしながき」をお持ち帰りくださって
いるのも、うれしい限りです。

本日午前中に、ご予約のお電話をいただいたお客様は、
4月に一度お越しくださった方でした。
その時の「おしながき」が気に入ったので、
今度は、一人ひとりの名前を入れてほしい!・・とのご依頼でした。
ありがたくお受けさせていただきました。

暑くても・・・・・「山里れすとらん 四季の詩」にお越しくださる
お客様に感謝の思いでいっぱいです。
ありがとうございます!!040.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-08-19 14:21 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(0)
先週、「野田川ひまわり22万本」が空振りに終わった日・・・、
(連日の大雨で、ひまわりが首折れ状態になり、
ナント、開期途中で中止になってました。)
宮津駅前の「富田家(とんだや)」に行って来ました!!

十年ぶりの「富田家」でしたが・・・・、
外観も店内も以前と変わらないお店です。(^^)

e0252905_10561684.jpg

この外観、きっと開店した時から、一度も変わっていないと思います。
私が、初めて「富田家」に来たのが、30年前です。

宮津駅をおりて、まっ正面にある「富田家」は、
知る人ぞ知る「安くて、美味しいお店」なのです。
地元の人はもちろんですが・・・・・、
観光客の方々も、わざわざ「富田家」目的で来られる方もたくさんあります。

e0252905_10571080.jpg

この日も、平日なのに、店内は満席状態!!
クーラーもあまり効いていないんだけど・・・・・・・、
猛暑の屋外で待つよりは・・・・と、
席が空くのを、何人もの人が通路に立って待っていました。

e0252905_10582544.jpg

店内は、民芸調の雰囲気で、
天井の梁から、たくさんのヒョウタンがぶら下げてありました。
とっても、年季の入った黒光りのするヒョウタンです。

テーブルは、大きな木株を切ったようなのが、いくつも並んでいます。
自然のままなので、時には、テーブルに穴があいていることも・・・。

また、このお店では、相席は普通。
ラッキーにも、私と友人は、カウンター席の端っこに陣取りましたが・・・、
めっちゃ、クーラーが効いていない場所でしたぁー。008.gif
(カバンの中にあった扇子が、大活躍でしたわ。)

常にお客さんが多いので、こちらから積極的に声をかけないと・・・、
気がついていただけない時がたまにあります・・・。(^^)
この日は、カウンター席だったので、すぐに気づいていただけました。

e0252905_10573398.jpg

さて、注文したのは、「お刺身定食」 (1050円) で~す!!

私は、最初、「かば焼き定食」を頼んだのですが、
すでに、品切れ・・・・で、「お刺身定食」に変更しました。

「お刺身」「焼きサバ」「みそ汁」「ご飯」「つけもの」
実にシンプルな定食です。

e0252905_17211973.jpg

しかし、「お刺身」のお皿の中は・・・・、
「サザエ」「いくら」「タコ」「いか」「マグロ」「鯛」「はまち」・・・・と、
7種類もの魚貝類が盛りだくさんに並んでいました!!043.gif

結構、食べがいがあり、大満足の2人でした!!
この日は、あまり忙しそうだったので、
定食を頼んでしまいましたが・・・・・、
奥のお品がきを見ながら、一品料理を頼むのがベストでしょう!!
とにかく、新鮮!!
「美味し~い!!」お店です。

「ごちそうさまでした!!」
[PR]
by akebonofan | 2013-08-16 17:37 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(0)