京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「再会」 ~柿りんさんとイチゴさん~

岐阜県関市での講演の翌日、11月29日は、
お二方との再会が待っていました。

e0252905_1232027.jpg

瑞穂市役所(巣南庁舎)に、午前9時に到着しました。
数年前に、2つの町が合併した市の庁舎は、
田園の中でひときわ際立っていました。

e0252905_1242937.jpg

こちらでは、8月の大垣で講演した時に参加してくださっていた、
「柿グループ 柿りん」さんとの再会でした。

通された大きな部屋のテーブルには、
岐阜県の特産の「富有柿」や加工品が並べてありました。

e0252905_1243855.jpg

まずは、王道の生柿です。
柿農家さんが丹精込められて作られた柿は、
最高に、美味しかったです!!

e0252905_1251150.jpg

特産の富有柿を使って作っておられる「柿ジャム」です。

なかなか味の主張が弱い「柿」ですが、
こちらの「柿ジャム」は、しっかりと煮詰めてあり、
このように、クラッカーに、クリームチーズをのせ、
そして、「柿ジャム」をのせていただくのがおススメだそうです。

  ~やはり、クリームチーズって優れものなのですね!!
    我が工房の「万願寺とうがらし醤油漬」との相性も抜群だし。
    最強なり、クリームチーズってところです!!~

e0252905_1252755.jpg

「柿りん」さんのグループは、
岐阜県の柿農家さん17名の方が、集まっておられるそうです。
加工されているのは、今のところ「柿ジャム」のみだとか。

e0252905_1255155.jpg

午前9時~11時頃まで、わずかな時間でしたが、
「加工の仕方」、「砂糖について」「煮沸時間」・・・・等々、
いろいろなお話をさせていただいたり、
お互いの取り組みや情報交換などをしました。

帰り際、隣の公室の大きな絵画の前で記念撮影をしていただきました。
e0252905_1265961.jpg

左から、瑞穂市役所 商工農政課の野脇佑太さん。
私。
「柿りん」会長の高田里美さん。
瑞穂市役所 商工農政課の吉田愛加さん。

お世話になりました、ありがとうございました。040.gif

e0252905_1271713.jpg

さて、午前11時30分。
今度は、揖斐郡揖斐川町へ移動。
養老鉄道の揖斐駅で待ち合わせしました。

この日、お会いする二人目は・・・・・、
前日の夜に、夜ごはんをご一緒した岩間千栄子さん。
いちごハウスを見させていただくことになっています。

e0252905_1282789.jpg

こちらが、「いちごハウス」の中です。
初めて見るこの景色は、圧巻でした!!
このハウスは、まだ短いほうで最大のものは、90mもあるそうです。

e0252905_1294341.jpg

ハウス内は、きちんと温度管理されていて、
こちらにぶら下がっているものが、「温度センサー」です。

e0252905_130791.jpg

ハウス内の温度が、25℃になると・・・・・、
自動感知して、左右のハウスの下側が、30cm程開くようになっていました。

e0252905_1303893.jpg

真っ白な「イチゴの花」があちこちに咲いていました!!

e0252905_1305964.jpg

12月半ばくらいから、収穫が始まるそうです。

e0252905_1313515.jpg

早くも、色づいていました!!
岩間さん家のイチゴは、「美濃娘(みのむすめ)」という品種だそうです!!

e0252905_1323038.jpg

このようなハウスを、9棟も所有しておられるイチゴ農家さん。
「数年後には、イチゴの加工も始めたいんです。」
「加工所も建てようと思っています。」・・・・と、
大いなる夢を語ってくださった岩間さんでした。

今回の岐阜行きは、講演だけにとどまらず・・・・、
「柿」の高田さんと「イチゴ」の岩間さんとの再会という、
第2部も含まれている旅行となりました!!

これからも、連絡を取り合って、
情報交換をしていきたいと考えています。

岐阜のみなさま、本当にお世話になりました。
たいへん楽しく有意義な2日間にさせていただきました。
ありがとうございました!! 040.gif040.gif001.gif
[PR]
by akebonofan | 2013-12-03 08:38 | つれづれなるままに