京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

『わ・す・れ・な・い』

今日は、10月3日。
9月15~16日に襲った「台風」の災害から、半月がたちました。

『のど元過ぎれば熱さ忘れる』という言葉がありますが・・・・、
わずか9年の間に、一度ならず二度までも、
甚大な被害にあったことを、忘れるわけにはいきません。
唯一、9年前の教訓が生かされたのは、
 死者を出さなかったということだけです。

道路沿いに山のように出されていた廃棄用の家財道具やゴミの多くは、
片づけられて、人の目には触れることがなくなってきましたが・・・・、
毎日、目にする川や道路や田畑などは、
まだまだ、災害のツメあとをいやがおうでも目にすることになります。

『わ・す・れ・な・い』 ことが、大事なのではないかと・・・・・。

e0252905_17243532.jpg

当時、濁流と化した「由良川」は、今では水位も平常に戻りました。
しかし、川沿いに生える木の半分くらいの高さまで、
濁流に浸かっていた様子が見てとれます。

e0252905_17251799.jpg

田んぼの中に立つ、電柱にひっかかったままのテーブル。
(舞鶴市桑飼下)

e0252905_17261411.jpg

電子部品の工場です。
9年前も1階水没でした・・・・。
(舞鶴市志高)

e0252905_17265542.jpg

へし曲がったハウス。
(舞鶴市大川)

e0252905_17273178.jpg



e0252905_1728388.jpg

廃校になった私の母校 舞鶴市立岡田上小学校は、
地域の廃棄物一時仮置き場になりました。
(舞鶴市地頭)

e0252905_17294991.jpg

次々と運び込まれるごみの山・・・・・。
(舞鶴市地頭)

e0252905_17325071.jpg

夫が自営する「スポーツジム・アトラス」の水没の後・・・・。
(福知山市土)

e0252905_17334894.jpg

水の力で浮いた冷蔵庫。

e0252905_17344934.jpg

エアロボートの周りを掃除する母。
白い壁に張り付いている・・・・・ごみくず。
今回は、床上浸水2m近くまできました・・・・。

e0252905_173630100.jpg

玄関前にあった、自動販売機も見事に倒れました。
泥にまみれた・・・・会員さんのトレーニングシューズたち・・・。

e0252905_1737442.jpg

一夜明けても、
ランニングマシンの上にしがみついている・・・・バッタ。

e0252905_17373920.jpg

9月16日、午後7時。
ようやく、ジムまでたどり着きました。
ジムの中から、中丹農域道を見ると・・・・、
まだ、水はひいていませんでした・・・・。
(福知山市土)

e0252905_17381017.jpg

冠水してしまった自宅近くの府道。
ほぼ一日たっても国道には出られず・・・・「陸の孤島」でした。
(舞鶴市地頭)

e0252905_1739277.jpg

道路なのか?
川なのか?
畑なのか・・・・?
押し寄せる濁流にすべてが呑み込まれていきました!!
(舞鶴市岡田由里)

「わ ・ す ・ れ ・ な ・ い 」
[PR]
by akebonofan | 2013-10-03 06:13 | つれづれなるままに