京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「清水寺」

「NPO 日本都市農村交流ネットワーク協会」総会と特別見学の後は、
案内の清水寺の方から、いただいた拝観券を片手に、
顔なじみのメンバー4人で、境内をぐるっとまわることにしました。

e0252905_23182144.jpg

年間500万人の観光客が押し寄せる「清水寺」。
この日も、朝9時過ぎから、絶えることのない人の波でしたが、
ただいま、午後2時過ぎ・・・人はさらに増えているようです。(^^)

e0252905_23193276.jpg

また、特に修学旅行生の多いこと・・・・・。
そして、外国の方々の多いこと。
その中でも、韓国語と中国語は、ひっきりなしに飛び交っていました。

e0252905_23202732.jpg
e0252905_23214769.jpg

本堂の裏手と、奥の院あたりが修復中ということで、
やや、興ざめなビニールシートが貼りめぐらされていましたが、
建物を維持していくうえでは、仕方のないことですね。

e0252905_23244645.jpg

「清水の舞台」の上から、東山連峰と「子安の塔」を眺めたもの。
どこからともなく・・・・・・、
『桜もいいけど、新緑の季節もいいよねぇー!!』・・・と。

e0252905_23255744.jpg

これも、舞台の上から、眼下に見える「音羽の滝」を眺めたもの。
「お水」にあやかろうという人の行列が見えています。

e0252905_2327391.jpg

やはり、「清水の舞台」は、この角度からが一番のスポットでしょう!!
この日の京都市内は、気温28度とか。
歩いていても、暑いくらいの汗ばむ陽気でした。(^^)

e0252905_23313767.jpg

やや、かすんでいますが・・・、
「京都市街」と「京都タワー」が見えています。

e0252905_2328747.jpg

多くの観光客が通り過ぎる道端にしゃがみこんで、
「水彩画」を描いておられる方に出会いました。

西村さんとおっしゃる方で、「清水寺」のみを描き続けておられるそうです。
まだ、色つけの途中だと、おっしゃっていましたが、
とても、素敵な作品でした。
『 ス ・ テ ・ キ 』

e0252905_233425.jpg

「清水の舞台」を下から、見上げたもの。
総会前の大西英玄氏のご講話の中に、
  ~昔から、「清水の舞台から飛び降りる」と言われますが、
    建立されてから、現在までの「飛び降り件数」は、
    『236件(記録あり)』。
    飛び降りに至る経緯は、様々だと思われますが・・・、
    生存率は、『85%』です!!
    そういう意味からも、「舞台から飛び降りる」というのは、
    『悲観』ではなくて、『覚悟』なのかも知れないと・・・。~

この言葉を思い返しながら、
あらためて見上げましたが・・・・・・、それでも、高いですよね!!
『よくぞ、85%の生存率だこと!!』と、感嘆しきりです。 (^^)

e0252905_23361061.jpg

石垣ともみじの新緑と青い空。
土曜の午後、足取りも軽く気分爽やかな、ぐるっと散策でした。

e0252905_23372079.jpg

では、散策メンバーのご紹介です!!
左・・・谷口 美智子さん (八幡市 「NPO京・流れ橋食彩の会」 代表)
中・・・峰本 好子さん   (八幡市 「NPO京・流れ橋食彩の会」)
右・・・岡田 アサ子さん (京田辺市 「手づくりの岡田屋」 代表)

皆さん、大先輩の女性起業家のお姉さま方です。 
素敵な時間をご一緒できて、楽しかったです。
ありがとうございました!!
次は、「6月 府庁マルシェ」でお会いしましょう。(^^)
[PR]
by akebonofan | 2013-05-20 09:24 | ぶらり散歩