京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「万願寺醤油漬の試食会」

先週の火曜日、3月12日。
綾部中央公民館で、『万願寺とうがらし醤油漬』の試食をしていただきました。

e0252905_2120176.jpg

「JAにのくに彩菜館 ステップアップ大会」の参加者に、
試食をしていただくというものです。
当日の参加者は、200~250名程と聞いていましたが、
なかなか試食ルームまで、足を運ばれる方は少ないようでした・・・。

e0252905_21202017.jpg

大会の開会前と休憩時間に、試食ルームに入ってこられる方々も、
「万願寺とうがらし醤油漬」の存在を知られない方が多く、
「これが、赤くなった万願寺ってか??」
「へぇー。こんなふうにしたらよいんか?毎年、畑にほかしてるわ!!」・・・と。

舞鶴、綾部、福知山地区は、「万願寺とうがらし農家」が、
とても多いのに、赤くなった万願寺とうがらしを食べるということ自体は、
あまり知られていませんでした。

e0252905_2120342.jpg

白ご飯の上にのせて食べるのが、王道ですが、
今回は、おやつ風の食べ方で試食していただきました。

クラッカーとクリームチーズと万願寺とうがらし醤油漬の組み合わせの、
「カナッペ」です。
(このブログを見ていただいている方には、今更の説明ですね・・・(^^))

試食していただいたどの方々も、
『おもしろい組み合わせなのに、ホント、良く合うなぁー!』
『美味い!!クリームチーズと万願寺って合うんやな。』・・・などと、
おっしゃってくださいました。

舞鶴では、「とびっきりやね。これ!」の「舞鶴あぐりブランド」に、
認定していただいていても、舞鶴以外では、
まだまだ、井の中のかわず状態なのだと実感しました。

でも、今回、試食の場を与えていただき良かったと思いました。
これからも、少しでも多くの方に、「伝統食」でもある「万願寺醤油漬」を、
食べていただけたらと思います。
そのためには、もっともっとPRしていかなくては・・・と感じた試食タイムでした。

当日は、気合いをいれて、早めに行きましたが、
一人で、200個のカナッペを準備するのは、
なかなか大変でした・・・。(^^)
[PR]
by akebonofan | 2013-03-21 17:47 | あけぼのフェニックス