京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「利休にたずねよ」

「利休にたずねよ」の映画化を耳にしてからというもの・・・・
ひたすら、待ち続けていました。

全国公開は、昨年の12月15日でしたが・・・・・・、
ここ、舞鶴の地での上映は、2月15日。
先日、ようやく、観に行ってきました。061.gif

e0252905_4563414.jpg

東舞鶴駅から、ほど近い大門三条にある「舞鶴 八千代会館」。
最近、会館の横には、専用の無料駐車場が併設され、
たいへんありがたい限りです。(^^)

この日は、「レディースデー(1000円)」ということもあって、
午前10時過ぎくらいから、女性が次々と集まりだしました。

次々・・・といっても、座席数250席ほどの館内に着席した数は、30名ほど・・・・。008.gif
それでも、他の日に比べたら、きっと多いほうなのでしょうねぇー。

e0252905_457174.jpg

2009年第140回直木賞作家の山本兼一氏の「利休にたずねよ」。
原作本を読んだのが・・・・3年前。
まさか、映画化されるとは思いませんでした。

そして・・・・・まさかまさか、この映画を観に行く直前に、
山本兼一氏の訃報を知ることになろうとは・・・・。
享年57歳(2014年2月13日) 肺線がん。
わずか、5ヶ月の闘病生活だったとか・・・・・・・・・。

さて…・映画の方は、
利休切腹の朝から始まり・・・・・・・、
いくつかの回想シーンが映し出されていくというもの。

そして、次々に映し出される京都の寺社の四季の美しさが、
映画を盛り立てていました。

利休の美の奥にあるものを、
利休の若き日の恋・・・・・という思いもよらぬ視点で書かれた作品。
私は、十分楽しませて観させていただきました。

この原作を送り出された、故山本兼一氏に感謝するとともに、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by akebonofan | 2014-02-25 06:42 | シネマめぐり