京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

時雨にも負けず ~第8回まいてフェスタ~

昨日は、「第8回 まいてフェスタ」でした。
企画から運営まで、すべて、舞鶴の女性が担っている
秋の大きなイベントです。

前日からの雨が心配だったけれど、
朝には止んでおり、曇天でしたが・・・、
気分上々で出発しました。
この地域のシンボル的な山 「砥石ヶ岳(といしがたけ)」の上には、
わずかに青空まで見えました。

e0252905_5275398.jpg
















中舞鶴の中総合会館には、8時半に到着。
まだ、人もまばら・・・・・・。
屋外の模擬店コーナー「地産地消、手づくりで安心!」で
早速、開店準備。

10時半からの販売開始までが、とってもとっても長かったものの、
その後、途切れることのない人・人・人・・・・また、人。
デジカメを撮ることもすっかり忘れて・・・・^^
また、急に雨が降り出し、慌てて商品が並べてある机をテント中央へ移動したりと、
気がつけば、いつのまにか昼でした。
e0252905_5492592.jpg

e0252905_545153.jpg





























毎回「売れ残ったらどうするの?」「数はどれくらいにする・・・??」と
心配の種となるご飯ものの数。
「おはぎ」「山菜おこわ」「栗おこわ」「寿司」「焼きサバおにぎり」は、
あれよあれよと言ううちに売りきれて、
昼過ぎには、すべて、完売でした!!

それからは、試食を食べていただいたり、
いつものように商品のこだわりなどを説明したり・・と、
ゆったりとした時間になりました^^。

e0252905_6144458.jpg

e0252905_6192966.jpg









































原料待ちになって、ここ数カ月の間、品切れ状態が続いていた
舞鶴特産の万願寺とうがらしの加工品、
「万願寺とうがらししょうゆ漬」。
この商品の最大の特長は、通常の緑色した万願寺とうがらしが
真っ赤に熟したものを使っているということです。

アクセントに塩コンブを入れて、しょうゆ漬けにしてあります。
白ご飯の上にのせたら、ご飯が何杯もすすみ・・・、
お酒のつまみにしたら、酒量が増えてしまうかも・・・^^。
最近、お客様から「これ、パスタにも合うで!」との
貴重な意見もいただきました。

e0252905_6334420.jpg



























この時期、特有のたびたびの『時雨』にも負けず・・・、
昨日の「まいてフェスタ」の集客は、昨年よりも多かったと聞きました。
やはり、女性パワー象徴の「まいて」ですね! ^^

実行委員の方や裏方スタッフの方々、ありがとうございました。
お世話になりました。
お疲れさまでした!!
[PR]
by akebonofan | 2011-10-24 08:51 | 手づくり市&イベント