京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「猿尾滝」~兵庫県 村岡~

兵庫県香美町村岡区にある、「猿尾滝」へ行って来ました。
村岡に入ると同時に、まだ国道沿いにも、
雪の塊がたくさん残っていて、びっくりです!!

国道9号線を鳥取へ向かって、ひたすら走り、
「日影」という交差点の所に、
「猿尾滝入り口」と書かれた看板があります。
そこから、車で数分で着きました。
e0252905_1643534.jpg

駐車場横には、案内板が雪に埋もれて立っていました。
思いもよらない残雪の量に、首をすくめながら・・・・、
車を降りて、歩くこと、わずか1分。
e0252905_16464892.jpg

「日本の滝百選 猿尾滝」という文字が、
目に飛び込んできました!!
e0252905_15462023.jpg
 
「おおっ!!」
水しぶきを上げながら流れる向こうに、滝が見えました。
雪解け水も手伝ってか、水量が多いのに驚き、
しばし、その場に立ちつくして、見上げました。
e0252905_1623353.jpg

小雨降る中、傘をさし・・・・・、
足元を確かめながら、ゆっくりと登りました。
滝つぼまでの距離が短いので、とても楽でした。

この滝は、上段が39m、下段が21m、上下2段で60mの滝です。
e0252905_1625982.jpg
 
特に、上段の滝は、迫力満点だそうです!!
上段の滝つぼへは、あまりの寒さと雪の多さで断念しました。

今回は、雪の滝でしたが・・・・、
春には、新緑。
夏には、納涼。
秋には、紅葉が楽しめそうです。
四季折々の滝の表情を見るのも、また楽しいのではないでしょうか?
e0252905_1650580.jpg

案内板によると、
江戸時代、村岡藩主の山名氏が、
夏に、この「猿尾滝」で、そうめん流しをして、
楽しんだと書かれていました。

今年中に、またドライブがてらに行こうと思います。

ちなみに、帰り道は、「道の駅」めぐりです。
「道の駅 ハチ北」
「道の駅 ようか但馬蔵」
「道の駅 但馬楽座」・・・と、
いつも、主に加工品を観察しています。
製造者の目と消費者の目を、両方持ちながら!!
[PR]
by akebonofan | 2012-03-23 05:06 | ぶらり散歩