京都舞鶴から昔ながらの手作りの味をお届けします!

by ジャムおばさん

「野アザミ」と「輪島塗の箸置き」

5月も後半に入りました。
早くも・・・沖縄は「梅雨入り」したようです。

峠道に「野アザミ」の花が咲いていました!!
素手では持つことができないほどの鋭いトゲを持っていますが、
毎年、「野アザミ」が咲き出すと軍手をはめて取りに出かけます。

e0252905_17521416.jpg

何年か前に、手づくり市で買ってきた花籠に入れてみました!!
「野アザミ」が尖ったイメージがあるから、下葉は、丸い葉を選びました。
しかし、この枝にも、鋭いトゲがありました。
偶然にも「Wトゲ」の組み合わせになりました。005.gif

「野アザミ」 キク科アザミ属
「アザミ」の名は、古語でアザミの葉のようにチクチク痛いことを
「あざむ」と言い、そこから転訛したものだというのが通説とされているそうです。

花言葉は、「独立」「報復」「厳格」「触れないで」など・・・。
スコットランドで、その昔 1263年ノルウェー軍が侵攻した際に、
アザミのトゲが国土を守ったとされ、
それ以来、スコットランドの標章・国花が「アザミ」になっているそうです。

そんな由来のある「アザミ」を、
「山里れすとらん 四季の詩」にお越しになるお客様の今週の花にしました。
e0252905_18395593.jpg

e0252905_18415237.jpg


先日、金沢で買ってきた「輪島塗の箸置き」を早速使ってみました。
e0252905_1753113.jpg

見た目には、「春慶塗の箸」との相性も良さそうに見えています。
e0252905_17532140.jpg

私としては、よい買い物であったと喜んでいるのですが・・・・、
いかがなものでしょうか・・・??
[PR]
by akebonofan | 2015-05-22 05:00 | 「四季の詩」通信