京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「お米のシフォンケーキ」

「お米のシフォンケーキ」を焼き始めて、
この3月で・・・・・・ちょうど、1年6ヶ月が過ぎました!!
e0252905_13425129.jpg


もう、ずいぶん以前から焼いているように思いますが・・・・・・、
まだまだ、殻を破って歩き出したばかりのヒヨコで、
駆け出しの新参者の域を出ない私です。003.gif

しかし、オーブンの中で、膨らんでいくシフォンを眺めていると・・・・、
自然に・・・いつも、心ウキウキ!!
まるで・・・・恋する乙女のような、幸せな気分を味わい、
なんか・・・・ちょっとだけ、一人前のお菓子職人になったような気分になります。016.gif

e0252905_13563047.jpg

ふわっふわ、もちっもちのしっとり感に加えて、
驚くほどのきめの細かさが、大好評の「お米のシフォンケーキ」。

山里れすとらん「四季の詩」のコース料理のデザートとして、
焼き始めた「シフォン」ですが・・・・・・・、
今や、手づくり市やイベント、委託販売においても、
少しずつ少しずつ・・・・・ファンが増えてきているように思います。

e0252905_1357138.jpg


また、最近の特長としては、
お祝いごとに利用していただくことが多くなってきました!!
「結婚のお祝い返し」
「七五三のお祝い返し」
「引っ越し祝い」
「新築棟上げの祝い」
「お見舞い返し」
「イベントスタッフへのお礼」
・・・・・・なかには、「ホワイトデーのお返し」などなど・・・・・。
(いやいや・・・これは、私ん家のことで、家人がいただいたチョコのお返しです。)

e0252905_11365383.jpg

こちらは、2月末に「引っ越し祝い」として、ご注文いただいたシフォンです。
大サイズ12個の注文でした。
京都伏見の方だったので、宅急便で送らせていただきました。
大変喜んでいただいたみたいで、
到着の夜に、わざわざお礼のお電話をかけてきてくださいました。
作り手にとって、とてもうれしい瞬間でした。

今まで、「和」と「野菜」の二本立てのシフォンを焼いてきました。
基本ベースは変えずに、今年は、その種類を少し広げようかと考えています。
まずは・・・・「いちごシフォン」です。
うまくできるといいな・・・。006.gif
[PR]
by akebonofan | 2014-03-14 22:20 | あけぼのフェニックス