京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

皆さまそろって・・・・お着物姿!

10月2日、木曜日。
午前11時40分過ぎ・・・・・ご予約のお客様がお越しになりました。
通常なら、国道までお迎えに行くのですが・・・・、
今回は、一度お越しくださった方がおられたので、自力で到着してくださいました。

昨日は、舞鶴の女性仲良しグループの5名様。
2台の車から降りられた姿が、皆さまそろって・・・・・お着物姿でした!!

ご予約のお電話をいただいたときに、
『ちょっと、おめかしをして行かせていただきます!!』とおっしゃっていたので
私は、もしかして・・・・『全員そろってのお着物かな??』と、予感していましたが、
なんとなんと・・・・・まさに、予感大的中でした。005.gif005.gif006.gif006.gif

e0252905_1540286.jpg

2012年10月に「山里れすとらん 四季の詩」がオープンして以来、
ご来店いただいたお客様全員が、そろってお着物姿というのは初めてのことです。

お客様が写真をお撮りになるのに便乗させていただき、
私も、記念撮影させていただきました。

e0252905_15402115.jpg

年齢幅は、たぶん30代から60代くらいか・・・・・・とお見受けしましたが、
皆さま、それぞれに素敵なお着物をみごとに着こなしておられました。
また、所作の美しさも際立っており、着慣れておられる方々だな・・・・と感じていました。

この日、他に何か催しがあったからというのではなく、
「四季の詩」での会食のために、お着物姿でお越しくださったということで、
たいへんありがたく、うれしく思いました。

今回初めてお越しくださった方の中には、
母(あけぼのフェニックス 森下房江)のことをよく知ってられる方がおられて、
『森下さんにお会いできるのを楽しみに来ました。』とおっしゃってくださり、
料理のお運びをする手が一時とまるほどに・・・・・・・・母もたいそう喜んでいました。

お食事とおしゃべりを充分に楽しんでいただいた3時間あまり・・・・。
心配していた雨が降り出す前に、帰路に着かれましたが、
途中、濡れずにご自宅まで帰り着かれたかなぁ・・・・・・・・と。


e0252905_15433298.jpg

昨日は、今秋、初使いの「不如帰(ほととぎす)」を入れてみました。
深まりゆく秋に、ぴったりの花です。
[PR]
by akebonofan | 2014-10-03 05:12 | 「四季の詩」通信