京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

<   2013年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「2013年大晦日」

2013年の大晦日も、早朝?いや深夜からよく働きました。(^^)
午前2時から、一人チマチマと・・・・・ビン詰め作業をしました。
「万願寺とうがらし醤油漬」です。

e0252905_16441791.jpg

赤く熟した「万願寺とうがらし」の色が何とも鮮やかで~す!!

e0252905_16435530.jpg

午前6時過ぎ、作業完了!!
105本の「万願寺とうがらし醤油漬」が出来上がりました!!

e0252905_171744.jpg

8種類のジャムです。
「柚子」 「柿」 「梅」 「万願寺甘とう」
「にんじん」 「キウイ」 「いちご」 「ブルーベリー」です。

e0252905_17172015.jpg

こちらは、「万願寺とうがらし醤油漬」。
これから、気の遠くなるような・・・ラベル貼り作業が残っています。
お正月仕事です・・・・。007.gif

e0252905_17174595.jpg

今年は、大掃除もそこそこのまま・・・・大晦日になってしまいましたが、
なんとか・・・・注連縄を飾り終えました。

2013年も、残すところあと5時間余りとなりました。
この1年を振り返ってみると・・・・、
初詣のおみくじが、人生初?(確か・・・)の「大吉」で、
その後も、「大吉」をひき・・・・、
「大吉2連チャン」で始まった1年であったと思います。

3月には、東京品川で開催された「ひめこらぼセミナー」に行ってきました。
応募したプレゼン原稿が、全国6名の中に選ばれ、
「万願寺とうがらし醤油漬」のプレゼンテーションをしてきました。

この5分間のプレゼンテーションがきっかけとなって、
6月には、群馬県前橋市で、
8月には、岐阜県大垣市で、
11月には、岐阜県関市で・・・講演をさせていただきました。

また、「山里れすとらん 四季の詩」が、10月18日で、
オープン1周年を迎えることができました!!
たくさんのお客様方に支えられての1周年であると感謝しています。

2013年、今年の漢字が『輪』でしたが・・・・・、
私にとっても、いろんな方面で、
たくさんの『輪』が広がった1年であったと思います。

今年1年本当に、ありがとうございました!!
みなさま、よいお年をお迎えください。040.gif040.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-12-31 18:57 | Trackback | Comments(0)
12月23日から1週間続いた、ジャム奮戦記がようやく峠を越しました!!
我ながら・・・・・驚異的な集中力と根気だと・・・・自画自賛かな?003.gif041.gif

後半戦のジャム奮戦記は・・・・・、
e0252905_994665.jpg

e0252905_994747.jpg

12月28日、リンゴを入れて熟成してあった「キウイ」の皮をむき、賽の目切りにします。

e0252905_9102598.jpg

12月29日、午前中に「キウイジャム」が出来上がりました!!
なぜか「キウイ」は、トロピカルな=夏というイメージが強い果物ですが、
旬は、冬の果物です。
ビン詰めすると、緑色の中に種の黒がとっても鮮やかなジャムになります。

e0252905_9102764.jpg

12月29日、午後は、「にんじんジャム」づくりでした。
素朴なにんじんのオレンジ色が、
やさしさと華やかさをかもしだしてくれるジャムになります!!

e0252905_9105697.jpg

さて、今回のジャム奮戦記の大トリは・・・・・、
やはり、「ブルーベリージャム」です!!

昨日、29日午後のクール便で、
南山城村植田農園から8kgのブルーベリーが届きました。

e0252905_911352.jpg

品種は「ハイブッシュ」。
皮が薄く、ジャム作りには最適のブルーベリーです。016.gif

e0252905_9114423.jpg

e0252905_912823.jpg

砂糖を投入したら・・・・・、
ひたすらひたすら・・・・・アク取り作業です。

e0252905_9133711.jpg

e0252905_914359.jpg

さあ~て、出来上がりました。
完成で~す!!060.gif070.gif060.gif

「柚子」 「柿」 「いちご」 「梅」 
「キウイ」 「万願寺甘とう」 「にんじん」 「ブルーベリー」の8種類のジャムです。
予定数量より若干少なくなりましたが、それでも、合計700本近く出来ました。

まずは・・・・・一息つきたいところですが・・・・、
このあと、仕上げ作業のラベル貼りが残っています。008.gif
1月3日発送の商品なので、
やはり、予定通り年末年始はないかな・・・・・。033.gif

『やるしかない!!』っていうところですね。004.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-12-30 10:32 | ジャム工房 | Trackback | Comments(0)

「雪国の始まり」

いよいよ・・・舞鶴の地も、雪国の始まりとなりました!!

e0252905_11513136.jpg

昨日、12月28日の早朝です。
予想していた積雪量よりはるかに少なかったものの・・・・・、
雪国の朝は、「雪かき作業」から始まります。

昨年までは、81歳の父がこまめに雪かきをしてくれましたが・・・・、
今年9月に腰を悪化させてしまったので、
雪かき作業は、どうやら・・私の仕事になりそうです・・・・。008.gif

e0252905_11522747.jpg

本日、12月29日。
2日続きの積雪でしたが、朝から快晴!!
朝陽に輝く、裏山と梅林に咲いた雪の花です!!

e0252905_1152058.jpg

昨日は、午前7時から小1時間の雪かきにとどめましたが、
今日は、午前8時から作業開始です。

e0252905_11522265.jpg

自宅の敷地が広い分・・・・・、
雪かきも相当の重労働になります。

手抜きをして、雪かきをしないでいると、
車のタイヤで踏み固められた雪が、凍ててしまうことになります。
こまめな作業が、大切だということです。

e0252905_11533816.jpg

今年は、雪かきグッズも、いろいろと買い揃えました。006.gif
雪の量や場所によって、使い分けようと思っています。

下がコンクリートの場所であれば、腰への負担が少なくて
たいへん使いやすいのが、真ん中の「ラッセル」というグッズです。
これは、なかなかの優れものです!!003.gif

e0252905_11535997.jpg

自宅前の敷地と、私道から市道に通じる道まで、
約2時間の雪かき作業が、終了しました。
4分の1の段階で、娘が帰ってきたので、少しですが手伝ってくれました。

今日は、お天気がいいので、あとは太陽が少しは溶かしてくれるでしょう。058.gif

e0252905_1154199.jpg

キラキラと朝陽にきらめく雪。
見ている分には、とっても素敵なのですが・・・・・・ね。001.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-12-29 13:56 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(0)
あけぼのジャムおばさんの奮戦記は、連日続いております。

e0252905_1751520.jpg

12月26日は、「梅ジャム」作りでした。
梅干しを作る時期に、梅農家さんから、
毎年、梅ジャム用にといただくのが山ほどあって・・・・、
下処理をして、冷凍しておいたものを使います。

前日に煮あがらせて一晩おいた梅です。
煮あがらせて一晩おくことで・・・・強烈な酸味がほどよく抜けるのです。

e0252905_176513.jpg

指でつまむとつぶれてしまうほどに、やわらかくなった梅を、
皮を取り去り、種を取り除きます。
一つ一つがすべて手作業なので、根気のいる作業になります。

e0252905_1772643.jpg

今回は、梅6kgのジャム作りです。
私のジャム作りのポイントは、「絶え間ないアク取り」かな・・・と思っています。
これでもか、これでもかと浮き上がってくるアクをひたすら取りつづけます。006.gif

e0252905_1774666.jpg

e0252905_177261.jpg

きれいな金色の「梅ジャム」が出来上がりました!!
パンやトーストに、ヨーグルトにもよく合います。
また、これからの季節には、お湯に溶かして「梅湯」としていただくのも、
いいかも知れませんね。001.gif

e0252905_1783713.jpg

さて、12月27日は、「いちごジャム」作りでした。
今年の6月に「ふるるファーム」から仕入れたいちごを、
下処理をした後、冷凍にしておいたものです。
今年最後のいちご5.5kgです。

大粒の「章姫いちご」ですが、今回は丸ごとにはせずに、
つぶし状態のジャムにしました。

e0252905_1785361.jpg

こちらも、たいへんきれいな紅色になりました。

e0252905_1791525.jpg

「いちごジャムソース」として、使っていただきたいと思います。
少し、ゆるめの「いちごジャム」です!!

さてさて、今週月曜日からようやく取りかかったジャム作り。
「柚子」に、
「柿」に、
「梅」に、
「いちご」まで・・・・
到達しました!!

しかし、まだ・・・・・・、
「にんじん」、「万願寺甘とう」、「キウイ」、「ブルーベリー」・・・・と残っています。
ジャムおばさんの寡黙で甘~い奮戦記は、まだまだ続きま~す!!060.gif070.gif060.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-12-28 04:01 | ジャム工房 | Trackback | Comments(0)
国道175号線は、舞鶴から兵庫県明石市に通じる道路で、
昔から、交通量のたいへん多い(トラックが全体の2割)道路として知られています。
「175号線」をもじって・・・・「イナゴ街道」とも呼ばれています。

e0252905_4282078.jpg

「イナゴ」は、くねくねとしたカーブが多い道路ですが、
その中にあって、この辺りは、めずらしく直線道路になっています。

ここは、舞鶴市志高という場所で、岡田下地区とも言います。
私が住んでいる岡田上地区からは、車で5分くらいの位置にあります。

9年前の平成16年10月23日の台風20号の大洪水では、
観光バスが水没し、乗客がバスの屋根の上で一夜を明かしたことで、
全国的に知られた場所になりました。

ちょうど、この並木の一本が、「命をつなげた木」です。
9年前の台風20号の水位は、並木の半分くらいの高さ、
道路右側の三階建ての二階玄関まで水は押し寄せたそうです。

夜、帰宅途中で車を乗り捨てた何人かの人が、
朝まで、二階玄関のわずかなスペースに身を寄せ合って、避難していたと聞きました。

e0252905_4284227.jpg

今、由良川流域にある、志高地区では「築堤工事」が、進んでいます。
素直に、「進んでいます」と言いたいところですが・・・・・、
超ハイスピード化した現代にあって・・・・、
あの9年前の「大教訓」が、ものの見事に生かされないまま、
今年9月16日の台風18号の大洪水となりました!!

「築堤」が完成しきらない中での、由良川の氾濫は、
未完成の部分から、濁流の水が怒涛のように押し寄せました。
まさに、あれよあれよという間の浸水だったのです。

秋の収穫前の田畑にあった、農作物も全滅でした。
道路沿いの店舗や住宅にも、9年前とほぼ同じ水位の水と泥が、押し寄せました。

福知山にある家人のスポーツジムも同様ですが・・・・・、
「9年のうちに、2度も1階丸ごと水没」を経験してしまったのです。

店舗であっても、意気消沈ですが・・・・・、
自宅ならば・・・・その胸中たるや・・・いかばかりでしょうか・・・・・。

家人のジムの両隣3軒の民家の方たちは、
家を取り壊されて、すでに、引っ越されたと聞きました・・・・・。

e0252905_4294292.jpg

e0252905_43113.jpg

e0252905_4324553.jpg

現在、由良川下降流域の綾部市・福知山市・舞鶴市のいたるところで、
このような風景に出会います。

今年の夏ごろまでは、ダラダラとやっているように見えた工事も、
最近は、毎日通るたびに、工事は確実に進んでいるように思えます。

しかし、『2度あることは、3度ある!』という言葉があります。
『3度目の正直』が、やって来ないうちに早急の完全完成が望まれます。

築堤が途切れていては、何にもならないということは、
『2度目の大教訓』にしてもらわねば・・・・と思います。

e0252905_4331449.jpg

志高地区の築堤の真横に、平屋建ての民家があります。

願わくば・・・・・・・この築堤の高さを上回わるような大洪水が、
起こらないことをひたすら願うばかりです。

先日の新聞に、「2013年京都府10大ニュース」が載っていました。
第2位が、「桂川・由良川の大氾濫」
そして、第1位は、「福知山花火大会爆発事故」でした。
身近なところで、心痛むニュースが多かった2013年でした。

今年も、あと「4日」となってしまいました。008.gif008.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-12-27 15:22 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(0)
今年は、綾部の「北斗農園」さんから、柚子を30kg、
京都大枝の「田原農園」さんから、富有柿を30kg仕入れました。

「早く加工に取りかからないと・・・。」と思いつつ・・・・、
ようやく、優先順位が回ってきて、今週から連日のジャムおばさんです!!060.gif070.gif060.gif

e0252905_4192421.jpg

e0252905_4195079.jpg

柿は、柔らかくなるまでに皮を剥いてしまわないと処理が大変なので、
皮を剥いて、賽の目切りまでの下準備は、すでに完了していました。
3kg入りの袋が、全部で8袋できました。

e0252905_42037.jpg

柿は、他の果物と違って、
果物自体が、たいへん控えめな(上品な)味なので、
たとえば・・・・・、ヨーグルトに合わせるとヨーグルトの酸味が勝ってしまって・・・・、
「柿」の存在が、どこかに飛んで行ってしまいます。

それゆえに、「柿ジャム」の加工は、難題です。
先月、お邪魔した岐阜県の「柿りん」さんの「柿ジャム」は、
ペースト状にしたものを、やや甘めにしっかりと煮詰めてありました。

しかし、私のジャムのモットーは、
『甘さひかえめ、ゆるいジャムソースで素材を活かす!』です。
やはり、その基本は崩さずに行きたいと考えています。

賽の目切りの柿なので、ヨーグルトにも滑り込みセーフかと・・・。
カナッペにもよし。
また、「柿」もクリームチーズとよく合います。

今回の「柿ジャム」のワンポイントは、
通常の仕上げは、レモン汁で締めくくるのを、
「柿」と相性のいい「柚子汁」にしました!!006.gif006.gif
もちろん、柚子は「北斗農園」さんの柚子です!!

う~ん!! なかなかの上出来だと、まずは、自画自賛!!041.gif003.gif041.gif

e0252905_420194.jpg

ビン詰めした後は、しっかりと煮沸&殺菌・脱気と作業は続きます。

e0252905_4211260.jpg

今回は、「柿ジャム」10kgの加工となりました。
150g入りが、51本。
100g入りが、66本の完成で~す!!049.gif

前日は、「柚子ジャム」10kg。
150g入りが、50本。
100g入りが、50本。

e0252905_4213914.jpg

右手前が、「柿ジャム」。
左向こうが、「柚子ジャム」です!!

「柚子ジャム」は、これからの季節・・・「柚子茶」としても、
楽しんでいただけると思います。

さて、今日(26日)は、「梅ジャム」づくりに取りかかりま~す。
でも、その前に午前中は、「注文弁当」があるのでした・・・・。

まだまだ、ジャムおばさんの年末の試練は、続きそうです!!047.gif047.gif
大晦日で終わればラッキー!!
年越しをすることになるかも知れません・・・。007.gif

『ファイト!! 一発!!』です。
[PR]
by akebonofan | 2013-12-26 05:17 | ジャム工房 | Trackback | Comments(0)
京都に住んでいる息子が引っ越しをすることになりました。
西京極から河原町に移るのですが・・・・・、
何せ・・・・8年間住んでいたマンションを出るのですから、
なかなか後片付けと掃除が大変なのです。002.gif

しかも、年の暮れの慌ただしさの中での引っ越しです。
私の頭の中では・・・・ジャムの加工品作りのスケジュールが、
怒涛のように押し寄せているのですが・・・・、
息子も私同様に、睡眠時間が短い人なので、
いやおうなしに、自分のことは後回しになってしまいます・・・。008.gif

・・・・・・と、そんなこんなで、連日の京都通いとなりました。(^^)
この日は、ようやくの最終日で、京都駅近くの「ヨドバシカメラ」へ、
家電製品を買いに行ってきました!!

e0252905_17594342.jpg

さて、この日の遅いランチは・・・・、
京風スパゲティー「先斗町入ル(ぽんといる)」にしました!!

「京風」・「スパゲティー」・「先斗町」・・・・・、
この意外性が、またまた京都らしいというか!!016.gif

正直・・取りたてて、スパゲティーが食べたいというわけではなかったのですが、
お店の名前に魅かれて、思わず入ってみようと思った次第であります。041.gif041.gif

e0252905_180564.jpg

冬のおすすめ「京野菜のサラダバー&ドリンクセット」です。

e0252905_181726.jpg

小鉢に盛り盛りの「京野菜のサラダ」です。
ナント・・・・お代わりをしてしまいました!!003.gif

お豆腐のサラダが、なかなかよかったですね、

e0252905_1811467.jpg

こちらは、「たらこと湯葉と丹波しめじの青じそ風味」。
たらこのセンター盛りが、ちょとした驚きでした!!(^^)

e0252905_1814537.jpg

こちらは、「賀茂なすと丹波しめじと厚切りベーコンのトマトソース」。
大盛りの注文は、息子です。

e0252905_182931.jpg

「京風切り昆布」がついていました。
「お口直し」ということでしょうね。

e0252905_1823326.jpg

料理の締めくくりは・・・「コーヒー」です!!

コーヒーカップではなく、湯呑タイプの器でした!!
お皿とお揃いのものでした。

この日のランチも、いろいろ新しい発見がたくさんありました。

まさに、『忙中閑あり』のランチでした!!
[PR]
by akebonofan | 2013-12-25 09:27 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(0)

「柚子風呂」~冬至~

先日、12月22日は、二十四節気の一つ「冬至」でした。

e0252905_18205569.jpg

「冬至」と言えば・・・・・、「柚子風呂」です。
父が、ちゃんと「柚子」を入れてくれていました。

e0252905_18214376.jpg

綾部の北斗農園さんから分けていただいた「柚子」たちです。

e0252905_1822096.jpg

「柚子」に加えて、「オゾン風呂」の効果もあいまって・・・・・、
体は、ほこほこ!!001.gif001.gif
なんとも、幸せ気分の「いい湯」でした。
[PR]
by akebonofan | 2013-12-25 04:22 | つれづれなるままに | Trackback | Comments(0)
本当に慌ただしく毎日が過ぎていきます。
いや、ダッシュで駆け抜けていっています。008.gif008.gif

e0252905_15133479.jpg

これは、河原町五条に出現したブルーのイルミネーションです!!

12月20日、金曜日の夜は、
「女性起業セミナー13期生」の忘年会でした!!

予定より多くの7名の参加となり、
午後7時から、京都市下京区御幸町高辻角にある
地中海料理のお店「アンティーブ」で楽しい宴会が始まりました。

今回は、京都市内に住んでおられる中村さんが、
11月に起業されたお祝いを兼ねての忘年会で~す!!016.gif

 
e0252905_15135087.jpg

7名そろったところで・・・・・乾杯で~す!!068.gif068.gif

今夏7月13日に、「四季の詩」に来店してくれて以来・・・、
5ヶ月ぶりの再会です!!

e0252905_15142133.jpg

「レーベンブロイ」のビールと、
「自家製サングリア」です。
特に、生フルーツがたくさん入った「サングリア」は、大人気でした!!

e0252905_15143055.jpg

さてさて、シェフのおまかせコースの始まりです!!
まずは、「前菜の盛り合わせ」。
盛りだくさんに、9種類もあります。

e0252905_1515371.jpg

途中、撮り忘れが多々ありました・・・・008.gif
こちらは、「骨付き鶏肉料理」です。
お肉の下には、味のしみ込んだマッシュポテトが敷き詰められています。

e0252905_15151692.jpg

「ピッツア」です。
これが、また絶品でした!!

それぞれの近況報告に、大いに花が咲いて、
どっかりと腰を下ろした忘年会のお開きは・・・・、
午後11時近くになっていました。
ナント・・・・・・4時間も、食べて、飲んで、おしゃべりしました!!003.gif041.gif003.gif
とっても、楽しい「13期生の忘年会」でした!!
・・・・・途中誰かが、『次は、新年会だねー!』などと、言っていたような・・・・・。(^^)

13期生のメンバーの中では、最年長の私ですが、
たくさんの若いメンバーから、毎回「元気」と「刺激」をもらっています。

今後も、定期的に情報交換をしながら、
「セミナー13期生の集い」が、続いていくことを願っています。
みんな、良いお年をお迎えくださいね!!001.gif040.gif001.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-12-23 16:30 | そとごはん | Trackback | Comments(0)

素敵なカップル

昨日は、素敵なカップルにお越しいただきました。
e0252905_7172062.jpg

e0252905_7174772.jpg

テーブルの中央には、こんな花を飾ってみました!
e0252905_7213553.jpg

昼過ぎにお客様が到着されました。
京丹後市網野町の彼と、
京田辺市の彼女です!♪♪♪

とっても素敵なカップルですが、
お友達だそうです。
お二人とも、私の知人です。001.gif

e0252905_733917.jpg

e0252905_7333939.jpg

向付は、<鶏肉と水菜の柿ドレッシング添え>です!

e0252905_7351738.jpg

e0252905_7354248.jpg

好評の<富有柿の天ぷら>です!(^O^)

e0252905_7365047.jpg

最後のデザート膳です。
<おはぎ>
<お米のシフォンケーキ>
<ぶどうジャム>
お飲物は、お二人とも、
<抹茶=由良川の雫>でした。

久しぶりの再会の場に、
四季の詩を選んでいただきました。
ありがとうございました(^.^)(-.-)(__)
[PR]
by akebonofan | 2013-12-21 07:13 | 「四季の詩」通信 | Trackback | Comments(0)