京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「ふきのとう味噌」作り

今年も、「ふきのとう味噌」作りの時期がやってきました!!
お手頃のふきのとうが手に入ったので、1回目の加工をしました。

e0252905_15294637.jpg

天ぷらにしたら、ちょうどよさそうな開き具合のふきのとうです。
小さなゴミと土が残らないように、
流水で一つ一つ丁寧に洗います。

e0252905_15301199.jpg

熱湯で数分ゆがき、刻んだふきのとうに、
減塩みそ、酒、みりんを入れて、木べらで丁寧にかき混ぜながら、
じっくりじっくり煮詰めていきます。

e0252905_15302036.jpg

e0252905_15304810.jpg

仕上げに少しだけ粗糖を入れて、ビン詰めを完了しました。

e0252905_1531271.jpg

商品シールを貼って、「ふきのとう味噌」の完成です。
袋に入れたギフト用も作ってみました。
110g入りビンが全部で47本出来上がりました!!

今年は、ふきのとう事情に異変が生じています。
e0252905_15313234.jpg

これは、昨日、自宅横の土手で見つけた「ふきのとう」です。
……よく見ると、半分ほどがちぎれているような・・・・・?
かじったような・・・?
先日まで、雪がなかった時には、見られなかった現象です。
どうやら・・・・鹿の仕業のようです。
あちらもこちらも、土を掘り返し、
いくつかのふきのとうが食いちぎられてしまっていました。
鹿は、苦味のある「ふきのとう」は、食べないと思っていたのですが・・・・・。

e0252905_15313565.jpg

こちらも、自宅横にある水仙ですが・・・・・・、
ものの見事に茎の下の方まで、きれいに食べられています。
これも、鹿の仕業であろうと・・・・思います。

さて、こんな被害も加わってきた今年ですが・・・・、
頑張って「ふきのとう味噌」を作りたいと思っています。
[PR]
by akebonofan | 2014-02-14 17:16 | あけぼのフェニックス