京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ガレリア亀岡バラ園

「思い立ったが吉日」を、即座に実行して・・・・、
5月26日午後から、亀岡にある「ガレリア亀岡 バラ園」に行ってきました!!

昨年行った時は、すでに満開時を過ぎており、
このアーチ型のバラは見ることができなかったのですが、
今年は、今を盛りと咲き誇っていました。

e0252905_0433047.jpg

この日の気温は、30度近くもあり、
サンサンと照りつける太陽の下で、バラの花も悲鳴を上げているようでした。058.gif058.gif
かくいう・・・私、日傘をささずに散策していたので、
「アツ~イ!!」と悲鳴を上げていたのは・・・私だったかも・・・。058.gif041.gif
e0252905_132613.jpg

e0252905_14234.jpg

e0252905_142418.jpg
e0252905_144760.jpg
e0252905_15261.jpg
e0252905_152661.jpg
e0252905_154548.jpg
e0252905_16134.jpg
e0252905_161635.jpg
e0252905_163392.jpg
e0252905_165914.jpg


バラ園散策の前後は、「ガレリア亀岡」から徒歩5分の距離にある
「木の香アートまどころ」さん家にお邪魔してきました。
マルシェやイベントなどで出会ってはいても、ゆっくり話す時間まではないので、
久しぶりに他愛ないおしゃべりを楽しんできました。

e0252905_110291.jpg

「まどころ」さんの勝手口通路にある鉢植えです。
とても、手入れが行き届いていました。
さすがです。
我が家の玄関周りも見習わなきゃいけませんね・・・。008.gif008.gif

今年は、満開のバラを見ることができたし、
藤村さんご夫婦とお話もできたし、
有意義な午後のひとときを過ごすことができました。

7月18日には、現在工事中の京都縦貫道 和知~丹波IC間が、
全線開通するので、亀岡まで行くのもずいぶん時間短縮できそうです。
私の予想では・・・舞鶴・大江IC~亀岡IC=40分くらいかなと・・・。060.gif060.gif
[PR]
by akebonofan | 2015-05-30 05:28 | ぶらり花紀行 | Trackback | Comments(0)
5月24日(日)「第6回夜久野高原手づくり市」に出店してきました!!

心配していたお天気は・・・・?
なんと・・・ナントの朝から快晴。
暑いくらいの見事な五月晴れのイベント日和となりました。

出店総数は、208店舗くらいだったのでしょうか??
それにしても・・・・、スゴイ数の出店です。
テニスコート全面に張り巡らされたブーステントの様子です。

e0252905_19152773.jpg

Myブースは・・・・夜久野荘玄関エリアでした。
テニスコートへ降りていく細い抜け道の場所なのですが、
片側が壁で、片面だけにブースが6店舗並んでいるという形なので、
通られるお客様の目線は・・・自然と左側のお店だけを見ながら歩くということになります。

お客様も、テニスコートへの抜け道として利用される方が非常に多く、
午前10時からのオープン時から、昼前まではてんてこ舞いでした。
昼過ぎまでは、家人も手伝ってくれたので助かりました。
暑いほどの好天気だったこともあり、冷たい飲み物の
「章姫いちご」「ブルーベリー」のサワーとジュースも大好評でした!!

e0252905_1904348.jpg

午前中は、太陽の陽ざしがきつく、シフォンやご飯ものへの劣化に気を配りましたが、
常備している陽ざし対策の「すだれ」が大いに役にたちました。
午後からは、少し日陰になり、西日が当たることもなく快適でした。

おかげさまで、昼過ぎには早くもご飯ものがすべて完売!!
「おはぎ」のノボリをみて、午後から来られたお客様には大変申し訳なかったです。
こんな時は・・・「もう少したくさん持ってくればよかったなぁー。」と欲が出ます。

真夏のような暑さになったこともあって、
「章姫いちご」「ブルーベリー」ジュース&サワーも完売しました!!
もともと、ジャム用として作っているものをジュースにするのですから、美味です。006.gif
おまけに・・・ナント、「トマト」「抹茶」「プレーン」3種類のシフォンケーキも、
今回は、見事に完売でした!!
私としては、まだまだ発展途上にあるシフォンなので、
他の「ジャム」や「ご飯もの」などよりも、嬉しさが倍増します。
季節がらということもあったのでしょうか?
「トマトシフォン」は、お客様のリアクションも大きく、
今回の一番人気でした。

午後3時前には、「ジャム」のみが、テーブルを賑わしているという頃、
こんなことがありました・・・・・。
午後3時頃、よく知っている出店者の方で、
今年はテニスコート前の坂道周辺がブース場所だった方が、
「いやぁー。松嶋さんのブースここやったんや。どう、売れた?」
「おかげさまで、私んとこは、ほぼ完売。あとはこれだけや。」
「今日は、なかなか売れんのや。まだ、いっぱい残っているんやわー。」というので、
「よかったら、ここに置いてみる??」と私が言うと・・・・、
「ほんま、じゃあ、間借りしてもいい?」ということになり・・・、
ラスト1時間だけでしたが、Myブースの半分が「さんま寿司」屋さんになりました。005.gif
タイムサービスで少し安くしたようでしたが、30本近くあったので、
半分ほどは残ってしまいました。
・・・・こんなこともあるから・・・・本当に「ものを売る」というのは難しいものです。
お天気・ブース場所・その他エトセトラ・・・・・と、
いろんな要素がまざり合うのではないかと思う次第です。

最後の1時間は、そんなこんなの出来事があり、
私も大きな声をだして、「さんま寿司」を売らせていただきました。003.gif

準備は家人と2人でしたが、
後片付けは、私ひとりで・・・・チマチマと。
でも、テントをたたむのは、設営するよりも意外と簡単で、
1人でも楽勝でたたむことができるものなんです。
そして・・・・午後5時には、夜久野高原をあとにしました。

第6回夜久野高原手づくり市が無事に終了しました。
昨日の新聞紙上には、「過去最高 2万5000人の来場者」とありました。

ブースに立ち寄ってくださったお客様、お買い上げくださった方々、
そして、スタッフの方々、ありがとうございました。
[PR]
by akebonofan | 2015-05-26 06:52 | 手づくり市&イベント | Trackback | Comments(2)
5月も後半に入りました。
早くも・・・沖縄は「梅雨入り」したようです。

峠道に「野アザミ」の花が咲いていました!!
素手では持つことができないほどの鋭いトゲを持っていますが、
毎年、「野アザミ」が咲き出すと軍手をはめて取りに出かけます。

e0252905_17521416.jpg

何年か前に、手づくり市で買ってきた花籠に入れてみました!!
「野アザミ」が尖ったイメージがあるから、下葉は、丸い葉を選びました。
しかし、この枝にも、鋭いトゲがありました。
偶然にも「Wトゲ」の組み合わせになりました。005.gif

「野アザミ」 キク科アザミ属
「アザミ」の名は、古語でアザミの葉のようにチクチク痛いことを
「あざむ」と言い、そこから転訛したものだというのが通説とされているそうです。

花言葉は、「独立」「報復」「厳格」「触れないで」など・・・。
スコットランドで、その昔 1263年ノルウェー軍が侵攻した際に、
アザミのトゲが国土を守ったとされ、
それ以来、スコットランドの標章・国花が「アザミ」になっているそうです。

そんな由来のある「アザミ」を、
「山里れすとらん 四季の詩」にお越しになるお客様の今週の花にしました。
e0252905_18395593.jpg

e0252905_18415237.jpg


先日、金沢で買ってきた「輪島塗の箸置き」を早速使ってみました。
e0252905_1753113.jpg

見た目には、「春慶塗の箸」との相性も良さそうに見えています。
e0252905_17532140.jpg

私としては、よい買い物であったと喜んでいるのですが・・・・、
いかがなものでしょうか・・・??
[PR]
by akebonofan | 2015-05-22 05:00 | 「四季の詩」通信 | Trackback | Comments(0)
『第6回 夜久野高原手づくり市』が、いよいよ近づいてきました!!

今度の日曜日、5月24日(日) 10:00~16:00
場所は、国道9号線沿いにある「道の駅 農匠の郷やくの」及び「夜久野荘」周辺一帯です。

e0252905_1625572.jpg

北近畿最大とも言われている手づくり市で、約200ブースのお店が出店します。
我が「あけぼのフェニックス」も出店いたします。
3回目からの出店で、今年で4年目になります。

この「夜久野高原手づくり市」だけは、毎年、波乱ぶくめの連続で・・・・、
今回も、3日後の5月24日を目前に控えて、ハラハラドキドキしている私です。025.gif

初出店の1年目は、3月末・・・吹雪のような雪が降り続き、
谷から吹き上げる風にテントが飛ばされないように、支柱を握りながらの販売でした。

2年目は、5月末・・・真夏を思わせるような猛烈な暑さでした。
テニスコートでの販売でしたが、時折、砂埃が舞い、
商品への汚れを気にしたり、暑さ対策の保冷剤を何回も取り替えていた1日でした。

3年目は、10月上旬・・・天気予報は晴れだったのに、
数日前になって・・・まさかまさかの台風接近!!005.gif
前夜、台風がそれたため、当日は、小雨の中、雨天決行でした。
三方に雨対策用のビニールシートを張って、商品が濡れないようにと気を使いました。

さて、4年目となる今年はどうでしょうか??
天気予報では、「曇り」。
晴れなくてもいいから、せめて・・・曇りのまま、午後4時までもってほしいと願います。

・・・・・・そんなこんなの「夜久野高原手づくり市」ですが、
雨が降っても、雪が降っても、どんなに暑くても、寒くても、
次から次から・・・お客さんの流れが絶えないのが「夜久野高原手づくり市」です。
出店者にとっては、大変ありがたいことです。

その陰には・・・主催者「作るを楽しむ会」の代表衣川さんをはじめ、
たくさんのスタッフの方々の早くからの準備や広報活動のおかげだと感じています。

今年の出店場所は、「玄関エリア 62番」です!!
夜久野荘左側あたり・・・。
明日は、頑張って朝から「シフォンケーキ」を焼きま~す。
今年も、気合を入れて、準備に取りかかります。070.gif070.gif
[PR]
by akebonofan | 2015-05-21 17:15 | 手づくり市&イベント | Trackback | Comments(0)
      ♬♬~君とよくこの店に来たものさ 
            訳もなくお茶を飲み話したよ~♬♬

今から40年ほど前、私が高校生の頃だったでしょうか?
当時、大ヒットしたフォークソング「学生街の喫茶店」の冒頭の歌詞です。

5月上旬に、金沢で偶然見つけたお店「煎りたて珈房ディーズ」です。
建物・お店の雰囲気・コーヒーの味・・・ともによくて、
この日(5月17日)の金沢滞在時間は、3時間程でしたが・・・・、
家人も「あそこの喫茶店で、お茶してから帰ろうか。」と言ってくれたので、
今回も立ち寄ってみました。

e0252905_6132292.jpg
e0252905_6133312.jpg

「煎りたて珈房 ディーズ」は、
平成17年にオープンしたお店で、今年で10周年だそうです。
オープンした年に「第28回金沢都市文化賞」「第28回石川建築賞」を受賞されたとか。

2階の喫茶スペースから、1階部分を見下ろしてみました。

e0252905_6135190.jpg

こちらは、1階奥にあるコーヒー器機のショップコーナーです。

e0252905_8592860.jpg

2階のテーブル席からは、金沢の中央通りが見えます。

e0252905_614263.jpg

この日は、「メープルシフォン くるみ入り」「チーズケーキ」
コーヒーは、「マリンガ エステート」をいただきました。

e0252905_6141755.jpg

このお店では、コーヒー皿にこんなミニカードが添えられています。
酸味・苦味や原産国など・・・・・、
自分が飲んでいるコーヒーの特徴やルーツを知ることができるのも、
なかなか・・・・素敵なことだと思います。

e0252905_6144144.jpg

帰り際・・・・自分が飲んだコーヒー豆の袋をのぞいてみました。

南アフリカに位置する「タンザニア」で栽培されたコーヒー豆が、
多くの人の手を経て・・・・金沢のコーヒー店に辿り着き、居場所を見つけ、
京都舞鶴から来た私たち夫婦が、そのコーヒーをいただく。
考えてみれば・・・・不思議なご縁です。
これも、「出会い~一期一会~」なんですよね。016.gif

e0252905_6145344.jpg

ごくごく普通にあたりまえのように過ぎていく日々の生活の、
ほんのささいなことの中にも、いろんな意味があり、数知れない歴史やエピソードが
あるのだろうと・・・・・つくづく感じます。

年を重ねてきたということでしょうか・・・???003.gif003.gif
[PR]
by akebonofan | 2015-05-19 09:57 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(0)
先日 5月12日、京都市内へジャムの納品に行った後、
伏見の友人と久しぶりに「かに道楽」でランチをしました。

今年1月の大丸催事に来店してくれて以来なので・・・4ヶ月ぶりです。
同い年の友人で、茶の湯入門が同期の40年来の親友です。
都市銀行に入行し、その当時は異例中の異例と言われるほど、
長年、花形である窓口業務を務め上げ、
30代半ばで退社後は、「お茶の先生」として、第一線を走り続けてきた彼女ですが、
現在は、すべての活動をやめて、悠悠自適の生活を送っているものですから・・・、
「ランチしようよぉー!!」「また、旅行行こうよ!!」と、度々誘ってくれます。016.gif
ほぼ年中、慌ただしい日々を送っている私ですが、
「このランチの3時間余りが、私の働くエネルギーになる!!」
・・・と理由をみつけて、楽しんできました。003.gif

さて、大きな構えの「かに道楽」は、建物の中もゆったりとしています。
水の流れる音を聴きながら・・・・・テーブル席へと案内していただきました。

e0252905_357196.jpg

e0252905_17264528.jpg

日々の喧騒をしばし・・・忘れてくつろげる貴重な時間です。

この日は、台風接近の雨が降り続いており、
窓から見える坪庭の緑が、いつにも増して鮮やかでした。

e0252905_17265948.jpg

「お昼の籠盛り会席」です。

e0252905_17271368.jpg

籠の中には、「お造り」「かに酢」「かにあんかけ」「かにシュウマイ」
「かに寿司」「かに茶碗蒸し」など・・・。
とても上品に盛り付けがしてあります。

くつろいでお食事をいただきながらも・・・・料理のしつらえを観察している私です。004.gif
「かに道楽」では、レモンを浮かべた「フィンガーボール」が出てきます。
手に付いたカニの臭いを消すためのものです。

「タラバガニのカニ味噌ステーキ」です。
「タラバガニ」の他に、「ブロッコリー」「カリフラワー」「いんげん」「アスパラ」も。
濃厚だけどさっぱりとしていました。

e0252905_17272571.jpg

小さな籠に入ったバケットパンが出てきました。
「食べ終わられたあとの、カニ味噌ソースをバケットにつけてお召し上がりください。」と、
説明をしていただきました。
「和」だけに固執せず、幅広く他の料理の良さを取り入れるということでしょうね。006.gif

「かに釜飯」が炊き上がりました。
釜の中に「かにの身」は入れずに炊き上げ、
食べる時に、自分のお好みでご飯の上にのせていただくというものでした。
蓋付き小鉢に入っていた「かにの身」の多さに目を見張りました。
e0252905_17273833.jpg


最後は、温かいコーヒーとデザートのアイスクリームでした。
一緒に出された「かにのクッキー」を見て、
彼女が「かわいい!!」と言いながら、キャッキャと喜んでいました。

小ぶりの抹茶茶碗に入っているアイスクリームの上に、
テーブル席の、その場で点てていただいた抹茶をかけていただくというもの。
なかなか・・・・・・でした。040.gif

e0252905_17283683.jpg


彼女との久しぶりのランチは、ゆったり3時間でした。
帰り際・・・「今度は、どこか旅行行こうよぉー!!」としきりに言っていました。
さてさて・・・・・どうなりますことやら・・・・。060.gif060.gif
[PR]
by akebonofan | 2015-05-17 05:19 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(0)

シフォンケーキ作り

今更ではありませんが・・・・、
今年は、少し気合いを入れて「シフォンケーキ」を焼こうと思っています。001.gif

私にとって、偶然だったのか?必然だったのか?わかりませんが・・・・、
「お米のシフォンケーキ」を焼き始めて2年8ヶ月が経過しました。
今までは、「山里れすとらん 四季の詩」のデザートとして、
また、各種イベントやマルシェなどへの出店搬入商品としてが中心でしたか、
今後は、JA直売所や他の委託販売先へも、
しっかりと定期的に搬入していきたいと考えています。

私がシフォンケーキ用に選んだ卵は、
自然そのものの黄色・・・赤岩高原にわとりファームのこだわり卵です。
変に赤すぎず、それでいて、黄色が薄すぎず・・・本当にきれいな黄色です!!

e0252905_1753193.jpg

「卵の味が違うよね!!」って言ってくださるお客様が時々おられます。
こだわり卵を使っている甲斐があったと感じる瞬間でもあり、
また、生産者の方に感謝する瞬間でもあります。

「米粉」「卵」「グラニュー糖」「牛乳」「米油」「塩」
これだけの材料があれば、「シフォンケーキ」を焼くことができます。
いたってシンプルなケーキだと思います。

e0252905_17522652.jpg

この日は、「いちごシフォン」も作ったので、
手前にある袋は、ドライいちごのブロック片です。

e0252905_17534187.jpg

こちら・・・オーブンの中で、最高潮の膨らみ具合で焼き上がりつつあるのは、
「ほうれんそうシフォン」です。

「いちご」をはじめ、「ほうれんそう」「にんじん」「トマト」など、
野菜のシフォンケーキって、結構人気モノなんです。
試行錯誤しながら、レパートリーを増やしていこうと思っています。
[PR]
by akebonofan | 2015-05-16 16:44 | あけぼのフェニックス | Trackback | Comments(0)
5月10日(日)は、「赤れんがバザール」に出店してきました。
ホントに、ずいぶんのご無沙汰でした。
ほぼ・・・・1年ぶりくらいでしょうか???

私の顔を見つけるなり、駆け寄ってこられた出店者の方がおられて、
「心配しとったんやわぁー。どなたか悪いんか?」などと、
声をかけてくださいました。
ありがたいことです。

実は・・・実は、出店申し込みの方法が変わったのと、
なかなか日程調整ができなかっただけなんですが・・・・。008.gif

e0252905_18369100.jpg

久しぶりに出店してみると以前に比べて、
きちんとした飲食コーナーが設置されていたり・・・・と、
その場調理をされる出店者の方も何店舗かおられました。

5月10日は「母の日」いうこともあり、
シフォンケーキにも「Happy motherday」のシールを貼ったりしました。
その効果があったのか、何人かのお客様が、
「これ!母の日のプレゼントにしよ!!」と言ってくださり、お買い上げいただきました。

e0252905_18362444.jpg

舞鶴ブランドの「章姫いちご」を使ったジュースとサワーを販売しました。
新メニューでしたが、なかなか好評でした。

e0252905_18363521.jpg

こちらは、「Nana cafe」さんの「豆腐バーガー」。

e0252905_18364742.jpg

「キウイとグレープフルーツ スムージー」
この日は、ヘルシーランチでいただきました。

e0252905_18365976.jpg


久しぶりの「赤れんがバザール」でしたが、
ゴールデンウイーク明けということも影響していたのか・・・・、
お客様の入りは、多少少なめだったようです。

来月6月は、いまだにキャンセル待ちの連絡がないので、
出店は見送りになると思われますが・・・・、
7月からは、赤れんがバザール完全復帰になります。

あらためて・・・よろしくお願いいたします。040.gif040.gif
[PR]
by akebonofan | 2015-05-15 13:24 | 手づくり市&イベント | Trackback | Comments(4)

金沢散策

ゴールデンウイークの金沢も連日の好天でした。
いつもなら、車で1~2分程で走り下りてしまう広坂(ひろさか)を、
この日は、歩いてみることにしました。

目に鮮やかな新緑の中に、藤の花の紫色が飛び込んできました!!

e0252905_173230100.jpg

まず最初に向かったのは、県立美術館で開催されていた「前田家の秘宝展」です。
館内は、カメラ撮影が禁止だったので写真はありませんが、
さすが・・「加賀百万石」と言われるだけあって、見事な秘宝ばかりでした。

広坂を下りきった所にある中央公園では、
この日限りの「アイスクリームマルシェ」が開かれていました。
金沢周辺のアイスクリームやジェラードの5店舗のお店が出店されてのマルシェです。

e0252905_17335355.jpg

待ち時間がどれくらいだろうと思えるほどの、二重・三重の蛇行行列でした。
大変興味はありましたが・・・あの行列に並ぶ勇気と根性がなく・・・・
横目で通り過ぎてしまいました。002.gif

e0252905_704818.jpg

中央公園のすぐ先にある「石川近代文学館(石川四高記念館)」です。
金沢も舞鶴同様に、レンガ造りの建物があちらこちらに見かけられます。

e0252905_1734469.jpg

こちらも、いつもなら・・・車で走り抜けていた場所ですが、
やはり、歩いて見るのはいいものです。

e0252905_713635.jpg

香林坊(こうりんぼう)の交差点から、さらに下って行くと、
長町(ながまち)武家屋敷がありました。

e0252905_17342738.jpg

こちらの「野村家」は、加賀藩の中でも直臣として従った武家で、
その禄高は、千石から千二百石と累進し、この地に千有坪の屋敷を拝領し、
家督は十一代にわたったとされる大変由緒ある家柄だそうです。

e0252905_715595.jpg

e0252905_721484.jpg

この「野村家」には、珍しく二階に茶室がありました。
「不覚庵(ぶかくあん)」と呼ばれる茶室で、二階から眺める庭もまた格別でした。

e0252905_723034.jpg
e0252905_724434.jpg

この日最後に行ったのは、
犀川(さいかわ)のほど近くにある寺町寺院群の中にある
「妙立寺(みょうりゅうじ)」でした。
人呼んで・・・「忍者寺」と言われるお寺ですが、
忍者が住んでいたからではなく、徳川幕府の公儀隠密や外敵からの目を欺く仕掛け寺です。

このお寺は、現在入院中のお義兄さんのおススメの観光スポットでもあります。

e0252905_732861.jpg

     (こちらは、裏門入り口、寺内は撮影禁止でした。)

このお寺は、加賀藩三代藩主前田利常が建立したもので、
加賀藩の秘策と呼ばれるほどに複雑な建築構造を持つ寺となっており、
四階七層23の部屋数があり、階段にいたっては29もあるものです。

「金沢城までつながっているといわれる伝説の井戸」に始まり、
「仕掛け賽銭箱」「明り取り階段」「落とし穴階段」
「本堂裏隠し階段」「物見台・望楼」等など・・・。

自由に拝観するだけでは、到底わからないまま通り過ぎてしまうことから、
拝観は予約制になっており、30分刻みで、1グループ17名ほどが、
お寺のスタッフガイドの説明を受けての拝観となります。

ガイドが始まるまでは、やや興ざめ感がありましたが・・・・、
終わってみれば、ガイド説明の必要性をしっかりと感じた私でした。

それにしても、昔の人の知恵というか・・・・、
戦乱の世を生き抜く知恵や、主人・藩を守る知恵と工夫に感服した忍者寺でした。
[PR]
by akebonofan | 2015-05-12 09:16 | ぶらり散歩 | Trackback | Comments(0)
金沢市内を走っていて、たまたま目に留まった喫茶店です。
ガラス張りの2階建て、駐車場も10台ほどのスペースがありました。

e0252905_3173334.jpg


1階には、世界中から集められた?コーヒー豆が袋ごと並べてあり、
好きな豆を注文すると(200gから可)、7分ほどで焙煎していただけるそうです。

e0252905_3175843.jpg

2階が喫茶スペースになっていました。
カウンター席が5席ほど、テーブル席も5~6席ほどありました。
吹き抜けになっている広い空間はとても解放感があって、
ガラス越しに見える外の風景が眺めながら長居したい気分になるお店でした。

e0252905_3181270.jpg

私は、「よもぎシフォンケーキ」を
夫は、「ベリーベリーケーキ」を
コーヒーは「グァテマラ」をいただきました。

e0252905_3182617.jpg

お義兄さんのお見舞いにかこつけて、
しばし・・・・・金沢めぐりをさせていただきました。

   [information]

「煎りたて珈房 ディーズ」
  〒920-0866
金沢市中央通町20番14号
  ℡ 076-222-1333
営業時間/ 10:00~20:00
  




[PR]
by akebonofan | 2015-05-08 00:11 | ランチ&カフェしおり | Trackback | Comments(0)