京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

赤い万願寺とうがらし

あけぼのフェニックスのイチオシ商品「万願寺とうがらし醤油漬」。
その原材料となるのが、赤く熟した万願寺とうがらしです。

「万願寺とうがらし」は、5月から10月末くらいまで収穫ができる野菜です。
通常、店頭で見かける「万願寺とうがらし」は、緑色のものですが・・・、
その緑色が、黒色に変わり・・・・やがて、赤色に熟します。

見事な赤色・ルビー色に熟した「万願寺とうがらし」が、
「万願寺とうがらし醤油漬」の大切な原材料になります。

e0252905_17482840.jpg

昨年は、台風による水害のために、仕入れが全くできませんでした。
あちらこちらの万願寺ハウスが、無残にも天井まで水没してしまいました。

また、近年は・・・・・水害だけの影響だけでなく、
赤い万願寺とうがらしを仕入れること自体が、
だんだんと、難しくなってきているのが現状です。

それでも、事前にお願いをしていた2軒の農家さんから、分けていただきました。
今回は、2軒合わせて、30kg程ですが、
商品の通年販売を考えると・・・・・・まだまだ足りていないのが現状です。

e0252905_1749477.jpg

1本1本、手に取ってみると、
さすが・・・・・立派な「万願寺とうがらし」です!!

e0252905_17492521.jpg

さっそく、乾燥させるための作業です。
種をあらかた取り去り、2~3cm程の大きさに刻んでいきます。

e0252905_17501819.jpg

天日干しの乾燥では、きれいな赤色を残すことができないので、
乾燥箱に入れて、灯油をたいて約一日じっくり乾燥させます。
カンカラカンに乾燥させると、赤万願寺は・・・・十分の一くらいになってしまいます。
分けていただける方があれば・・・・・ご連絡ください!!
よろしくお願いします。040.gif040.gif

e0252905_17511637.jpg

e0252905_15285229.jpg

先日、10月12日の福知山広小路マルシェで販売しました!!
リピーターの方がたくさん来てくださって、お買い上げいただきました。

しっかりと原料を確保して、
通年販売ができるようにしていきたいと思っています。
[PR]
by akebonofan | 2014-10-15 12:05 | あけぼのフェニックス