京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「キタオオジこだわりマルシェ」~北大路ビブレ~

4月11日(土)、12日(日)の2日間開催された
「キタオオジこだわりマルシェ」に行って来ました!!

北大路タウン(北大路ビブレ)のセンタープラザの
円形スペースがマルシェの場所です。
e0252905_1045917.jpg

センタープラザは吹き抜けになっていて、
ガラスづくりの天井からは陽光が入ってきます。

さてさて、今回初出店なので1日目は気合を入れて、早めに行くと、
午前8時過ぎ・・・・一番乗りの到着でしたぁー。
ほぼ同時に、京田辺の「岡田屋さん」親子も着いたところでした。

「キタオオジこだわりマルシェ」は、土日2日間出店可能が基本条件だったのと、
閉店時間が、1日目が午後7時まで、2日目が午後6時までの長時間ということもあり、
長岡京に住んでいる妹の夫に助っ人を頼みました。
e0252905_10455481.jpg

開店の午前10時を待たずして余裕の準備完了です。
長テーブルを2つ貸していただけましたが、
L字型の使用だったので・・・・こんな感じに仕上がりました。

ご飯ものは、土曜日のみの出店だったので、1日目のノボリは「おはぎ」に、
2日目は「手づくりジャム」にしました。
e0252905_1046253.jpg

つい先日購入したばかりのブラックボードを初使いしました。
マーカーペンを使って書いたらいいのですが・・・・・、
時間短縮を考えて、ポップを貼りました。

今回は、北大路という場所柄、シフォンケーキを購入される方が多いかな・・・と想定して、
2日前から気合を入れて少し多めに焼いて持っていきました。
種類は、「プレーン」「いちご」「抹茶」「きなこ&黒豆」の4種類です。
また、お客様は、ほぼ100%が初めての方だろうから、
シフォンのサイズも、小ホールを95%、大ホールは5%にとどめました。

この読みは・・・・やはり正解で、プレーンの大ホールをお買い上げいただいた方は、
『シフォンが、大大好きな方』2名のみで、あとはすべて、小ホールでした。

2日間を通じての、売れ行き傾向は・・・・・、
1番人気が、「プレーン」
2番人気が、「いちご」と「きなこ&黒豆」 ほぼ同列でした。

今回のマルシェでのイチオシ商品は、「ふきのとう味噌」です!!
~春の香り ほろ苦さを楽しんで~というキャッチコピーをかかげて、
先日加工したばかりのものを40本ほど持参しました。
e0252905_10464943.jpg

春限定~今が旬~の「ふきのとう味噌」は、やはり好評でよく売れました。

このセンタープラザは、普段は東西の通路代わりに使用されているのみで、
多くのお客様が、急ぎ足で通過される通過点のような場所でもありました。
土日とはいえ、急ぎ足のお客様の足を止めるには・・・・・、
やはり、試食が有効だと感じました。
Myブースでは、「シフォン」「ジャム」「ふきのとう味噌」「柿ドレッシング」を、
試食として出していました。

また、北大路あたりは外国の方が住んでおられるのが多いらしく、
センタープラザを行き交う人々の中にも、外国の方が多く見受けられました。
Myブースに立ち寄ってくださった外国人の方も何人かあり、その中のお2人・・・、
一人は、199cmの長身の男性で、お子さんをおんぶされていました。
シフォンケーキをすすめましたが、「ふきのとう味噌」に興味を持たれて、
試食後、お買い上げいただきました。
550円の代金を頂戴するのに、当たり前のように1050円を出してくださったので、
私は心の中で・・・『わっ、スゴイ!!』とつぶやきました。005.gif
二人目は、最初にふきのとう味噌をすすめましたが、
「シフォンケーキ」に興味を待たれて、プレーンを試食された後、
種類を説明すると・・・・「いちごシフォン」を購入くださった男性。
『お国は、どちらですか?』と聞くと、
シフォンケーキ専用の袋に書かれている文字を指さされて、
『フランス』と答えてくださいました。
私は、『ヘぇー。これって、フランス語だったんだぁー。』・・・・と。
どちらの方も、私の片言の英語(単語だけ)より、はるかに、普通に日本語が通じていました。003.gif
e0252905_10472732.jpg


この2日間、出店されていた8店舗の方々を紹介いたしましょう。
まずは、京田辺の「手づくり岡田屋」さん。
最近、府庁マルシェでもお隣、今回もお隣さんでした。
e0252905_1048436.jpg

「京都ものがたり 談笑庵」さん。
2日目のディスプレイが光っていました。
e0252905_10491336.jpg

「Sweets & Bread ブルージュ洛北」さん。
2日間を通じて、人気・実力ともナンバーワンのお店でした!!
照明スポットを使って商品をさらに引き立たせる技は・・・超プロ級でした。
府庁マルシェでは、正門横にいつも止まっているバスが目印のパン屋さんです。
e0252905_10493469.jpg

「京都で一番小さなつけもの屋 新町 三宅」さん。
温厚なご主人、いつみても笑顔・笑顔で対応されていました。
e0252905_10495897.jpg

左側、今回主催者の「山本茶本舗」さん。
右側、「かもDONUT」さん。
e0252905_10502787.jpg

「Harmonics 珈琲堂」さん。
こちらも、府庁マルシェの出店者仲間、
久しぶりの岩淵さんのコーヒー美味しかったです。
e0252905_10505158.jpg

「京都生まれの手作りアイスクリーム HANDELSVAGEN」さん。
2日目のおやつにいただきましたぁー。
e0252905_10511815.jpg

Myブース「あけぼのフェニックス」。
e0252905_10513528.jpg


1日目、トップバッターのお客様は、1月の大丸催事に来店くださった
ブログ読者の中村さんでした。
それだけでも、感激なのに・・・・2日目、中村さんに教えてもらったと、
お知り合いの方が、来てくださいました。
感謝・感激でした!! ありがたい限りです。040.gif

また・・・・3月まで舞鶴に住んでおられて、
この3月に京都市内に引っ越された小出さんがFacebookを見たと、
来てくださいました。
e0252905_10522100.jpg
040.gif
「SNS」の威力のすごさにあらためて驚きつつも、
しっかりと楽しみながらマルシェを過ごさせていただきました。
これをきっかけに、「キタオオジマルシェ」が継続していくといいのになぁーと思いました。
[PR]
by akebonofan | 2015-04-14 04:58 | 手づくり市&イベント