京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「オープン1周年を迎えて」

庭木の沙羅双樹の葉が色づき始めました。

e0252905_15475251.jpg

先日、10月18日は、
山里れすとらん「四季の詩」のオープン1周年の記念日でした!

「光陰矢の如し」と言いますが・・・・、
本当にアッという間の1年間でした。

まずは、この1年間に舞鶴の山里まで、わざわざ、足を運んでいただいたお客様に、
ブログ上ではありますが、お礼を申し上げたいと思います。
『ようこそ、お越しくださいました。ありがとうございました!!』

e0252905_15485222.jpg

木・金・土の週3日営業のお店?
「1日1組限定の完全予約制」のお店?

オープンするまでは、一つの不安材料として案じていたことですが、
このスタイルは、私にとっては、「ジャストスタイル」であったと、
今更ながらに感じています。

一度お越しいただいたお客様が、
二度目・・・三度目・・・と、お客様の輪を広げるようにお越しいただいています。
そして、そのようなお客様がだんだんと増えてきているというのが、
まことにありがたいことだと、日々、感謝しています。

「四季の詩」は、取りたてて風光明媚な場所にあるわけでもなく、
昔ながらの景色を残した、過疎地域の中にあります。

そんな、山里にある「れすとらん 四季の詩」ですが、
「1日1組限定」という貸し切り感が、
お越しくださるお客様にとっては、「自分たちだけの非日常空間」として、
喜んでいただけているのかも知れません・・・・。

e0252905_15494196.jpg

昨日、10月24日は、お昼4名様の予約をいただいていました。
前日の食材仕入れの時に、JAの直売所で見つけた「ダリア」を、
花籠に入れて、テーブルの中央に飾ってみました。

e0252905_15503361.jpg

私が子どもの頃には、どの家の庭先にも咲いていた「ダリア」ですが、
最近は、あまり見かけなくなったように思います。
懐かしさのあまり、買い求めてきました。

ちょっと・・・・・遠目なので、わかりにくいかもしれませんが、
片口小鉢でお出ししているのは、この日の向付「小芋の黒胡椒揚げ」です。

e0252905_1551919.jpg

こちらは、昨日の前菜です。
右側から、紹介いたします。
「大根とクリームチーズ&万願寺とうがらし醤油漬」
「蒸し赤じゃがいもの野菜ソース添え(万願寺ジャム&にんじんジャム)」
「鶏肉揚げの柿ドレッシング添え」
「紫ずきんの枝豆」
「焼きうるめ」
「柿」

e0252905_15512457.jpg

この「お米でできたシフォンケーキ(プレーン)」は、
オープン1周年記念プレゼントとして、ご用意させていただいています。

10月18日~11月30日の期間に、ご来店いただいたお客様全員に、
プレゼントさせていただきます!!

「また、来ますね!!」と言っていただけるように、
気持ち新たに、2年目をスタートしました!!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by akebonofan | 2013-10-25 18:21 | 「四季の詩」通信