京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

今が旬です! ~キウイじゃむそーす~

いよいよキウイの季節です。
最近は、どんなものでも一年中店頭に並んでいるので・・・・、
いつが「旬」なのか、わからない人も多いけれど (^^)
キウイは秋が収穫時期です。
若いキウイは、収穫しても果実は固くて、すっぱくて・・・、
とてもとても食べられるシロモノではありません。
e0252905_1227924.jpg

先日、知りあいの農家のおばあさんから、ぼりたてをいただきました。
やはり、固くて固くて・・・(^^)
早速、リンゴを1ついれてナイロン袋の中で追熟させます。
だいたい室外に置いておいて、約1ヶ月程度の追熟が必要です。
キウイの表面を指で押して、少しやわらかくなれば生で食べても大丈夫です。

さて、ジャムおばさんの私は、今秋初の「キウイじゃむそーす」作りをしました。
まず、皮をむいて、ゴロっと感を出すために、5mm角くらいに切ります。
e0252905_12471979.jpg

グラニュー糖を加え、ていねいにアクを取りながら、
ひたすらひたすら煮詰めていきます。
e0252905_1252455.jpg
 
私のジャムはヨーグルトに合う「じゃむそーす」作りをめざしているので、
仕上がりは、ゆるめにしています。
最後に、レモン汁を入れたら、出来上がりです。
e0252905_13101984.jpg

ジャムが熱いうちにビン詰めをし、
煮沸・殺菌をした後、ビンを逆さにして、脱気をします。
この作業をしっかりすれば、常温保存でも1年は持ちます。
e0252905_13254441.jpg

最後の仕上げに、いつものように、キウイに合う帽子とネクタイを結びます。

キウイのプチプチ感と、さわやかな酸味がびっくりするほどヨーグルトに合います。
「キウイじゃむそーす」の完成です!!



 
[PR]
by akebonofan | 2011-11-14 10:30 | ジャム工房